STEAM無料配信『Alien Swarm: Reactive Drop』大幅強化された良作トップダウン・シューター [ゲーム特徴紹介&感想]

alien-swarm-reactive-drop.jpg
無料クオリティではない、Valve製トップダウンシューターの大型MOD版。
Alien Swarm: Reactive Drop』がSTEAMにて無料配信を開始!
1~8人COOPや、新キャンペーンほか、原作を大幅強化した単体作品。
今回はプレイ感想を兼ねて、ゲーム特徴をご紹介します。良作です。

 Alien Swarm: Reactive Drop ゲーム内容紹介
無料! STEAM評価:非常に好評、 開発 Reactive Drop Team

操作はマウスエイム&キーボード、日本語は一部UIのみ対応。
ツインスティック・シューターではないが、パッドでも割りと操作しやすい。
ただし、パッドのコンフィグはなく、キャラ切替はキーボードのみの様子。

alien-swarm-reactive-drop-1.jpg reactive-drop-10.jpg
原作であるAlien Swarmを改善した内容も含まれており、本作単体で遊べる。
最大8人COOPやPVP対戦可能だが、1人プレイも標準対応。AI3人と共に戦う。
ソースエンジン製で軽量、STEAM Workshopにも対応しておりMODも増加中。


reactive-drop-11.jpg
基本は共通『LEFT 4 DEAD』にも近い、見下ろし視点SFシューター
原作のシングルプレイは特殊コマンドが必要だったが、本作は標準対応により
レベルUPや実績も獲得可能になった。ただし、COOPを想定した高難易度。
なお、キャラクター8人は原作同様。各分野のエキスパートからチーム編成して、
死角をカバーしあったり、防衛・ハッキングなど役割分担しながら進んでいく。

reactive-drop-9.jpg alien-swarm-reactive-drop7.jpg
基本システムも原作同様。メイン武器・サブ武器・近接攻撃・アイテム、回避。
やはり弾薬は貴重。マップに落ちている武器・アイテムはいつでも交換できる。
レベルUPに応じて、様々な武器やアイテムがアンロックできるようになる。


 Alien Swarm: Reactive Drop 新キャンペーン大増量!
alien-swarm-reactive-drop3.jpg
reactive-drop-8.jpg alien-swarm-reactive-drop4.jpg
原作とデスマッチ含めて全11キャンペーン、50ミッション近くに。
原作キャンペーンも一部刷新で遊びやすくなり、一気に最終まで行けてしまった。
新キャンペーンでは一部同じマップの再利用もあるが、新しいマップも複数確認。
エイリアン惑星?へ乗り込むミッションもあり、演出も結構凝っている。
なお、デスマッチ専用キャンペーンは1人では対戦できない。自爆はできるが(笑)

reactive-drop-5.jpg alien-swarm-reactive-drop9.jpg
通常のマップのほか、ミッション間ではロードマップを進んでいく(右画像)
ストーリーはあってないようなものだが、連続ミッション形式という事もあり
ロールプレイ感が高まるいい演出。なお、1キャンペーン通して1~2時間ほど。

alien-swarm-reactive-drop6.jpg reactive-drop-7.jpg
L4Dのように、エイリアンが大量に押し寄せるラッシュイベントも一部ある。
新エイリアンも登場し、近接・遠隔・爆発と、鬼の猛攻を仕掛けてくる。
8人COOP向けの調整なのか、エイリアンの数が笑うくらい半端ない。
弾薬補充ケースはもう一人持たせた方がいい。結構すぐに尽きる。


💥 STEAM WORKSHOP対応でMODも多数登場
reactive-drop-workshop.jpg
すべて一般ユーザー作成のため、不具合がある可能性も。導入は自己責任。
キャンペーンを追加するMODから、武器などのスキン改変まで様々。
面白いMODがあれば、また後日ご紹介したい。

reactive-drop-6.jpg
高低差のあるマップも登場。端に行けば下階層の敵も撃てる。

alien-swarm-reactive-drop5.jpg
さあ…新たなる沢山の舞台でエイリアン共を駆逐するのだ!


🎧 JJ voice memory :::

普通に1980円で売っていていても納得のクオリティ。
参考までに、原作は1キャンペーン、全7ミッション。
その6~7倍の大ボリューム。軽く数十時間コースが無料。
課金要素も一切ない、100%フリーゲーム。いや凄い。

1ミッションは短いので、ちょっとずつ楽しんでいこうかな。
また後日、レビュー記事などを書くかもしれない。
無料なので、ぜひ気軽に遊んでみてね。

この記事へのコメント

人気記事