無料で遊べるモンスター召喚対戦ストラテジー『Minion Masters』シンプルで駆け引きが面白い/STEAMゲーム特徴紹介

MinionMasters_steam.jpg
Minion Masters  対戦型モンスター召喚ストラテジー 

2019年5月24日に早期アクセスを終えて正式リリース!
シンプルで面白い作品でしたので、簡単に解説を交えてご紹介。
基本無料で遊べるSTEAM PCゲームです。 ※2019年9月15日編集
💥 Minion Mastersのゲーム紹介&簡単解説
基本無料  非常に好評  日本語なし(慣れれば問題なし)  1人 or 2人協力対応


Minion_Masters_main.jpg
簡単に言えば「デッキ編成 × シンプルな対戦型RTS」

画面には情報沢山だが、画面下のリンクに機能集約されている。
ゲームはマルチ対戦がメイン、チュートリアル的なシングルCPU戦もある。
日本語はないがすぐ慣れる。英語も短い能力説明とステータス項目くらい。
なお、無料特典などの外部コードは「SHOP」→「Redeem」から有効化。

MinionMasters_battlepas.jpg MinionMasters_add3.jpg
MinionMasters_mapmode.jpg MinionMasters_mayhem.jpg
左は「Expeditions」モード。探索風マップで対戦しながら報酬入手していく。
右は「Mayhem」モード。アレンジルールの連戦。ゲーム内通過で参加。
など期間イベントも行われており、バトルパスほか報酬も色々ある。


MinionMasters_explain.jpg
【戦闘】 リアルタイムにモンスター召喚しながら、敵拠点を破壊すれば勝利

ユニットは自動的に移動&攻撃するRTS型。 指示はできない。
MPを使って召喚する。MPは時間とともに溜まっていき、1MPが2~3秒。
手札ユニットは、試合前に編成したデッキからランダム配布。多少運も絡む。

また、上下2つの橋は最後に通ると陣地となり、XPが貯まっていく。
XPが貯まるとPERK(マスターごとの固有能力)が解放されて有利になる。
最弱ザコ兵士でもいいのでとりあえず橋確保しておくと良いかもしれない。


MinionMasters_deck.jpg
【デッキ編成】 様々なモンスターカードから10枚選択。
それぞれ攻撃力・速度・リーチ・地上空中・特殊能力・召喚必要MPが異なる。
カード右上の数字がMP。右クリックで能力を見られる。記事後半にて一部紹介。
モンスターは報酬の青シャードで生成したり、トークン(ガチャ)でもらえる。

負けると悔しくてすぐ閉じたくなるが、相手のデッキも見られるため
強ユニットを調べて自分もクラフトしたり、戦術を参考にしてデッキ改善したい。
なお、種類はシーズンごとに増加中。8月時点で174枚と豊富に用意されている。


MinionMasters_re3.jpg
MinionMasters_3.jpg MinionMasters_4.jpg
【指揮官】 能力の異なるマスターも選択。
召喚ユニットと違って死ぬ事はない。通常能力+XP固有能力が異なる。
近くの敵を自動攻撃するキャラから、フィールド召喚できるキャラほか様々。

一定期間ごとに無料開放されたりするため、戦いやすいキャラを見つけたら
赤ジェムなどでアンロック。青シャードは超貴重なためカード生成に使いたい。
なお少しずつ新登場しており、8月時点では合計11人のマスターがいる。



💥 Minion Mastersのユニット一部紹介
5870989.jpg
最初に基本的な見方を覚えておきたい。
特殊能力については、英語説明だが実際使ってみると分かりやすい。
PROMOTE(昇進)については、必要な青石が超貴重なため慎重に。
トークンで同じユニットが出るのを期待した方がいいかもしれない。
枚数が増えると、WCカードがあればそのユニットを複数デッキ登録できる。


MinionMasters_unit10.jpg MinionMasters_unit11.jpg
強力なユニットは、召喚コストも高い。
ザコ引きつけ役としても、拠点攻撃役としても強いものの
単体だと対処されやすく、気軽に呼べない高コストも辛い。
左…高速&高火力だが、攻撃間隔が長い。 右…強キャラだが速度が遅い。

MinionMasters_unit7.jpg MinionMasters_unit6.jpg
弱いユニットは、召喚が速く、特殊能力持ちが多い。
強ユニットの足止め、おとりほか、HPこそ低いが用途多彩。
手数を活かしてどんどん送り込めれば、範囲攻撃がない場合は脅威になる。
左…敵をスタンさせる。敵1体相手なら無双。 右…キモくて厄介な自爆兵。

