【Humble Bundle】大作多め『Homefront The Revolution』『Killing Floor 2』『Rising Storm 2』ほか、戦闘機までSTEAMゲーム9本α

humble-hope-for-orphans-bundle.jpg
『Homefront: The Revolution』『Killing Floor 2』『Rising Storm 2』ほか
現代戦RTSや2Dアクション、プロペラ戦闘機フライトコンバットシムまで、
STEAMゲーム9本+αを集めたバンドルが Humble Bundleに登場しました。

💡 注目したゲームをピックアップ  >バンドル内容一覧
Homefront: The Revolution STEAM評価:賛否両論、通常2980円 スペック高め

北の某国に占領された架空近未来アメリカを描くオープンワールドFPS
レジスタンスとして市民に紛れて活動し、祖国奪還を目指して敵拠点を制圧していく。
先月の前作「HOMEFRONT」無料配布も記憶に新しい続編タイトル。
本バンドルでは『Killing Floor 2』や後述RPGと共に平均額と良心的。
1ドル、10ドルコースにはリアル寄りFPSもあり、今回は戦闘色が強い。

King's Bounty: Platinum Edition  STEAM評価:非常に好評、通常1980円  

ターン制ストラテジー戦闘の海外RPGシリーズ 、良BGM。
色鮮やかなフィールドやダンジョン、沢山のクエストやスキルツリーなどもあるが、
ユニットは成長しない代わりに自由編成できる兵団雇用制。シンボルエンカウントで
狭めのマップで戦うストラテジー風味。SRPG風にスキルは多彩に用意されている。
「The Legend」「Armored Princess」「Crossworlds」と3作セットで大ボリューム。

BLACKHOLE  STEAM評価:非常に好評、通常898円

不時着した惑星からの脱出を目指す、高難度2DパズルアクションADV。
90ステージ。ボールを集めると面クリア。任意だが全部集めるのは相当難しい。
繊細なジャンプアクションと、柔軟な閃きが求められる「地形パズル」となっている。
ボール1個ずつトライ&デスで試行錯誤しつつ、ちょっとずつ攻略していくタイプ。
ジャンプは空中制動が効きにくく、死亡するとステージ振り出しという点が厳しい。

物語は、各地に散った宇宙船パーツやクルー達を探すため、AIと共に探索するお話。
演出面でも頑張っており、SFらしいギミックや展開がちょっと面白くワクワクした。


 バンドル内容は選べる3コース
humble-hope-for-orphans-bundle03.jpg
$1コース

Killing Floor       圧倒的に好評 FPS、ゴア注意
BLACKHOLE     非常に好評  2Dアクション、サントラあり
IL2 Sturmovik 1946  非常に好評  フライトコンバットシム
Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad with Rising Storm 非常に好評 FPS、マルチ

humble-hope-for-orphans-bundle02.jpg
平均額コース 上コース含む

Killing Floor 2          非常に好評 FPS、ゴア注意、サントラあり
Homefront: The Revolution    賛否両論  FPS、近未来アメリカ
King's Bounty: Platinum Edition   非常に好評 RPG、シリーズ3本セット
(Armored Princess,  The Legend,  Crossworlds)

humble-hope-for-orphans-bundle01.jpg
$10コース 上コース含む

Rising Storm 2: Vietnam   賛否両論 FPS、マルチ ゲーム紹介記事
Call to Arms - Full Version  賛否両論 RTS、現代戦
Call to Arms: Deluxe Edition Upgrade
$2 Humble Wallet credit ※Humble Monthly会員のみもらえる

PCスペック動作環境一覧 Humble Monthly10%クーポン付



🍸 JJ voice Plus
画像は「Call to Arms」 Men of Warシリーズ開発元による現代戦RTS。
各兵士・機甲車両などFPS/TPSプレイもできるところが面白い。
面白いが、シューターとしては微妙だった。マルチとスカーミッシュAI戦は
STEAMで基本無料のため、そちらで試して検討した方がいいかもしれない。

フライトシム「IL2 Sturmovik 1946」はプレイしてみると相当硬派。
エンジン点火、出力調整、フラップ操作、翼調整など操作がたくさん。
Shiftキーやマウスだけで飛ぶカジュアル飛行機に慣れた私には
無事飛び立つだけでも一苦労。何度も墜落して、初交戦まで1時間かかっていた(笑)

さて、今回のバンドルは中間コースが結構豪華。
好みは分かれそうなラインナップながら長時間遊べる内容でいいね。
「BLACKHOLE」と「King's Bounty」が意外と面白くて好感触だった。

