フリーゲーム おすすめRPG 10選! - 第二回特集・後編

freegame-rpg-recomend-next.jpg
フリーゲーム特集 ✨おすすめRPG 10選✨ 第二回(ページ2)

こちらは特集ページ1からの続き、短編&3DダンジョンRPG部門になります。
※全RPGからの最良選抜ではありません。すべて Win 10 動作確認済。


 6  王女様と薔薇の騎士
princessANDknight-9.jpg
制作:えぬ氏、クリア目安:約3時間、約30MB、RPGツクールVX

princessANDknight-10.jpg princessANDknight-11.jpg
かわいい絵柄で、シナリオも楽しい恋愛要素ある短編RPG
女性同士の百合展開が複数用意されているがあくまでソフト。
本作はシナリオがミステリー調かつ、会話もユーモアいっぱい、
「頑なに」恋愛要素をスルーしながら遊んでもしっかり楽しめる。

美貌の薔薇騎士団長ガラテアが主人公。おてんば王女様に振り回される中、
少しずつ王国を揺るがす陰謀の影がチラつき始めるのだった……

princessANDknight-2.jpg princessANDknight-4.jpg
戦闘は、ロマサガ風のスキル閃きあり。装備ごとにスキルも異なる。
剣なら高速斬撃系、ハンマーなら重量スタン系など、様々用意されている。
沢山の武器1つ1つに隠しスキルが存在し、普通に戦っているだけで突然閃く。
また多彩に戦闘アニメーションするため、新スキルは毎回ワクワク。

princessANDknight-1.jpg princessANDknight-8.jpg
難易度はかなり優しい。RPG初心者でも安心だ。ボスは多少運も絡む。
ただし、本編クリア後の裏ダンジョンは一気にハードモードと化す。
特に裏ボスは恐ろしく強い。と言うか、攻略模索などの対策が必須。
レアドロップ装備を集めたりなど、相当やり込まないとまず勝てない。

princessANDknight-6.jpg princessANDknight-5.jpg
最短3秒バトルや、ショートカット満載ダンジョンなど、サクサク仕様。
表面は「楽しいライトなRPG」だが、コアゲーマー向けのやりこみ要素も
しっかり用意されている、そんなトゲも隠し持った薔薇騎士RPGなのである。



 7  グリムボルトDeep
grimbolt-deep-0.jpg
制作:西瓜 氏、約46MB、クリア目安:1~2時間(初見はその倍)、RPGツクールVX

grimbolt-deep-6.jpg grimbolt-deep-2.jpg
仲間も物資も現地調達! 攻略自由度の高い、監獄ダンジョン脱獄RPG
16階層の監獄タワーから脱出を目指す。マップも宝箱も決まっているため、
対策を考えながら、条件を変えて何周も攻略したくなるパズル的RPGだ。
引き継ぎはないが、プレイヤーに貯まっていく知識が大きな武器になる。

grimbolt-deep-12.jpg grimbolt-deep-8.jpg
シーフ、ヒーラー、ウィザード、モヒカン野郎(クリア後はナイトも選べる)
最初にボーナススキルが異なる4~5人の囚人からリーダーを選択。
あとは自由に攻略。ほか4人を助けて協力しあうも良し、1人で進むも良し。
囚人は下の階層にも各所に捕まっており、誰を助けるも見捨てるも自由だ。

grimbolt-deep-14.jpg grimbolt-deep-9.jpg
ダンジョン内はバリケードなどが随所にあり、破壊しないと通れない。
宝箱もこじ開けないと得られない。どちらも画面右下の警戒レベルが上がり、
MAXになると強制戦闘。しかも階層毎に強敵に。何をするにも常にリスクがある。

grimbolt-deep-4.jpg grimbolt-deep-5.jpg
本作はできるだけ戦闘を避けるべきゲームとなっている。
ザコでさえ強く、HPやMPの回復手段が少ないため、無駄な消耗は命取り。
敵を倒しても経験値なんて得られない。警戒レベルが下がるのみ。

そもそもレベルなど成長概念がない。装備で強化するゲームなのだ。
スキルも装備で得る。盾なら防御、杖なら何かの魔法と言った具合だ。
ただし装備は、警戒度が上がる宝箱、または敵から盗む必要があり悩ましい。

grimbolt-deep-7.jpg grimbolt-deep-15.jpg
マップは周辺しか見えないため、暗闇の先に何があるか分からない。
セーブポイントも数階層に一箇所しかないため、緊張感が半端ない。
一つ一つの行動を慎重に考える、悩ましさが楽しいRPGなのである。
メンバー構成にもよるが、難易度は適度にハードな丁度いいバランスだ。



 8  エインルート
ein_loot_1.jpg
制作:箱庭のイデア、プレイ目安:30分(エンディング3種類)、WOLF RPGエディター

良質な童話絵本のような物語と雰囲気のRPG型アドベンチャー。
世界を覆う「命を蝕む瘴気」から人々を救うべく、神様が授けた奇跡の魔法。
それは代々受け継がれ、新たなる継承儀式が今行われようとしていた……。

ein_loot_3.jpg ein_loot_4.jpg
プレイヤーは主人公となり、儀式へ挑む事になる。
戦闘もあるがシンプルな標準コマンド型。誰でもクリアできる優しい難易度。
エンディング分岐条件も極めて分かりやすい。2週目以降はスピーディになる。

ein_loot_5.jpg ein_loot_2.jpg
初めてプレイする場合、プレイ動画など見ずに遊んでみてほしい。
また、エンディング3種類すべて観る事もおすすめしたい。合わせても40分弱。

