MSI AfterBurner ゲーム動画&撮影、FPS表示&GPU制御ほか、便利機能満載の無料PCソフト [日本語化や使い方]

bn_afb.jpg
MSI AfterBurner アフターバーナー  高機能な無料ソフト 

PCゲームを遊ぶ時、FPS表示や、CPU・GPUなど使用率を確認したい時がある。
また、プレイ動画を録画したいし、スクリーンショットを撮影したい時もある。
でも、いくつもソフトを使うのは面倒。そんな時にお勧めしたいのが本ソフト。
今回はPCゲームプレイの便利機能を網羅したフリーソフトをご紹介します。


💡 主な機能とダウンロード >目次へ戻る
pht_afb0.jpg
MSI AfterburnerだけでOK (記事掲載はver 4.2.0) 日本語化も可能。
無料。 MSIユーザーじゃなくても使える。制限も広告も一切なし。

MSIは、マザーボードやグラフィックボードの大手製造メーカー。
自社ボードの制御ツールとして開発されたのが本ソフトで、無償提供されています。

pht_afb3.jpg
主な機能

ゲーム撮影
静止画……BMP、PNG、JPGから選択。JPGは画質調整できる
動画……画質・音質・コーデックほか細かく録画設定できる
    HDDが許す限り何十分でも何時間でも録画できる

リアルタイム表示
FPS(フレームレート)、ファン速度、温度、電圧、クロック値
CPU・GPU・メモリの使用率や最大値・最小値ほか色々

PC制御
FPS(フレームレート)上限設定
GPUほか各種オーバークロック

その他
設定プロファイルを5個作成可能。
ソフトのスキンを変更可能。
言語を複数収録(日本語もあり)


📖 ソフトの日本語化 >目次へ戻る
pht_afb1.jpg pht_afb2.jpg
インストールして起動すると、ソフトが2つ立ち上がると思う。
※左のソフトは見た目=スキンが異なる可能性あり(上画像の赤い外見ほか変更できる)
※右のソフトは最小化されている可能性あり。

左・AfterBuner…メイン
右・RivaTuner Statistics Server…サブ
この2本は連動しており、片方だけ使うことは基本的にできない。
タスクバーには以下のアイコンで表示される。
pht_afbt.gif


AfterBurnerの日本語化

pht_afb4.gif pht_afb5.gif
AfterBuner右下の「Setting」をクリック。 ※違うスキンの場合はスパナ・アイコン。
設定画面が開いたらUser Interfaceタブ>プルダウンからJapaneseを選びOK(左画像)
もう一度Settingを開くと日本語化されているが、英語のままの項目も多い (右画像)
スキンもこのタブで変更できる。

RivaTuner Statistics Serverの方は、残念ながら日本語は収録されていないが
特に難しい設定もない。以下、必要な部分のみ画像で解説しているのでぜひご参考に。


📖 使い方 「FPS表示やGPU使用率表示」 >目次へ戻る
pht_afb6.gif pht_afb7.gif
「モニタリング」タブのグラフ一覧から、① 表示したい項目を選び、
② 「オンスクリーンディスプレイでの表示」にチェックを入れてOK。
FPSは中ほどにある「フレームレート」の項目だ。

③ 「オンスクリーンティスプレイの切り替え」に任意のキーを入力。
これがゲーム画面でのモニタリング表示のONOFFボタンになる。
ゲーム内では使わないキーを設定しよう。

pht_afb8.jpg pht_afb9.jpg
左画像:RivaTuner Statistics Serverの方も要設定。④の部分をONにする。
その下の各項目は見た目。下の表示例で確認しながら、好みに合わせて変更。

右画像:ゲーム画面での表示。私の場合、GPU,CPU,メモリ,FPSに絞っている。
なお、この画像だけで何のゲームが分かる方は、相当なサイレントアサシンだろう。


📖 使い方「動画の録画設定」 >目次へ戻る
pht_afb11b.gif
① 「ビデオキャプチャ」タブから、動画撮影のONOFFキーを任意設定。
Video prerecordの方は、録画の自動停止設定ができる。
○○秒になったら停止とか、○GBに達したら停止とか、結構便利。