この記事へのコメント

  • vxn

    こんばんわ^^

    キリングフロア2 がしばし前に安売りしていた時に手をださなくて
    良かったです^^
    ここで手に入れました^^
    どこで手をだすか?に快感を覚えつつありますw
    去年の心残りがhumble Monthly の 「RISE of TombRaider」の月を
    逃した事。慎重になりすぎて失敗でした。
    あの月のゲームは良作でしたよね。大失敗ですた。
    以降Monthlyはもう定額コースにしましたw

    だがしかし、購入したは良いが、キーを開封せずに
    そのままになっているゲームも相当溜まってきていて、
    積みゲーが酷い有様です。
    2018年01月10日 23:16
  • vxn

    つづき・・

    1点機微な情報です。
    ゲームを購入し、もしもキーを開封せず(要はサイトからキーを開封していない状態)にいて、しばらく(1か月~3か月で検証)して開封した場合、

    ・ファナティカル(旧Bundlestars)=対象の製品の販売が終了し、そこからおおゆそ30日以降で残存キーをパブリッシャーに返却する為、そのキーが使えなくなるようです。
    この場合、メールで「購入No」を伝え、「キーが使えない」と問い合わせる事で使えるキーがメールで帰ってくる。
    ・ハンブルバンドル=明確に期限を切っていない限り、何時開封してもほぼ確実に使用できる(無料配布系はキーの交換不可)
    今の所3か月前のキーであっても使用できることを確認していて、使用できないケースはありません。
    ・インディガラ=60日(確か・・)で使用が出来なくなる事がある(無料配布系はキーの交換不可で、使用著諾にもキーの取り扱いポリシーに記載されている。)

    ファナティカルとのメールのやり取りで判った事として、ファナティカルはキーの返却を「キーの有効化」されている・いないを Steamから取得し、いないキーを返却している模様。
    ハンブルは、キーを販売した・していない、でキーの取り扱いをしている模様
    インディガラはファナティカルと同様の運用形態で日数だけが違う模様です。
    よって、ハンブルはそのままにしておいても手間がかからないが、他のサイトはキーの有効化について、注意が必要なようです。

    更にキーを開封はしたが、未使用の場合もファナとインディガラは
    配布していない、未販売のキーに分類し、返却する模様です。
    (この場合も購入Noメールで再取得は可能。)

    以上不精をした事でサイト運用事情の裏側が少し覗けた機微な情報でしたw
    2018年01月10日 23:33
  • JJ

    情報ありがとうございます。
    HumbleとBundle Stars時代の余りキーはたまにトレード活用していて、
    今のところ2年前のバンドル未開封キーもアクティベートできていますが、
    もしかしたらファナに変わってから制度も更新されたのかもしれませんね。

    販売終了後 1ヶ月は短い気もしますが、メール対応という事は
    再販対策も踏まえた措置なのかな。早めにアクティベートせねば…
    ちなみに私も未開封キーは沢山溜まっています。
    絶対にプレイしないであろう、D級~Z級マイナー・インディゲームばかり(笑)
    2018年01月11日 00:51
  • キーの話、初めて聞きます。
    今まで、放置キーの無効によるトレードトラブルを聞いたことがないので大丈夫だと思っていました。これが本当だとすると世界的にトレードの注意事項として挙がっているはずなので不思議です。
    2018年01月11日 07:42
  • IL2 Sturmovik 1946はMOD機体が多いのでかなりお勧めですね
    レシプロコンバットフライトシムの中ではこれ以上は無いと言っても言い過ぎでも無い気がします
    フライトスティックを購入と同時に買っても良いぐらいですね
    ただFANATICALのWar Heroes Bundleにも含まれているので既に持っている人は多そうですね
    1ドル枠の他2本が去年無料配布しているのでこれも被っている人は多いでしょうね
    2018年01月11日 13:01
  • JJ

    4番目コメントの方へ
    放置キー無効になる事例が少ないのかもしれませんね。
    Indie Galaの60日間表記はサイトに明記されていましたが
    1年以上前の未開封キーもまだアクティベートできましたから、
    「永久保証はできないので、早めにアクチしてね」位の感覚なんじゃないかなと。

    5番目コメントの方へ
    やはりスティックがあると操作性が違いそうですね。
    キーボードだと方向調整に離れたキー6個ほど使っていて、
    果てはゲームパッドと併用したりと無駄に苦労していました(笑)
    ジョイスティックとハンコン……憧れの周辺機器です。
    2018年01月11日 19:46

人気記事