すべて観ることで、物語背景が補完され「エインルート」の世界が完成される。
私は最初にエンディング2種類を観てもさほど心動かなかったのだが、
最後のエンディングを観て、思わず涙がこみ上げてきた。

観る順番によってきっと印象も変わるだろう。
もし記憶が消せるなら、逆の順番でまたプレイしたいと思えた作品だった。
時間と心に余裕のある時に、ゆったり物語と雰囲気を楽しみたいゲーム。



 9  カムイコタン  ここから3DダンジョンRPG部門
カムイコタン 制作:ひげ氏、約53MB、目安:約10~15時間、WOLF RPGエディター

『真・女神○生』を彷彿させる、良センスの疑似3DダンジョンRPG
舞台は近未来の北海道(らしき場所)。魔物発生の原因を探るべく旅立つ。
モンスターを召喚&使役できるハンドPCを使い、様々な場所を探索する内、
悩み多き真実が見えてくる。自らの正義を選択していくマルチエンディング。

kamuikotan-10.jpg kamuikotan-15.jpg
ダンジョンは仕掛けも様々。謎解きも用意されている。
所々にイベントがあり、シリアスな切ないものから、笑えるものまで様々。

kamuikotan-1.jpg kamuikotan-4.jpg
良センスのBGMや、厳選された沢山のモンスターグラフィック。
探索も戦闘も素晴らしくスピーディ。超高速移動や範囲マッピング、
基本はどこでもセーブ・どこでも脱出・どこでも全回復(要支払い)、
MPと通貨を兼ねる「EN」も拠点で自動的に貯まるなど至れり尽くせり。

kamuikotan-9.jpg kamuikotan-8.jpg
戦闘は、斬撃・刺突・打撃ほかの属性バトル。モンスターを使役して戦う。
モンスターは武具を装備でき、レベルUPでスキル習得など育成要素もある。
さすがに会話はないが、倒すだけで拠点で召喚(生成)できるようになる。
召喚できるモンスターは100種類近くもいて、収集や育成が楽しい。

kamuikotan-7.jpg kamuikotan-14.jpg
所々にメガテンへのオマージュが見て取れる。
カジノもある。カードほかミニゲームが色々あり、結構稼ぎやすい。豪華景品あり。
ストーリーも戦術性もさほど濃くはないものの、十分楽しめる良作RPGとなっている。
周回引き継ぎもあり、難易度も10段階から選択できるためコアゲーマーも安心だ。



 ⑩  ブルーバレット Blue Bullet
blue_bullet_9.jpg
ブルーバレット 制作:プチレア氏、約160MB、目安:10~15時間、RPGツクールVX

歩数制限や拠点強化が特徴、ステージクリア型3DダンジョンRPG
近未来日本、正式に軍隊として改められた自衛軍所属の137分隊は、
ある兵器工場を訪れる。偶然受信した救難信号から女の子を助けるが、
彼女は工場の極秘機密につながる「ブルーバレット」を託されていた……

blue_bullet_4.jpg blue_bullet_8.jpg
シリアス設定だが、女の子満載。軽い百合成分あるゲームとなっている。
物語はそこそこ、会話もやや素人感漂うが、本作の魅力はRPG部分にある。
ゲームシステムがよく練られているため、割り切ればとても楽しめる。

blue_bullet_14.jpg blue_bullet_1.jpg
物資の少ない隔離シェルターを拠点として本編が始まる。
水没の危機にあり、行動時間(歩数制限)内に上層階を目指さないといけない。
階層=ステージ。歩数・被ダメほか、各クリア評価に応じた経験値報酬もある。
無駄に歩き回らず最短ルートを目指し、戦闘は被ダメ最小限を目指すゲームなのだ。

blue_bullet_13.jpg blue_bullet_7.jpg
戦闘システムは、速度順のCTB(カウントタイム)バトル+α
大スキルは発動準備時間があり、ディレイ技やスキルキャンセル技もある。
武器は、強力だが弾薬制限のある銃と、威力は劣るが使い勝手のいい近接の2系統。
さらにメンバー連携のコンボシステムなど、複数の要素がうまくまとまっている。
先を考えながら戦術を組み立てていく、計算や駆け引きがとても楽しいバトルだ。

blue_bullet_3.jpg blue_bullet_11.jpg
限られた歩数、限られた弾薬、限られた回復手段、そして強力な敵…
戦闘も探索も緊張感があり、初見プレイ時は「もう詰んだかな」と諦めかけた事も。
それでも工夫次第で何とかなる、難易度調整がこのゲームの面白いところ。

敵がドロップする「結晶」を貯めて、装備作成ほか、拠点機能を強化できる。
新武器開発や、回復薬増強、特殊薬開発、歩数増加など、プレイスタイル次第だ。
様々な攻略方法が楽しめる、難易度高めのRPGとなっている。



📝 特集最後に、次回のお知らせ  >目次へ戻る
freegame-rpg-recomend-2nd-e.jpg
画像『王女様と薔薇の騎士』より王女様とガラテア様

公開開始しました。2人プレイ対応トップダウン・シューターから、
探索型アクション、マウス特化、激ムズ横スクロールまで多彩です。


🍸 JJ voice

今回は新しめ2016年の作品も入れました。
その一方で13年前の2004年作品もあると言う節操のなさですが、
いずれも良作ですので、興味を持ったRPGがあればぜひ遊んでみてくださいね。

最後に、今回の10選で、私の好きなゲームは
断トツで『EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE』です。
あの圧倒的なパワーはまさに怪作。軽く復習プレイするつもりが、
気付けば本気で2時間遊んでいる自分がいました(笑)


この記事へのコメント

人気記事