画質や保存形式は、PCスペックや、ゲームによって最適な設定が変わる。
録画したいゲームで実験しながら最適な設定を探るしかない。

② 最後に、動画の保存場所を設定してOK。
ゲームを開始後、①で設定したキーが録画開始・停止ボタンになる。
FPS表示させると録画中マークがクルクル回っているのを確認できる。


📖 使い方「スクリーンショット撮影+画質比較」 >目次へ戻る
pht_afb10.gif
① 「スクリーンキャプチャ」タブを開き、撮影用キーを任意設定。
② 撮影画像の保存フォルダを設定してOK。
ゲーム中に①で設定したキーを押すと画面が撮影される。

※ 保存形式や画質も設定できるが、分からなければそのままでOK。
PNGとBMPは非圧縮だが容量が重い。JPGは軽いが画像が荒くなる。以下の例を参照。


スクリーンショット撮影:JPGを圧縮度別に比較

※クリックすると全画面を表示。 ※いずれも非圧縮なので重いです。

kofxiii_jpg25pre.png kofxiii_jpg100pre.png
2Dゲーム「KOF13」 左:最低画質(25%)91kb  右:最高画質(100%)953kb

TESV_jpg25pre.png TESV_jpg100pre.png
3Dゲーム「SKYRIM」 左:最低画質(25%)106kb  右:最高画質(100%)1.04mb

極端な比較例だが、画質が低いと細部が粗くなり色味が一部落ちる。
単色部分の多い2Dゲームは特に劣化が目立つ。
ただ、画質が高すぎると容量がかさむので、85%位が妥当だと思う。

ちなみに当ラボの他記事で使用しているゲーム画像の多くが、
75%で撮影したものをさらにグラフィックソフトで圧縮したものだ。
こだわらなければ、それ位でいいかもしれない。


📖 他の代替ソフト一例 >目次へ戻る

残念ながら、AfterBunerの機能が使えないゲームもたまにある。
そんな時に私が使っている代替ソフトをご紹介。

FPS表示、動画撮影、スクショ撮影が可能だが、フリー版と有料版がある。
フリー版は制限があり、スクショがBMPのみなのが難点。
このジャンルでは有名なソフトで、私も当初このソフトを使っていた。

スクショ撮影特化ソフト。フリー。
JPG、BMP、PNG、GIFから選択可能。それぞれ画質設定も可能。
ゲーム以外でもいつでも撮影できる。とても便利。
(掲載したゲーム画面以外の画像はすべてこのソフトで撮影)


また機会があれば、色々な便利ソフトをご紹介したいと思います。


 JJ voice

ちなみに、これら3本をもってしてもSS撮影できないゲームもたまにあります。
そういう時は、Windows標準のペイント+printキーが大活躍。
だが!それさえも効かないゲームがごくごくたまに……

そんな厄介な奴が相手なら
「モニターごとカメラ撮影拳」 を使わざるを得ない!

ただググってみると、普通にSS撮影できている人もいるようなので
恐らくOSかグラフィックボード関連の問題なのかな。

この記事へのコメント

  • アフターバーナーのバージョンは同じなのにキャプチャ機能がないっす・・・・
    ダウンロードページも落ちてるぽいし・・・同じバージョンなのにキャプチャ機能がないのはなんででしょうかねぇorz
    2017年08月25日 09:26
  • JJ

    ダウンロードページが変わっていましたので、最新版リンクへ更新しました。
    最新版テストは手元にない別PCで行いますので、後日改めてコメントします。

    私と同じバージョン4.2でキャプチャ機能がないのは…
    仕様変更か、ファイル破損か、原因は分かりかねます。
    2017年08月26日 00:55
  • JJ

    遅くなりましたが、最新版4.4.0で確認できました。
    記事と同じく「スクリーンキャプチャ」「ビデオキャプチャ」機能がありました。
    (スクショ画像)http://jj-labo.up.seesaa.net/image/afb440.jpg
    (ダウンロード)https://www.msi.com/page/afterburner

    Downloads > MSI Afterburner Beta で最新版4.4.0が入手できます。
    もしインストールしてもキャプチャがない場合は、PC環境依存の現象と思われます。
    他のキャプチャソフトと併用するか、類似ソフトを代用するしか思い浮かびません。
    2017年09月03日 23:44

人気記事