STEAM週末無料『Tooth and Tail』ケモノ達が銃火器で戦うストラテジー [ゲーム紹介&プレイ感想]

ToothAndTail.jpg
ケモノ達が銃火器で戦うストラテジー『Tooth and Tail』がSTEAMにて
6月11日05:00頃まで無料で遊べます。また最安値更新 -55%セール実施。
今回はプレイしてみた感想を兼ねて、ゲーム特徴を簡単にご紹介します。


 Tooth and Tail
891円セール(55%オフ、旧底値990円、定価1980円)
非常に好評、 開発 Pocketwatch Games、 日本語なし
無料プレイ期間:2018年6月11日05:00頃まで


ToothAndTail_15.jpg
銃火器をもったケモノ達を率いて戦うRTS(リアルタイム・ストラテジー)

砲兵フェレットや火炎放射ブタ、狙撃手キツネ、衛生兵!なハトほか
色々な動物たちを食べ物で雇って、前線で導きながら戦うゲーム。
RTSとしてはシンプルな、ドット絵グラフィック作品となっている。

ToothAndTail_13.jpg ToothAndTail_14.jpg
ストーリーモードとマルチ対戦(最大4人のオンライン・ローカル)に対応。
ローカルはCPU戦や画面分割・対人戦も可能(コントローラーは複数必要)
また日本語はないがルールはシンプル。操作していると大体把握できる。
操作も超シンプル(右画像) XBOXコントローラーでさえボタンが余る。



ToothAndTail_3.jpg
ルールはカンタン。畑を作る → 動物を雇う → 敵拠点をすべて破壊!

拠点(風車)周囲には、収益源となる畑を作ることができる。
資源=FOOD。ユニット雇用も畑拡張も、土地購入もFOODを使う。
拠点を中心とする一定エリアには、自由にどうぶつ巣穴を作れる(=雇用)

ToothAndTail_5.jpg ToothAndTail_4.jpg
ToothAndTail_7.jpg ToothAndTail_9.jpg
マップは索敵範囲内しか見えないため、偵察して敵位置や地形を探っていく。
また、ユニットごとに必要FOODや生産時間も異なるため、タイミングも大事。
敵もユニットを雇って攻めてくる。状況によっては防衛用ユニットも必要になる。

ToothAndTail_8.jpg
ユニットは近くの敵とは自動で戦うが、自由に移動指示できない。
指揮官であるプレイヤー自身が歩き回りながら彼らを率いていく。
まさに群れのリーダーとして前線で旗を掲げるのだ。



 Tooth and Tail プレイ感想
ToothAndTail_12.jpg
地形によってはタワーディフェンス風に防衛しやすい拠点も。
防戦一方になってしまうとジリ貧ではあるが。

本作は「資源生産&雇用」系ストラテジー要素をぐっと絞り
愛嬌ある動物たちの縄張り争いといったスタイルにした事で、
RTSをよりとっつきやすくしたゲームという印象だった。

リーダー=プレイヤー自身が駆けまわって群れを率いる戦闘のため、
同時にあれこれ指示できない。逆にシンプル、忙しくなく分かりやすい。
それでも戦術幅は十分広く、色々な攻略パターンを試してみたくなる。

ToothAndTail_img2.jpg
こちらは失敗例。地雷や防衛タレットを充実させて鉄壁だが、
進軍用火力に乏しいと言う。まずはユニット特性の把握が大事。
ユニットは20種類なので、ひと通りプレイすると大体把握できる。

ToothAndTail_6.jpg
長くはないがストーリーは複数種族に用意されている点もGOOD
ミッション間では住民達とも会話できる。地下の巣穴基地かな?
日本語がないのがちょっと残念ではある。



 JJ voice

ちなみに、STEAMでは Forts も週末無料プレイを実施。
そちらは要塞構築&砲撃対戦ストラテジーと言ったゲーム。
日本語対応ですが、覚えることもかなり多い印象でした。
お疲れ気味の週末夜の頭には厳しかったので私は断念(笑)


この記事へのコメント

人気記事