『VANQUISH ヴァンキッシュ』STEAM PC版発売(5月25日)日本語対応、4K・60FPS対応、予約購入特典あり

Vanquish-0.jpg
『VANQUISH ヴァンキッシュ』STEAM PC版が5月26日発売決定。

開発はプラチナゲームズ、日本語音声&字幕、60FPS、4K解像度、
定価も2190円と良心的だが、さらに以下の条件で25%オフ1642円に。
5月25日までに『Bayonetta ベヨネッタ』STEAM版を所有している場合。
同時購入でもOK、2本とも25%オフの1642円に割引される。合計3284円。

Vanquish-pre1.jpg
デジタルデラックスエディション ※予約購入特典。
サウンドトラック5曲、デジタルアートブック、壁紙とアバター同梱。

💥 VANQUISH ゲーム紹介
定価2190円、開発 プラチナゲームズ、配信 SEGA、日本語対応(音声・字幕・UI)
フルコントローラー対応、マウス&キーボード対応、クラウド・トレカ・実績対応。

Vanquish-5.jpg
アーケード感溢れる、ハイスピードなアクション重視TPSシューター
敵は近未来ロシアの機械兵団、巨大ボスの容赦ない攻撃も待っている。
主人公は最新鋭バトルスーツを装備した元アメフトプレイヤーのサム。
お馴染み銃火器からレーザーキャノン、格闘まで使いこなすヘビースモーカーだ。

Vanquish-6.jpg Vanquish-8.jpg
激しい弾幕をブーストで突っ切りドロップキック!からの空中弾丸コンボ!
遮蔽物から横っ飛び & スローモーションで華麗にヘッドショット!
日常的にブーストやスローを駆使して動き周りながら戦う、
かなりアクション寄りのTPSカバーシューターとなっている。

Vanquish-2.jpg Vanquish-7.jpg
2010年、XBOX360&PS3にて発売されたプラチナゲームス作品。
『バイオハザード』シリーズ、『デビルメイクライ』『ディノクライシス』ほか
カプコン代表作を多数生み出した三上真司氏が本作のディレクターを努めている。
往々にして隠れての撃ち合いになりがちなカバーシューターからの脱却。
「ハイテンション」をキーワードにアクション性も重視した、実験的な意欲作。

Vanquish-4.jpg
生死を懸けた戦いが…5月26日から再び始まるのだ!

 JJ voice

ボリュームの少なさや、洋ゲーシューターとはかなり異なる国産らしい
アクション寄りのゲームデザインやQTEなど、賛否もある作品ではある。
とは言え、『ベヨネッタ』発売時にも感じたが、メジャー国産ゲームが
日本対応かつ時代に即した良心価格でSTEAM発売される流れは大きい。
プラチナゲームズは今後もぜひ期待したい。

この記事へのコメント

人気記事