【バイオショック リマスター新旧比較】細かい違い&感想 [BioShock Remastered STEAM/PC版]

bn_bioshock_Remastered.jpg
バイオショック リマスター新旧比較+違い色々

それぞれテストプレイ。画像比較と併せて、気づいた違いなどをご紹介します。

🎥 バイオショック リマスター新旧比較
ph_bioshock_Remastered_34b.jpg
バイオショック オリジナル版(旧)

ph_bioshock_Remastered_34.jpg
バイオショック リマスター版(新)
明らかに精細かつ、布感ある自然なモデリングになっている。
また風に揺れており、以降登場するものも含めて布はグレードアップ。

左:BioShock オリジナル版   右:BioShock リマスター版
ph_bioshock_Remastered_35b.jpg ph_bioshock_Remastered_35.jpg
ph_bioshock_Remastered_45b.jpg ph_bioshock_Remastered_45.jpg
壁材や床材など細部もあちこち変更されている。暗部も明るくなり見やすくなった。
なお、リマスター版はFOV(視野)拡大機能がオプションに標準搭載。

ph_bioshock_Remastered_36b.jpg ph_bioshock_Remastered_36.jpg
ph_bioshock_Remastered_33b.jpg ph_bioshock_Remastered_33.jpg
テクスチャ解像度の違いが分かりやすい。リマスター版はクッキリ。近づくと恩恵が分かる。

ph_bioshock_Remastered_32b.jpg ph_bioshock_Remastered_32.jpg
ph_bioshock_Remastered_38b.jpg ph_bioshock_Remastered_38.jpg
素材や模様など細部まで手直しされており、ライティングも所々異なる。

ph_bioshock_Remastered_41b.jpg ph_bioshock_Remastered_41.jpg
ph_bioshock_Remastered_42b.jpg ph_bioshock_Remastered_42.jpg
霧が抑え目になっており、全体的に画面が見やすくなった。

ph_bioshock_Remastered_39b.jpg ph_bioshock_Remastered_39.jpg
人物モデルは明らかに進化。カクカクだった関節の造形が自然になっている。

ph_bioshock_Remastered_40b.jpg ph_bioshock_Remastered_40.jpg
ph_bioshock_Remastered_44b.jpg ph_bioshock_Remastered_44.jpg
リマスター版の翻訳は、日本語ボイスに合わせて〝意訳”され読みやすくなった。
オリジナル版は有志制作MOD。〝原文に近い表現”で味わいはあるが、
表現が固かったり、一度に多行表示されて読みにくいセリフもあった。
好みはあれど、リマスター版はパッと頭に入りやすいのが利点だろう。

ph_bioshock_Remastered_31b.jpg ph_bioshock_Remastered_31.jpg
ph_bioshock_Remastered_43b.jpg ph_bioshock_Remastered_43.jpg
水に関しては、オリジナル版から十分綺麗だったが進化している。
水しぶきはより精細になり、流れもより水らしく滑らかになった。
動きの少ない水は大差ないが、激しい水流はよく見ると結構違う。

ph_bioshock_Remastered_37b.jpg ph_bioshock_Remastered_37.jpg
インベントリ画面も一新。分かりやすいが、詳細目標は分離されてしまった。

以下はどちらもリマスター版。
ph_bioshock_Remastered_48.jpg ph_bioshock_Remastered_47.jpg
要求スペックの割に、結構リアリティが高い。近づいても、粗さを感じにくくなったのはいいね。

📺 BioShock Remastered 新旧プレイ比較してみた感想
ph_bioshock_Remastered_46.jpg
「大幅進化ではなく、あくまで丁寧なリマスター」
旧作の雰囲気そのままに、近づいても高精細に見える品質に底上げされ、
人物・物のモデリング向上や、布・水などの細部の動きがより自然になった。
霧が抑えられて見やすくなり、全体的により遊びやすくなった印象がある。 

これから初めて遊ぶ場合は、リマスター版の方がいいだろう。
ただ、PCスペックがギリギリの場合(1280×720かつ最低画質でも厳しいなど)
無理してリマスター版を選ぶほどではない。旧作も結構綺麗、何より大幅に軽い。

日本語音声、コメンタリーやミュージアム、チャレンジモードなどの新特典はあるものの
ゲーム自体は変わらないため、PCスペックと相談しながら、好みの作品を遊ぶといいと思う。

 From The Desk of JJ

映画もゲームも「英吾音声+日本語字幕」派なのだが、今回は無理なようだ。
リマスター版はゲームオプションから言語切替できない。残念。
というのも…私はリトルシスターの英語音声が好みなのだ。  激しくどうでもいい

この記事へのコメント

人気記事