【STEAMに国産ゲーム多数発表】RPGからアクションまで8本。 イースVIIIも登場、日本一ソフトウェア・アメリカ 2017年リリース

nis-america-news-201702.jpg
NIS America(日本一ソフトウェア子会社)のサンフランシスコで開かれた
プレスイベントにて、同社が配信担当する新タイトルや発売時期が発表された。
STEAM(PC)タイトルも多数含まれており、まさかの『イース8』の名前も。
それぞれSTEAMストアも開設されており、日本語対応表記もいくつか見られる。

 各タイトルをチェックしていこう
2017年秋リリース予定、STEAMストア表記では日本語対応(UI、音声、字幕)
配信:NIS America, Inc. 開発:Nihon Falcom

掲載PVは既に発売しているVita版。60FPS対応やグラフィックの高解像度化、
エフェクト強化ほか、新アクション導入による操作性向上が挙げられている。
STEAMストアPVにて「英語とフランス語での発売」と強調している事から、
ストアにある日本語対応表記について不安が残るが、続報を待ちたいところ。

そして気になるのは、中国・香港・台湾で発売されなかったイース7 PC版。
もはや諦めていたが、ぜひ今回の動きがSTEAM発売へつながる事を期待したい。
私にとってイース1~6、フェルガナ、オリジンは今でも好きなシリーズなのだ。


2017年3月28日リリース予定、ストア表記では日本語対応(UI、音声、字幕)
配信:NIS America 開発:MAGES , 5pb , Experience ※PVはVITA版

GENERATION XTH(ジェネレーションエクス)のリメイク。元はPCパッケージ発売。
三部作の初期2作『CODE HAZARD』『CODE BREAKER』の範囲まで収録されている。
パーティメンバー作成に始まるWIZライクな3DダンジョンRPG。育成の幅も結構広い。

2014年VITAにてリメイク発売され、今風のアートワーク&ボイスが搭載されている。
本シリーズは、架空の現代日本を舞台にした学園モノで、物語の政治的なネタも特徴。
またBGMが熱くてカッコいい。大作RPGに引けを取らない良曲揃いだ。


2017年5月17日リリース予定、ストア表記では日本語対応(UI、音声、字幕)
配信:NIS America 開発:MAGES , 5pb , Experience ※PVはVITA版

GENERATION XTH(ジェネレーションエクス)のリメイク。上タイトルの続編。
三部作の最終章『CODE REALIZE(コードリアライズ)』を元にしている。
1人で2ジョブを扱えるクロスブラッドシステム、新アイテムや新スキルほか、
各種快適化や新要素が加えられている。基本システムは前作同様となる。

原作PC版や2015年発売のVITA版では、前作セーブからの引継ぎ要素もあったが、
STEAM版での変更点は現在不明。物語的には繋がりのある前作から楽しみたい。


2017年4月12日リリース予定、ストア表記では日本語対応(UI、字幕)
配信:NIS America 開発:Nippon Ichi Software ※PVはVITA版

古城で目覚めた少女。その身に受けた呪いにより、時間を操る力を持っていた。
そして怪力を持つ謎の巨人。それぞれ力を駆使して助け合いながら脱出を目指す。
だが、能力を使うなかで時折垣間見える記憶……果たして何が起こったのか……?
印象的なアートワークの、パズル要素高めの横スクロールアクション。


2017年5月10日リリース予定、ストア表記では日本語なし
配信:NIS America 開発:ARC SYSTEM WORKS , TOYBOX ※PVはPS4版

牧場物語シリーズの和田康宏氏が開発プロデュースを務めた作品。
海や山を作り、気候を変動させ、自由に地形を生成していくことで、
そこに適した生命が誕生する。彼らを見守り、時には進化させながら
独自の生態系を作り出していく、サンドボックス型シミュレーション。
約50億年!にも及ぶストーリーモードも用意されている。(現実では約30時間)


2017年6月7日リリース予定、ストア表記では日本語対応(UI、字幕)
配信:NIS America 開発:Nippon Ichi Software ※PVはVITA版

『クラシックダンジョン』シリーズ最新作。元のVITA版は2016年発売。
死者の世界から脱出すべく冒険を繰り広げる、戦国和風アクションRPG。
「ゆきむら」ほか大勢武将がおり、様々なトラップや敵が用意された
沢山のダンジョンを踏破しながら、未練に縛られた彼ら魂を開放していく。
多彩な職業や育成システム、日本一ソフトウェアらしくやり込み要素満載。


2017年秋リリース予定、ストア表記では日本語対応(UI、音声、字幕)
配信:NIS America 開発:SUSHI TYPHOON GAMES ※PVはVITA版

元は2016年VITA発売。東京23区や市を女の子として擬人化した異色ゲーム。
特殊な力を持つ「刺青」によってパートナーである女の子達を強化していき、
敵対する東京23区の制覇を目指す、仁義なき都市制圧型ストラテジー。



今回発表されたSTEAM配信タイトルは以上。
追記:同じく発表されたアドベンチャー『Psycho-Pass: Mandatory Happiness(サイコパス 選択なき幸福)』。現在は日本からのSTEAMストア・アクセス規制がかかっていが、日本国内向けにも5月に配信予定との事。
他にも元からの配信予定作品はあるが、また後日ご紹介するかもしれません。


 JJ VOICE

日本一ソフトウェアと言えば、昨年から『ディスガイア』シリーズほか
沢山の国産ゲームを、日本語対応でSTEAM配信してきた優良メーカー。
まだ2月時点にも関わらず、多彩なラインナップとなった。
今年も期待して注目していきたいね。

この記事へのコメント

人気記事