MinionMasters_unit12.jpg MinionMasters_unit1.jpg
飛行ユニット
対空攻撃を持っていない地上ユニットが多いため重宝する。
基本的にHPが少なく打たれ弱いが、数を出せれば相当強力。
左…弱いが、攻撃速度が速く低コスト。 右…強力かつ長リーチだが、低速&高コスト。

MinionMasters_unit3.jpg MinionMasters_unit2.jpg
対空ユニット
対地&対空両用として便利(飛行ユニットでも代用できる)。リーチ長め。
地上ユニットとしては弱めだが、上手く遠距離を保てれば意外と活躍する。
左…もろいアサルト歩兵。 右…リーチ長めの固定タレット。一定時間で壊れる。

MinionMasters_unit9.jpg MinionMasters_unit8.jpg
攻城専用ユニット
敵には目もくれず、敵拠点や建物のみを攻撃する。
敵殲滅ではなく、拠点を落とすゲームのため重要な役割。
全体的に硬いユニットが多いため、対処せざるを得ないという意味でも重宝する。

MinionMasters_unit5.jpg MinionMasters_unit4.jpg
建物ユニット&特殊スペル
建物はユニット自動召喚やバリケード、XP生成ほか、戦術によっては重要。
スペルは範囲指定して直接攻撃したり、地形干渉したり、効果様々。
強ユニットを削ったり、大量ザコを一掃したり、いざという時に。


他にも様々なユニットがいる。
手札はランダム出現のため運が絡み、能力次第で相性もある。
いつ、どこに、誰を、召喚するかの駆け引きが面白い。
そして「戦いやすいデッキ」の構築が楽しいゲーム。



💥 Minion Masters チーム戦について
MinionMasters_team_img.jpg
チーム戦は 2vs2 クイックマッチ。手数2倍でより激しい戦い。
仲間の手札や選択しようとしているカードも見えているため、
遠距離ユニットを出したら、前方に近接ユニットを護衛につけたり
強カードを準備していたら、粘れるユニット混合で時間稼ぎしたり。

基本は自分のペースで戦うが、互いのユニットの弱点や強みを考えて
フォローや役割分担など、うまく連携できると共闘感があり楽しい。
ボイスチャットはなく、エモート機能もたまに見かける程度と気軽。
なお、チーム専用のランク報酬がある点もGOOD



💥 Minion Masters ギルドについて
MinionMasters_guild.jpg
ギルド報酬や、一定期間のカードお試しもあり。
ギルド専用XPがあり、一般試合で戦いながら一定数貯まると報酬あり。
ただし連勝しても数試合ほどで加算終了。一定期間は再挑戦できない。
ギルドメンバー数十人で長期的に稼いでいく前提のXP量となっている。

沢山のギルドがあり、中にはレベル30以上など条件付きの所もある。
自分でギルド作成もできる。1人だとXP報酬が貯まる道のりは遠いが
一定期間ごとに「内容変更されるカード」を無料試用できる。
持っていないカードでも使えるため、相性など勉強にもなる。



💥 Minion Masters 紹介の最後に
MinionMasters_15.jpg
早期アクセス時代から2年以上、2019年9月も「非常に好評」
2019年9月15日夜に起動したところ、数秒~20秒でマッチ。
日曜昼、平日夜や早朝、いずれもプレイ人口がとても多い。
久しぶりに遊んでも、すぐ思い出せるシンプルさがGOOD。

MinionMasters_1.jpg MinionMasters_last.jpg
左はもう…詰んでいる!
采配が悪いとこのように、どうしようもない状況に。そして再戦が右画像。
敵の召喚装置が厳しいのでこちらも導入。かつ範囲攻撃などデッキ編成を対策。
一度追い込まれたが、弱ユニット連続召喚で奇跡的に押し返し、ギリギリ辛勝!
シンプルだが奥深い戦術ゲームで面白い。


MinionMasters_re2.jpg
勝利時にはアドレナリンMAX!


 JJ voice

2年前に初めて遊んだときは早期アクセスの有料ゲームで
当時から頻繁なアップデートがあり、力の入りように驚いていました。
2018年末からF2P化したようですが、ついに正式リリースでVer1.0に。
人がいてなんぼのマルチ対戦ゲームなのでどんどん増えるといいですね。

この記事へのコメント

人気記事