【E3 2017】注目したPCゲーム新作ピックアップ ~The CREW 2、Metro Exodus、Far Cry 5ほか~

e3-2017-pcgame-pickup.jpg
米国LAで開催されたゲームの祭典 E3 2017 (Electronic Entertainment Expo) 
各メーカーの発表動画を観ていると面白そうなゲームが沢山あったため、
PC対応の新作ゲームから注目した7作品をまとめてピックアップしたい。


※私好みの注目作品リストのため偏っています。E3公式サイトはこちら
※各発表動画・一部(Youtube) Electronic Arts │ Microsoft │ Bethesda │ Ubisoft

 E3 2017 PC GAMES PICKUP !!
リリース予定:2018年上旬  開発:Ivory Tower  配信:Ubisoft
公式サイトにて、BETAテスト申込受付あり(必ず参加できるは限らない様子)

e3-2017-img-1.jpg e3-2017-img-2.jpg
アメリカを舞台にしたオープンワールド・レース最新作。
地上だけではなく高層ビルの屋上にジャンプ台があったり、フリースタイルなバイク、
水上ボートや飛行機など、4大モータースポーツを網羅。アクティブに進化している様子。
PVも9分45秒と長めながら、あっという間に感じてしまった。とても面白そうだ。


リリース予定:2017年10月28日  日本語対応(UI・字幕・音声)
通常版 8100円(予約販売中) 開発:Ubisoft Montreal  配信:Ubisoft

e3-2017-img-4.jpg e3-2017-img-3.jpg
アサシン教団の起源となる古代エジプトが舞台の最新作
PVでは美しい古代エジプト市街地や宮殿への潜入&戦闘シーンが見られ、
装備やスキルシステムの存在も確認できる。もはやドローンのような鷹も(笑)
挙動や敵AIの雰囲気などは お馴染みのアサシンクリードらしい雰囲気漂う。
世界が新鮮なだけに興味深いね。STEAMストアには予約購入特典も既に掲載。


リリース予定:2018年2月27日  日本語対応(UI・字幕・音声)
通常版 8100円(予約販売中) 開発:Ubisoft Montrealほか  配信:Ubisoft

e3-2017-img-7.jpg e3-2017-img-6.jpg
アメリカが舞台となるオープンワールドFPSシリーズ最新作
自然溢れる米国モンタナ州ホープ郡、狂信的なカルト教団の支配へ立ち向かう。
住人たちとの協力、傭兵の雇用や、動物の使役、フレンドと2人COOPにも対応。
「ファークライ」シリーズ初のキャラカスタマイズ搭載。狩りや釣りもある様子。
沢山の乗り物も健在。よりRPGらしい楽しみ方ができそうだね。


リリース予定:2018年  開発:4A Games  配信:Deep Silver

e3-2017-img-11.jpg e3-2017-img-10.jpg
核戦争後のロシアを描くFPS『メトロ』シリーズ最新作
今作では四季を通して、ノンリニアに広大な荒廃ロシアを探索できる。
昼夜など時間概念や変化する天候、素材収集やクラフト要素など、
ストーリー主導ながらも、サバイバルRPG寄りになっている様子。
世界観も魅力的な作品だけに、自由に旅ができるのは楽しみだ。


リリース予定:2017年9月15日(日本発売日は未定) 日本語対応(UI・字幕・音声)
通常版 3300円  開発:Arkane Studios  配信:Bethesda Softworks

e3-2017-img-14.jpg e3-2017-img-13.jpg
超常能力の暗殺アクション『ディスオナード』シリーズ最新作
今作ではコルヴォやエミリーではなく、暗殺者ビリーが主人公。
あのダウドも登場。恐るべきアウトサイダー暗殺任務に挑むため、
彼の起源や謎を解明スべくKarnacaの地へと旅をする事になる。

物語性も魅力のシリーズ。果たしてどんな結末が待っているのか…。
日本公式サイトに「日本での発売未定、決定次第ご案内」とある事から、
また世界との時間差があるのかもしれないが、注目したいところ。


リリース予定:2018年上旬  開発:Hazelight Studios  配信:EA

e3-2017-img-18.jpg e3-2017-img-17.jpg
洋画のような犯罪者2人組のドラマを描く、2人協力プレイ特化
名作『Brothers: A Tale of Two Sons』クリエイターによる新作。
今作ではオンラインまたはローカルでの2人COOP専用で、画面分割型。
PVにある脱獄劇はゲームのごく一部、その後に様々な困難が待っている様子。
映画経験のある製作者だけに、新しい体験が楽しめそうなゲームの予感がする。


リリース予定:2018年  日本語対応(UI・字幕) 開発:Odd Tales  配信:Raw Fury

e3-2017-img-16.jpg e3-2017-img-15.jpg
アートさえ感じる2Dと3Dの融合、ポスト・サイバーパンク世界観
エフェクトやカメラワークが巧みで、ピクセル画に映画のような躍動感を与えている。
主人公は低階級の一般市民。ゲーム的にはステルス&ガンアクションのようで、
NPCはこちらの行動に動的に反応する様子。なお、メーカー初のゲームとの事。
まるで『ブレードランナー』のような雰囲気に、期待が膨らむ作品である。


🍸 JJ VOICE

それぞれ個別記事で紹介したい所ですが、多いため簡単にまとめました。
他にも面白そうなゲームはありましたが、時間の都合上、またの機会に。

やはり、新作ゲームはチェックしていてワクワクしますね。
発表動画は会場の歓声や熱気が伝わってきて、お祭り感も楽しめました。
過去の名作もいいですが、たまには新風を感じたい最近この頃です。

この記事へのコメント

人気記事