洋ゲーは英語の勉強になる? 6つの要素 [トキドキ・ゲームコラム]

game-and-english.jpg
「洋ゲーは英語は勉強になる?」 + トキドキ・ゲームコラム・第一回 +

洋ゲーを遊び始めて約3年、400本以上遊んできた内、7割は日本語なし。
そんな個人的経験からの感想を兼ねて、ちょっと考えてみました。
個人差もありますので、深く考えず読んで頂ければ幸いです。


 1  「楽しさ」洋ゲーは英語に触れる"気軽な入り口”  >目次へ
game-and-english-6.jpg
RPGにアクション、メインはあくまでゲーム。
複雑ゲームや文章中心ゲームでない限り、目的やルールさえ理解すれば遊べる事が多い。スキル説明など短く分かりやすい英文も多く、楽しみながら読める環境がある。

game-and-english-9.jpg game-and-english-8.jpg
最初は分からなくてもプレイすれば大体把握でき、「こういう意味だったのか」と文章や会話の内容が後追いできたりする。そうやって少しずつ自然と親しんでいける。


 2  「好き」という理解力バフ効果  >目次へ
game-and-english-3.jpg
好きな世界観や、面白いゲームは、より楽しみたいと意欲が湧く。
会話や説明もがんばって読む気になれるものだ。理解が中途半端でも楽しめたりする。(これはゲーム内に限らず、入れたいMODなど海外サイトの説明文章でも同様)

日本語字幕があったとしても、映画などの字幕鑑賞とは異なる。新しめの3Dゲームであれば、表情や声音などしっかり感情表現する英語NPCを相手に能動的に遊ぶため、より感情的な深い理解体験が得られる。


 3  「ネットの恩恵」による敷居デバフ効果  >目次へ
game-and-english-13.jpg
ゲーム中に分からない単語や文章が現れても安心。
Google先生やスマホアイテムで簡単に調べられるが、その際に英単語や文章を入力するため、自然と頭に入る。何より「調べりゃ何とかなるさ」と言う、楽観的な敷居の低さにもつながる。基本的には、英語はともだち、怖くないよ!


 4  「もはや定番」似たようなセリフや単語が多い  >目次へ
game-and-english-15.jpg
様々な洋ゲーで似たような表現が、何度も何度も出現する。
例えば、Objective(目的)でよく見る Reach~(へ辿り着け!)や Defeat~(を倒せ!)、ステータスの Increase(増加)、Reinforcement(援軍)、Negative(否定)などなど。

単語を知らなくてもプレイすれば意味を把握できる。何度も見聞きする内に、似たような表現も類推できるようになり、次第にボキャブラリーが増えていく。


 5  「継続による慣れ」耳・目・脳の熟練度UP  >目次へ
game-and-english-14.jpg
これが一番大きな要素である気がする。
最初の数本は英語アレルギーが働いても、何十・何百本とプレイする内に慣れる。 幼児が周囲の会話に馴染んでいくように、我々もちょっとずつ英語に馴染んでいく。

洋ゲーを3年毎日、英語プレイすれば、英語脳3歳児! とまでは行かないと思うが、大人になるにつれ落ちる吸収力を考えても、1歳児くらいには慣れるように思う。


 6  「外国人と会話する機会ができる」Hey,YOU!  >目次へ
game-and-english-11.jpg
任意だが、積極的に遊ぶほど、会話する機会も増えていく。
オンラインマルチ対戦や協力プレイ、STEAMなどのフレンド、海外サイト掲示板での情報交換、海外メーカーや海外ストアへの質問や要請など様々。

海外PCゲーム記事を書いていると、たまに海外インディゲーム開発者とTwitterなどでやり取りする機会があるが、「気軽につながる世界の狭さ」に毎回驚く。まさに超エキサイティン!な気分で送る英文を頑張って考えてしまう。


📝 洋ゲーは英語の勉強になる? まとめ  >目次へ
game-and-english-ed2.jpg
洋ゲーは、英語の勉強に、なる!
ただし長期的なスパンかつ限定的には。

日常会話や大衆小説レベルの話で、受験やTOEICなどとは別次元。
スラング混じり、偏ったボキャブラリー中心、実用的とは限らない。
だが、「読解とリスニングの慣れ」や英語への気軽さ会得は大きい。

・面白いゲーム ・興味のある世界観 ・分かりやすい英語
経験からすると、この3大条件を満たすゲームに限りそうだが、
個人差もあるため、一概には言えないかもしれない。

game-and-english-ed3.jpg
何はともあれ、好きこそ物の上手なれである。Have a great ADVENTURE!!


 JJ voice

私の場合、3年前に比べて、ずいぶん英語に抵抗がなくなってきた。
TESやFalloutなどメジャー洋ゲーは日本サイトも沢山あるものの、
マイナー洋ゲーは、日本語サイトがない事が多く、
最近は海外サイトを読んでいる比率がはるかに高い。

ゲーム内でも「分かる単語」のみ流し読み・流し聴きして推測把握、
重要でない部分は無意識にスルーできるようになった事が大きい。
ただし小文字ギッシリ長文や、興味の沸かないゲームは今でも苦手。

だがそれも、さらに3年後はどうか分からない。
そう…私の(英語)冒険はまだ始まったばかりなのだ! Yay!

この記事へのコメント

  • JJ氏ありがとう

    確かに実用的とまではいきませんが英語に触れる機会が増えて勉強にはなってますね。あと日本語化mod入れたりするのもPCの勉強になったりしますしほんとゲームは素晴らしい!(とゲームする理由を正当化してみたり)
    2017年04月16日 22:20
  • JJ

    適度であれば正当化していいと思いますよ。
    特にPCゲームは日本語削除に不具合対処にと、色々勉強を強いられますし(笑) 頑張ったご褒美に思いきり楽しみたいですね。
    2017年04月16日 23:39

人気記事