【無料配布】Beyond Good and Evil 名作SFアクションアドベンチャー(UBISOFT30周年記念)

bn_Beyond_Good_and_Evil.jpg
Beyond Good and Evil (Uplay PC版) 名作アクションアドベンチャーゲームが
UBISOFT 30周年記念アニバーサリー第5段にて、期間限定で無料配布開始。
今回はゲーム特徴 & 初見で迷いやすいTIPS をご紹介したいと思います。

 Beyond Good and Evilのゲーム特徴紹介
Beyond Good and Evil  配布終了。12月はアサクリ3

Uplayの登録&インストールが必要です。 参考:UPLAY 基本的な使い方
STEAM評価:非常に好評、Windows10 64bit 動作確認済。日本語なし

p_Beyond_Good_and_Evil_4.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_5.jpg
2003年発売、SFアクションアドベンチャー(ARPGと言ってもいい)
主人公である女性ジェイドとなり、不思議な近未来世界を冒険していく。
ストーリー主導でイベント多彩、ゼルダ風に仕掛けが随所にあるダンジョンや
街で買い物したり、一部の住人達と選択会話したり、RPGライクな作り。

p_Beyond_Good_and_Evil_1.jpg
p_Beyond_Good_and_Evil_2.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_3.jpg
戦闘ももちろんある。システムはシンプル。
攻撃ボタン連打でコンボが繋がり、強力なため攻撃や、ダッシュ&回避もできる。
船搭乗時はガンシューターになる。 1人称視点にして戦うことも可能だ。
ただし視点操作にちょっとクセがあるのが難点。

p_Beyond_Good_and_Evil_14.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_9.jpg
残念ながら日本語はないが、そこまで難しい英語もない(独特の口語あり)
目的(Objective)はいつでも確認できる。また演出やイベントも多彩なので、
ある程度は流し読みでも十分楽しめると思う。


 Beyond Good and Evilの魅力は独特の世界観
p_Beyond_Good_and_Evil_7.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_8.jpg
ブタやサイほか獣人達が人間と共存する不思議な世界だ。未知の動物も沢山いる。
それぞれのクリーチャーデザインも凝っていて、ゲーム内カメラで撮影する事もできる。
撮影すると報酬が入るというシステムもあり、レア動物探しも楽しめるのだ。

p_Beyond_Good_and_Evil_6.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_10.jpg
そして空飛ぶ車や、物を引き寄せるトラクタービーム、生物を遮断するバリアほか
近未来SF世界観も特徴。 序盤は武装ジェットボートで各地を移動するが、
その内、宇宙にまで行けるようになるのだ! なんて壮大なんだ…


💡 Beyond Good and Evilを始める際のTIPS
p_Beyond_Good_and_Evil_17.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_16.gif
ゲーム起動前の設定画面ボタンが隠れている事がある
色々設定した後、カーソルを下の方に持っていくと、突如ボタンが出現 (右画像)
まさか Playボタン まで隠し要素とは……遊び心を忘れないUBISOFTである。
Play の右に Save があるので設定変更したら忘れず押しておこう。

p_Beyond_Good_and_Evil_11.jpg p_Beyond_Good_and_Evil_12.jpg
ゲーム内セーブは、基本的に定点セーブポイントで行う
街や洞窟入口など、各所にある大きなPC端末がセーブポイント。地図にも表示される。
ディスクを入れてセーブする。 DVD-RAMかな? こんな所は妙にレトロ感漂う。

p_Beyond_Good_and_Evil_13.jpg
宇宙から襲来する謎の勢力…

p_Beyond_Good_and_Evil_15.jpg
さあ、不思議なSF世界を大冒険しよう!


 JJ voice

またもや予想の斜め上をいくタイトルだった。これはさすがに当てられない(笑)
発表から8年以上経ち、未だにあやふやな続編 『Beyond Good and Evil 2』 が
ついに本格始動するという事なのかもしれない……そう考えると、次はもしかして!?

という訳で、恒例の〝全く当たらない来月予想”
今回がレトロ気味のアクションアドベンチャー(RPG)である事から、
来月は 『ゴーストリコン』 シリーズではないだろうか。こちらも新作発売が近い。
年末に 『アサシンクリード』 シリーズ。 さすがにUBI看板タイトルは外せないだろう。
さあ、今度こそ当たるかな…… どや!?


この記事へのコメント

人気記事