無償アップデート開始! STEAMメガドライバー必携『SEGA MEGA DRIVE CLASSICS HUB』 機能紹介&使ってみた感想

SEGA MEGA DRIVE CLASSICS HUB

STEAM配信のメガドライブ(ジェネシス)のタイトルをプレイできる
『SEGA Genesis & Mega Drive Classics』が無償アップデートを開始した。
既に持っている方は、自動的に更新される。約1GBの大容量。
さっそく機能紹介と、実際に使って分かった良い点・問題点をお伝えしたい。

📺 HUBの6つの機能
pht_sghb1.jpg pht_sghb2.jpg
pht_sghb3.jpg pht_sghb6.jpg
【1】3Dのメガドライブ専用部屋でプレイできる
コンセプトは〝90年代セガファンをイメージした部屋”
朝日や月明りなど時間による情景変化のなか、棚からゲームを選び、
メガドラにロムをさしてブラウン管でプレイ…という懐かしい演出を楽しめる。
※部屋の模様替えはできないが、時間は自由に変更可能。

pht_sghb7.jpg
【2】STEAMワークショップ対応
これでMODが公式に適用できるようになった。
まだ少ないが、初日から既に20個以上UPされている。
サイトで好きなMODをサブスクライブすると自動適用される。

pht_sghb5a.jpg pht_sghb5d.jpg
pht_sghb5c.jpg pht_sghb5b.jpg
【3】各種グラフィック・フィルター
ブラウン管の球面度合や、スキャンラインなども設定可能。
左下:通常プレイ画面。 右下:フルスクリーン(球面強調した場合)
右上:プレイ中に画面を引くと、ちゃんとTVに映ったままというこだわり

【4】いつでも自由に外部セーブ&ロードできる(1本4つ)
これでアクションなどセーブ機能がないゲームでも安心。
RPGなどのゲーム内セーブはもちろん別枠で可能。

pht_sghb4a.jpg pht_sghb4b.jpg
【5】フルコントローラー対応、キーボードプレイ対応
コンフィグ可能。Xboxパッドは標準ではアナログキー操作だが、
ここでデジタル十字キーに変更しておくと遊びやすくなる。

【6】ローカルCOOP(2プレイ)対応
2プレイ対応ソフトがある場合のみ。


ほかにも細かい機能はあるが、主な内容は以上。
これで1GBは大きすぎる気もしないでもない。


🎮 実際に試してみた感想

新しいHUBモード(上述した内容)と、
従来のシンプルモードの二種類を起動時に選べる。

pht_sghb12.jpg
シンプルモードはWin10バグを抱えたままだった。
詳しくは、こちらの記事をご参照ください。


 HUBの良い点 
Win10でも、問題なくプレイでき、安定している
セーブも問題ないし、エラー落ちもない。

セーブデータは、シンプルモードと共有できる
※シンプルモード固有機能のクイックセーブは共有できない。

ワークショップ対応
まだ少ないが、今後に期待を込めて。

 HUBの残念な点 
最低画質に下げてもPCスペックが必要
以下の低スペックでは、プレイ中にFPSが落ち、若干カクつく。
プレイに支障がある程じゃないし慣れるが、負荷が気になる。
Core2Duo 3.16GB、GT730 1GB、Mem 4GB

起動時に2つのロゴで数秒待たされる
最近のゲームと同じく、これも飛ばせない。

クイックセーブ&クイックロード機能がない
通常セーブやゲーム内セーブは可能。
シンプルモードだと従来通りクイックセーブ可能。

プレイ画面は完全にフルスクリーンにできない
フルスクボタンを押しても外枠があり、
シンプルモードより若干画面が小さくなる。
下画像…左:HUBモード 右:シンプルモード

pht_sghb10b.jpg pht_sghb10a.jpg

 HUBの感想まとめ 
残念ばかり目につくが、実のところ大きな問題でもない。
クイックセーブがなくても、簡単にロード画面へ行けるのですぐ慣れるし、
MOD対応した事でコミュニティが活性化し、新タイトルが配信される可能性も出てくるかもしれない。
何より、大きな懸念点だった
WINDOWS10で安定プレイ可能になった点を評価したい。


 JJ voice

さすがセガ、よく分からない挑戦と遊び心が健在だ!(褒めている)
ぜひ今後のアップデートで部屋カスタム機能を期待したい。
というのも…

pht_sghb13.jpg
目立つ場所にデカデカと『獣王記』のポスターが!
何という堂々アピール、さすがクソゲー四天王候補の貫禄だ。
もし今後アプデとともに『帝王ソダン』に変わっていたら…

ブラックジョーク確定である。

この記事へのコメント

人気記事