Faeria 良作カードバトル × 陣取りストラテジー。ゲーム特徴紹介 [STEAMレビュー]

bn_frfr.jpg
Faeria

SRPG風カードバトルに見えて、実は特殊能力のある詰将棋的なゲーム。
気付けば数時間経っていた位ハマりました。非常に面白かったので
今回はレビューを兼ねて、ゲーム特徴をご紹介したいと思います。

📺 ゲームの特徴紹介
通常898円 総合評価:非常に好評、日本語なし

1vs1で陣取りや囲碁のように領地を拡大し合いながら、
ランダム配布されるユニット(カード)から領地に召喚、
SRPG風に戦闘して敵将を倒すターン制ストラテジー。

pht_frfr5.jpg
このマス目の範囲内で陣取り&戦闘を行う(下が自軍)
・領地生成は自軍ユニットに隣接した場所のみ可能。例外あり
・ユニット生成は強さに応じてMPが必要(MPは毎ターン増えるが、資源や能力でも増える)
・ユニット(カード)は予め編成したメンバーからランダムに配られるので、運が絡む。
・攻撃自体には運は絡まない。クリティカルやミスのない理詰め戦闘だ。

細かくは色々あるが、大枠はこのルールの下に敵味方とも戦う。
シングル(ソロ)キャンペーンを遊ぶと自然に分かるようにできていて
英語説明が分からなくても実際に試してみるとすぐに把握できる。


📖 ユニット特徴を簡単に紹介
pht_frfr7.jpg
※上画像訂正:土→火
ユニットは全て能力が異なる。また木火土水無の5属性あり傾向も異なる。
どの属性もメリット・デメリットがあり、それぞれ戦術も変わるので面白い。

木…堅く高火力だが高コスト、特殊効果付与や領地拡大能力が多い。序盤を乗り切れば強い
火…並火力だが中低コスト、火力&MP上昇、ダメージ付与など多彩。チクチクも超強化もいける
土…打たれ弱いが、低コスト高火力。また領地拡大もしやすい。手数で勝負できる
水…全体的に並みだが、低コスト高機動。特にジャンプのリーチは脅威。補助系も豊富
無…低~高コストまで力相応。特殊能力は少ないが、属性不要なので領地拡大が早い

pht_frfr2.jpg pht_frfr3.jpg
無属性以外はそれぞれ同属性の領地にしか生成できないので
基本は無属性+1属性の組み合わせが効率的になる。
1属性でも沢山いるが、ある程度絞った方が戦術が安定しやすい。


💥 シングルでも、マルチでも楽しめる
pht_frfr1.jpg pht_frfr0.jpg
シングル(ソロ)について
チュートリアルを兼ねた一連のCPU戦が全14戦+練習モード。
倒すごとに新ユニットを入手、5戦終わると自由に自軍編成できるようになる。
序盤以降は自由に戦えるが、かなり手強く、普通に負ける事もある。
最初の数時間はこのモードだけでも十分楽しめる。

pht_frfr4.jpg pht_frfr4b.jpg
マルチ対戦(バトル)について  パンドラは新記事で紹介
近いレベル相手のランクマッチ、レベル無制限から選べる (右は勝利後の報酬。経験値も入る)
当然だがCPUとは強さが全く違う。相手によってデッキも戦術も全然違う。
ただ、戦い慣れていて上手い相手でも、意外と勝てる時があるのが面白いところ。

以下、私の実例
引きが悪くて弱いカードばかり…どんどん攻め込まれ防戦一方……
格下カードで何とか延命しつつ、せめて一矢報いようとしょぼいユニットを攻撃に送る…
ギリギリまであがき続けていると、運か油断か判断ミスか、まさかの逆転!

諦めていただけに正直ビックリした。スクショを撮ってないのが悔やまれる。
逆に自分が有利な場合でも、凡ミスであっという間に崩された事もあった。
CPU戦でも感じたが、とてもバランス良くできたゲームだなと感心した。


💥 感想まとめ 「これでチェックメイトだ!」
pht_frfrend.jpg
とても面白い。テストプレイのつもりが気付いたら6時間以上遊んでいた。
この記事を書いた後、ちょっと休憩してまたプレイしようと思っている位だ。

ただ個人的に残念なのは、早期アクセスでシングルキャンペーンが5~6時間と短い事。
キックスターター時の説明ではしっかりした物語を背景にしているようだが
物語そのものはまだ未実装、全14戦+練習対戦。ほぼチュートリアルと言ってもいい。

早期アクセスなので今後長編物語が実装される可能性もある。
ただ現在は、eSPORTSとしてのイベントなどに力を入れているので
人がいる間に対人戦を楽しみながら、完成を待つのがいいかもしれない。

pht_frfrmp.jpg
ストーリーのコンセプトアート。キックスターターページより引用

 JJ voice

馴染みの薄い囲碁よりも、詰将棋やチェスの印象だった。
どこかシヴィライゼーション5の戦闘に近い印象もあった。
そう言えばこのゲームも 「あと一試合だけ…」 の感覚が…!
何はともあれ、こういう頭を使う対戦ゲームは面白いね。

ちなみにタイトルは「フェアリア」と読むらしい。
勘違いしがちだが「精霊神世紀フェイエリア」ではない。

……え、重度のセガマニアしか勘違いしない?
悲しいかな、メガCD初期の超マイナーRPGタイトルである。
かく言う私も、幼少時代に180円ほどで買った記憶位しかなく、
ネットで動画を観ても、もはや内容がさっぱり思い出せないというね(笑)

この記事へのコメント

人気記事