期間限定・無料配布『Metanet Hunter CD』8~16ビットゲーム時代を思わせる、高難易度レトロ風アクション [DRMフリーPC版]

Metanet-Hunter-CD.jpg
8~16ビットゲーム時代を思い出す、高難易度の横スクロール・アクション
Metanet Hunter CD』のDRMフリーPC版が期間限定・無料配布!
2018年8月31日 13:00(海外時間)まで。以下、感想つきでご紹介。


Metanet Hunter CD give away
STEAMでの評価:概ね好評 定価205円 開発 NightKawata氏 ゲームパッド推奨 日本語なし

Metanet-Hunter-CD-dl.gif
配布サイト itch.io の無料アカウントも作成必須です。
0ドル表記が消えていたら配布終了です。早期終了する事も時々あります。
無料DLは「No thanks, just take me to the downloads」から。



Metanet-Hunter-CD-10.jpg
レトロ風アクション「Metanet Hunter: REMIX」のリメイク版。

上 :2017年リリース、本作 Metanet Hunter CD    通常1.99ドル
左下:2013年リリース、初代 Metanet Hunter     無料
右下:2014年リリース、続編 Metanet Hunter: REMIX  無料、寄付歓迎型

Metanet Hunter.jpg Metanet Hunter re.jpg
初代は2008年との情報もあり。現在公開されている初代作品は
2011年からの権利記載のためバージョンアップ版かもしれない。
初代はゲームボーイ風、リメイク前続編はFCかPCエンジン風、
最新作はメガCD辺りを思わせる。タイトルの「CD」という表記然り。


Metanet-Hunter-CD-1.jpg
16ビットゲーム時代を思い出すような、高難易度アクション

一画面に最大3連射までのショットと、ジャンプ踏みで戦う。
道中でアイテムやスーツを探して、パワーアップしていく。
初期状態はとにかく貧弱! 低体力、低火力、低防御の三拍子。

強化は「隠しエリア」にあるため隅々まで探さないと見つからない。
落下死しそうな穴に落ちて、入り口があった時には「嘘やろ!?」状態。
落下穴だらけのゲームだけに、もはや疑心暗鬼である(笑)
幸い過去ステージもやり直せるのでトライ&デスし放題。



Metanet-Hunter-CD-8.jpg
広大な基本8ステージ+α、かなりボリュームがある。

ステージは複数エリアに分かれており、チェックポイントも沢山。
敵よりも、プラットフォーマー的なジャンプ地帯が特に難しい。
被ダメ時のノックバックも大きい。大抵は即死エリアだ。
リトライ要因の「5割は落下死」といっても過言ではない。

Metanet-Hunter-CD-9.jpg Metanet-Hunter-CD-5.jpg
左:タイミングさえ合えばハイジャンプできるが難しい。
右:乗ると一瞬消える床。これと突進敵の組み合わせが凶悪。



Metanet-Hunter-CD-13.jpg
各ステージ最後には、強力なボスも待っている!

通常モードと怒りモードの攻撃パターンを持つボスが多い。
ロックマン的な戦い方をするボスから、仕掛けを使うボスまで様々。
初期スーツだと主人公の火力が低いため、何十発も撃ち込む必要がある。

中盤の鬼門ボス。怒りモードはヤギ・スーツがないと相当厳しい。
詰まったら、タイトル画面のステージセレクトで1面に戻って探してみよう。
ヒント:1面ボス手前の穴の一つにアイテムステージの入り口がある。



Metanet-Hunter-CD-2.jpg
全体的にレトロゲーム時代らしいゲーム性を感じる作品。

存在できる弾数制限や効きづらい連射、4:3の狭い画面外攻撃
初見では絶対にかわせないような、ボス攻撃パターンの攻略感。
通り抜けられる壁だったり、まず分からないような隠しエリア。
今時のゲームのように洗練されすぎていない雰囲気などなど。

これでもかと沢山の障害が待っている、タフな2Dアクションゲーム。
現代ではSTEAMでも「賛否両論~ほぼ好評」辺りかもしれないが
もし80年代後半に発売されていたなら、十分評価を得ていそうだ。
万人にオススメできる訳ではなく不親切だが、面白さはしっかり感じた。



 JJ voice

とりあえずマグマステージまで辿り着いた辺りで記事執筆。
ボス戦はひたすら連打するため指が疲れました(笑)

グラフィック的にも着実に進化しているシリーズ。
「Metanet Hunter GT」なる作品もカミングスーン!との事。
今度は、セガサターンやプレステ1風のリッチな雰囲気になるのかな。
はたまたSFC風か…どうなるのかちょっと楽しみですね。


この記事へのコメント

人気記事