STEAMで無料配信『Die Young: Prologue』一人称視点アクションADV、早期アクセス終了間近の『Die Young』サイドストーリー

die_young_prologue.jpg
一人称視点アクションADV『Die Young』のスタンドアロンの別物語、
Die Young: Prologue』STEAM版が一般向けに無料公開されました。
7月に早期アクセス終了を迎える本編へのプロモーションを兼ねています。


💥Die Young: Prologue
無料  開発IndieGala  必要スペックやや高め 日本語なし 約8GB
Indie Galaにて以前配布されたDRMフリー版と同内容。


Die_Young_Prologue_11.jpg
『Die Young』の数時間前に起こっていたサイドストーリー
任務のため凶悪集団の支配する孤島へ潜入した、女性捜査官 Nehir。
だが任務は失敗…… 敵に追われて下水道に逃げ込んだところから
物語が始まる。 仲間との合流地点へ急がなければ……


Die_Young_Prologue_9.jpg
ボリュームは数時間ほど、一人称視点アクションADV
リニア寄りだが、中盤広めのマップも用意されている。
攻撃、タメ攻撃、投擲、ガード、スライディングを基本として
パルクールのように高所に跳び移れたり、結構軽快に動ける。

センサーソナーのように索敵したり、音でおびき寄せたりできる。
雑魚兵士でも強く、回復有限のため、基本はステルス中心になる。


Die_Young_Prologue_13.jpg
武器は拾ったり敵から奪うほか、素材を集めてクラフトできる。
耐久度がある消耗品。インベントリで持てる量が少ないため
取捨選択も必要になる。なお素材は有限。オートセーブのみ。


Die_Young_Prologue_5.jpg
さあ、無事に仲間と合流できるのか!?


🍸 JJ VOICE

STEAMでダウンロードできるようになったのは快適でいいですね。
ボリューム的に本編システムのお試しも兼ねているのかもしれません。

有料本編の方は7月にフルリリース。色々コンテンツ追加されるようで
技術的な兼ね合いから本編セーブデータは数日前にリセットされるとの事。
より良いゲームになると良いですね。

この記事へのコメント

人気記事