【クトゥルフ】ゲーム化情報ほか、STEAM発売済タイトルや原作紹介〝CALL of CTHULHU”

bnsscoc1.jpg
『CALL of CTHULHU〝クトゥルフの呼び声”』
2017年に家庭用とPC両方で、同名新作ゲームが発売予定です。
制作はStyxやGame of Thronesを手掛けたCyanide Studio。
記事中盤から、原作や発売済クトゥルフ神話ゲームもご紹介しています。

🎥 新たに公開された開発中動画

以下、開発中の画像公式サイトより引用)
cocmg2
アンリアルエンジン4らしい艶のあるグラフィックで暗い部分も見やすい。
流れているであろう空気感を想像するとすごく雰囲気がある。

cocmg1
よく見ると、どちらにも黒い人影が…
低スペックPCでは厳しそうだが、どんなゲームに仕上がるか楽しみだ。

公式サイトには、より高解像度の画像が掲載されているので、
興味のある方はぜひチェック。 ※サイトの正式OPENは未定


📖 クトゥルフ原作を簡単に紹介

最近だとTRPGで有名。リプレイや実況も沢山あるが、
原作はクトゥルフ神話の代表作家H.P.ラヴクラフトの短編ホラー小説。
SF怪奇小説専門誌 Weird Tales 1928年2月号に掲載された。
〝恐怖が世に這い出した瞬間”である…

cocwtf1928.jpg
The Call of Cthulhu〝クトゥルフの呼び声” wikipediaより引用

不審な死を遂げた叔父…
残された謎の遺品…
手掛かりを求めて世界へ旅立つ。


ラヴクラフトは他にもクトゥルフ世界観の短編小説を書いていて
『インスマウスの影』 『 宇宙からの色』ほか有名作が多数ある。

原版は超絶レアだが、新版や日本語版はamazonで簡単に手に入る。
以下いずれも『クトゥルフの呼び声』と有名作が複数収録されたもの。

    

英語の原作。資料やコレクション用途にはいいかもしれない。Kindle版あり。
日本語版。1976年発行、古い翻訳のため少々読みづらいかもしれない。
ラノベ風に大胆アレンジされたものまで去年登場!
コアなファンは賛否ありそうだが、気軽に読める点は大きい。


🎮 発売済みクトゥルフSTEAMゲームを紹介
クトゥルフ題材のFPSホラーアドベンチャー。ほぼ好評。
元が2005年作品という事もあって古さ漂うが、評価は高め。

なお、TRPG要素を踏襲してSAN値管理も大事になる。
ヤバくなると、鼓動が高鳴り、声が震え、狂気が支配し始める。
だが心配ない。このゲームには伝説の武器バールがあるのだ!
グラビティガンまではないが、日本語化MODならある。

ターン制ストラテジー。賛否両論、日本語なし。
第一次世界大戦火のヨーロッパを舞台に謎のカルト教団が暗躍。
調査官となり、ゾンビ兵士や異形の怪物と戦う物語。
ステージクリア型。SAN値要素もある。元はアプリからのPC移植。

コメディ2DドットRPG。非常に好評。日本語なし。
邪神クトゥルフが、まさかの勇者として世界を救うべく大冒険!
戦闘はターン制ランダムエンカウント、全体的にSFCドラクエ風。
さらに、まるでFCドラクエな『Breath of Death VII』もついてくる。

ほかにもクトゥルフを扱うゲームはあるにはあるが、
現時点ではまだ本格的なクトゥルフゲーム選択肢が少ない。

 JJ voice

新作クトゥルフは動画も公開されましたし、開発も順調のようですね。
アドベンチャー色が強そうで、正統派な物語が楽しめそう。問題は日本語の有無。
2017年発売との事で、詳しい情報もまだまだ先ですが期待したい所です。

この記事へのコメント

人気記事