【GAMESESSIONS】仕組み紹介。PCゲーム無料配布や、体験プレイ&レンタル版もある、海外STEAMゲーム販売サイト

gamesessions.gif
GAMESESSIONS の仕組みや注意点などをご紹介。
PCゲーム無料配布や、体験版のないゲームをお試しプレイ可能な
STEAMゲーム販売サイトです。一部は独自版レンタルもあります。



📝 GAMESESSIONS とは?  >目次へ戻る
gamesessions-store.jpg
GAMESESSIONS とは、体験プレイや一部レンタルできる海外ゲーム販売サイト。

「購入前にそのゲームが好きか確かめる唯一の方法は、プレイすることである!」
という信念のもと設立。体験プレイして気に入ったら購入またはレンタルできる。
拠点は英国サウスヨークシャー州。会社名 Tangentix Ltdにより運営されている。

STEAMには体験版のないゲームも、独自DRMにより数十分お試し可能。
デモではなくフルゲーム※であり、基本的には制限なくプレイできるほか
同サイトから購入すればプレイデータもSTEAM版へと引き継げるとの事。

※Gamesessions版のため、マルチプレイは非対応。
・お試し時間は20分や60分などゲームによって異なる。
・レンタルはお試し後の購入オプションに選択肢が出現。



 GAMESESSIONS 無料配布イベント  >目次へ
gamesessions-giveaway-img.jpg
常に行っている訳ではないが、大抵は期間限定で長めに実施。

5分間プレイすると、Gamesessionsライブラリ登録=入手となる。
「どんなシステムか試してみてね」という体験を兼ねているのだろう。
入手~起動方法ほか、注意点などは以下手順をご参考に。

無料配布ゲーム更新リスト
その前は『OVERLOAD II』だった。次回以降も新記事でご紹介予定。



📝 GAMESESSIONS の仕組みや無料配布について  >目次へ戻る
gamesessions-gamecliant.jpg
ダウンロードするのは、Steam版ではなく、GAMESESSIONS版。

独自ゲームクライアントがあり(SteamやOriginのようにDRM認証)
ゲームのインストール・プレイ・アンインストールまで管理している。
と言っても機能は最小限。タスクバーにそっと出現するくらいである。
ゲームのアンインストールは、普通にWindows機能からも可能。


gamesessions-dl.jpg
ゲーム起動までの手順(無料配布も同様)

1・アカウント作成。
 GAMESESSIONSサイト右上から作成。メールとパスワード登録。
 ※メールアドレスは一度登録すると変更できないため注意。

2・遊ぶゲームごとにインストーラーをダウンロードして起動。
 各ゲームページの「DOWNLOAD FREE TRIAL」
 または「DOWNLOAD FREE GAME」からDL。上画像

3・インストール完了 → ゲームログイン画面 → ゲーム起動。
 インストール完了後に自動的に開くゲームログイン画面では要ログイン。
 ダウンロード開始時に開くブラウザの方はログインしなくてもOK。

 初回や数GB以上だと結構時間がかかる可能性あり。
 ダウンロードは設定項目あり。注意点は後述。


gamesessions-install05.jpg gamesessions-install02.jpg
【無料配布の場合】 5分プレイするとGamesessions版を入手できる。
 参考:私の環境では5分時点でゲームがフリーズしたため
 タスクマネージャー(Ctrl+Alt+Del)でゲーム強制終了。
 再び起動すると、制限なく遊べるようになっていた。


【お試しプレイの場合】 数十分以内なら自由に遊べる。
 ゲーム起動するとポップアップ通知とともにカウントダウンが始まる。
 途中でやめても、ゲーム再起動するとカウントの続きからプレイ可能。
 制限時間が終わると、ゲーム終了または購入かレンタルを選択できる。

 ゲームによって異なるかもしれないがレンタルは1日2ドル前後の様子。
 購入方法はカードまたはPaypalから選択できる。




💡 GAMESESSIONS 注意点・気になった点  >目次へ戻る
gamesessions-profile.jpg
販売サイトとしての機能部分はとても少ない。
ゲームライブラリのほかは、パスワード変更とニュースレター登録のみ。
登録メールアドレスは変更できない。新規アカウントを作るしかない。参考
そのため情報管理は気をつけたい。退会機能もない。連絡しかなさそうだ。

STEAMキー発行後は返金できない。 参考
もし購入する場合は慎重に。キー発行後もすぐアクティベートしたい。


gamesessions-install04.gif
ダウンロード設定について。
デフォルト設定では、Gamesessionsサーバー上にある
追加PCの利用によりダウンロード速度上昇するとの事。
ただし自分のPCからもデータ送信することがある様子。

海外ドラマ『シリコンバレー』に登場した超速転送のような概念なのかもしれない。
デフォルトはONだが、セキュリティ的に心配な場合はOFFにできる。
設定開くには歯車アイコン。ゲームクライアント右上にもあり。


gamesessions-start.gif
ゲームクライアントはWindowsと一緒に起動する。
自動起動させたくない場合は、Windows側で変更する必要がある。
タスクマネージャー(Ctrl+Alt+Del)からスタートアップを開き
Gamesessions Tray を右クリックして「無効化」で完了。
ソフトは手動起動できる C:/Program Files/Tangentix/Runtime/x64/GSTray.exe




 GAMESESSIONS 利用してみて最後に  >目次へ戻る
Overlord2_img1.jpg
ラインナップは多くないが、ゲームをお試しできる貴重な存在。
STEAMストア情報やレビュー、PVや動画では分からない部分も沢山ある。
プレイ動画では面白くなさそうに見えても、実際に遊ぶと結構楽しかったり
逆に面白そうでも、操作性やシステム、難易度など自分に合わない事もある。

そんなゲームとの相性を確かめられる、意義あるサービスだと感じた。
快適に遊べるかの動作確認として利用するのもいいかもしれない。

STEAMでは購入2週間以内かつプレイ2時間以内であれば返品可能なため
必要性を感じない方もいるとは思うが、「起動しない、バグだらけ」など
よほど酷いゲームでないと返品は気が引ける方もいるのではないだろうか?
または返品を繰り返すことによるリスクを心配する方もいるかもしれない。

そんな私のようなユーザーにとっては、悪くないサービス。
注意したい上述点や、販売サイトとしての機能面の薄さは気になるが
無料配布やラインナップ充実、そして今後の機能強化に期待したい。


上画像は左上から Overlord2  ANIMA: GATE OF MEMORIES


 JJ voice

はるか昔に試した事があり、その時はよく分からずスルーしていたのだが
コメント情報をいただいて、改めて試してみるとさほど難しくなかったと言う(笑)
GamesessionsというDRMに抵抗がない方は、試してみるのもいいかもしれない。
念のため、Kasperskyでインストールファイルやフォルダもスキャンしたが無問題。



この記事へのコメント

  • ありがとう!
    「なんだかよくわからない…」と思っていたGAMESESSIONSのシステムが、理解できました!
    2018年09月11日 20:02
  • JJ

    お役に立てたようで何よりです。
    無料配布を伝えるだけのつもりが、いつものクセでフル紹介記事になりました(笑)
    2018年09月14日 01:39

人気記事