Mass Effect Trilogy マスエフェクト トリロジー 壮大な宇宙RPG/TPS三部作 82%オフセール [Origin PC版]

bn_MassEffect_Trilogy_2.jpg
Mass Effect Trilogy マスエフェクト トリロジー 

最新作『MASS EFFECT: ANDROMEDA』も来年発売される海外人気シリーズ。
今回は初代から完結編3まで三部作セットのマスエフェクト トリロジーをご紹介。
GMGで$8.99セールとさらに値下がりしました。短期のフラッシュセールです。
※更新記事です。価格以外は以前と同内容。

 Mass Effect Trilogy ゲーム紹介 
bn_MassEffect_Trilogy_1.jpg
開発Bioware、1~3までシリーズ3部作セット、通常3024円、日本語なし、Originの使い方

セール期間未発表。 もうすぐ終了する可能性あり
こちらは月額518円で3作とも遊べる会員サービス

pht_MassEffect_T3.jpg
pht_MassEffect_T8.jpg pht_MassEffect_T11.jpg
海外で高い人気を誇る〝スペースオペラ宇宙RPGシリーズ”3部作
宇宙生態系や各政治背景など大作映画並みに練られた世界観の中、
人類の未知との遭遇から、銀河の命運を賭けた壮大なストーリーが描かれる。
街の住人といった脇役まで豪華フルボイスだ。(スキップ可能、字幕表示OK)

pht_MassEffect_T5.jpg pht_MassEffect_T9.jpg
pht_MassEffect_T10.jpg pht_MassEffect_T6.jpg
ゲームシステムは、RPG要素満載のTPSカバーシューター
メインストーリーほか、サブミッションや惑星探索要素も多数用意されている。
選択分岐も多数あり、シリーズを通して結果が引き継がれていくマルチ展開。
主人公は性別・外見もカスタマイズ可能。なお、恋愛要素もあるぞ。

pht_MassEffect_T2.jpg pht_MassEffect_T1.jpg
スキル・装備改造など幅広く育成できる
銃器主体のシュータータイプや近接、また超能力的なタイプまで、
装備やスキル次第で好みに合わせて戦闘スタイルを楽しめる。


 Mass Effect シリーズPV紹介
2008年5月28日発売、 単品通常 1404円

2010年1月23日発売、 単品通常 1620円

2012年3月7日発売、 単品通常 1944円

ストーリーの把握はもちろん、選択分岐などを楽しむ上でも、
古さはあるが初代から順番に遊んでいく事をおすすめしたい。

ただ惜しむらくは、3作ともPC版は日本語なしという点。
そこまで難しい英語ではないが、会話は選択肢まで止められない。
(日本語化方法もあるようだがグレー。ちなみにXBOX版は3作とも日本語対応らしい)

pht_MassEffect_T4.jpg
人類を…いや銀河を救うのだ!
※画像は主にBIOWARE公式サイトより引用

 JJ voice

日本では宇宙SFはあまり流行らない印象がある。
広くて暗い空間、馴染みのない世界、未知の生物という事もあり
とっつきにくさや、地味な印象を持ってしまうのかもしれないね。

いかにも宇宙なタイトル画像から既に敬遠する方も多そうだが、
とりあえずはトレーラー(PV)を観てみる事をおすすめします。
中には予想と全然違う、好みに合う作品と出逢えたりしますよ。
私の場合、本作マスエフェクトはもちろん、FTLSWAPPERもそうでした。

この記事へのコメント

人気記事