STEAM無料『BallisticNG』反重力レースゲーム、最大144FPS対応のスピード感 [ゲーム紹介&感想]

BallisticNG.jpg
STEAM無料の反重力レースゲーム『BallisticNG』バリスティックNG
PS1時代の『ワイプアウト』へのオマージュを込めて制作された作品です。
面白いゲームでしたので、プレイ感想を兼ねてご紹介します。

🏁 BallisticNG ゲーム紹介&感想
STEAM総合評価:非常に好評、開発:Neognosis、早期アクセス、無料
DONATE=寄付も可能、フルコントローラー対応、日本語なし(問題なし)
STEAMワークショップ対応で、コースのダウンロード&作成機能もある。


BallisticNG-1.jpg
FPS上限を変更可能、スピード感ある反重力ホバーレース
左右エアブレーキや、武器取得によるバトル要素などのレースシステムから、
ローポリ気味のグラフィックまで『ワイプアウト1~3』を彷彿させる。品質も高い。
FPS上限を自由設定できるため、PCスペックさえあれば最大144FPSまで設定可能。
高FPSに慣れると60FPSでもカクついて感じるほど、滑らかかつスピーディになる。

BallisticNG-5.jpg BallisticNG_21.jpg
Xboxパッドの場合、Xがアクセルとクセのある初期配置。キーコンフィグ可能。
デフォルトではグラフィックが低めに設定されている。
遠景描写のClipping Distanceも少し上げた方がいい。
エフェクトを全て有効にしてもFPS60位なら、低スペックPCでも問題ない軽さ。


BallisticNG-8.jpg
BallisticNG-19.jpg BallisticNG-12.jpg
シングル~マルチ対戦まで、モードは複数用意されている
成績によって次レースをアンロックしていく「キャンペーン」
自由にルールやコースを選べる「レースボックス」
ほか2人対戦の画面分割や、オンライン対戦も完備。


BallisticNG-13.jpg
BallisticNG-20.jpg BallisticNG-6.jpg
レースモードも複数、コースも22種類も用意されている
1人だけのタイムトライアルや、どこまで生き残れるかのサバイバル、
何より複数ライバルと攻撃しあいながら順位を競うレースが一番の華。
ダメージ蓄積による爆発=失格、取得アイテムは1つしか保持できないため、
ミサイル・地雷ほか武装系か、シールド・自動運転など補助系かの取捨選択が楽しい。


BallisticNG-10.jpg BallisticNG-11.jpg
BallisticNG-22.jpg BallisticNG-9.jpg
性能の異なるマシン複数、それぞれにドライバー視点まで異なる
視点は4段階切替できる。斜め後方視点が2種類、フロント視点、ドライバー視点だ。
マシンごとに内装が異なっているのには驚いた。音響も内外で異なるこだわりようだ。
アンロック用のシークレット・マシンも複数あり、ドリフト専用マシンもまた複数。


BallisticNG-23.jpg
BallisticNG-24.jpg BallisticNG-25.jpg
STEAMワークショップのDLコースは、RACEBOXのCUSTUMからプレイできる。
いくつかプレイしてみたところ、走りやすいコースが多いように感じた。
EASY登録されているショートコースは練習にもピッタリだ。


 BallisticNG  紹介&感想の最後に
BallisticNG-2.jpg
クセのある挙動のため、最初はゴツゴツ壁に当って減速しまくりだが、
各コースを練習していくと、次第にスムーズに走れるようになり、
最初は「速すぎ!」と感じたライバルAIも簡単に抜けるようになる。
そうなるとスピード感も出てきて、一気に面白くなってくる。

レトロCG画質+練習必須ゲームのため、万人向けとは言わないが、
『ワイプアウト1~3』ほか、ホバーレースが好きなら良選択肢。
無料なので、気軽に試してみてみてほしい。


🍸 JJ voice

大作レースもいいけれど、インディゲームも独特の良さがあるね。
プレイしていて、3DCGゲーム黎明期の32Bit時代を思い出したよ。
大手も中小もみんな試行錯誤して、面白い作品を模索していた開拓時代。
今のようにゲームが飽和していない、プレイヤー側も驚きに満ちた時代。
そんな子供の頃の気持ちがふと蘇った今夜この頃です。

この記事へのコメント

人気記事