Originの使い方(リニューアル版)~ゲーム追加方法・設定ほか~

bn_origin.jpg
SteamやUplayと同様のPCゲーム管理ソフト Origin (オリジン)。
Originとは、大手エレクトロニックアーツ開発・運営のサービスです。
同名ゲームDL販売サイトと連動しており、最近リニューアルしました。
今回は基本的な使い方をご紹介したいと思います。



📖 Originの基本的な使い方(準備~レイアウト) >目次へ戻る
pht_origin_0.jpg
Originをダウンロード&インストール。Windows10 64bitで動作確認済。
EAアカウント作成も必須。いずれもガイダンスに従うだけなので簡単です。

pht_origin_1.jpg
Originゲームライブラリ画面(リニューアル版) サイトとデザイン統一。左下はプロフ。


📖 Originの各種設定 >目次へ戻る

※変更は必須ではありません。不要な方は飛ばしてOKです。
必要になりやすい項目の設定例です。 メニューのOrigin>アプリケーション設定から入れます。

pht_origin_2.jpg pht_origin_3.jpg
左画像。デフォルト画面を「ゲームライブラリ」に変更。Origin起動時の画面です。
もし日本語表示されてない場合もここで変更できます。 Languageから日本語。

右画像。インストール&保存項目では、ゲームのインストール先を確認・変更できます。
クラウドはオンを推奨。PC側のデータ消失時の頼みの綱です。


📖 ゲームの追加方法(登録~インストール) >目次へ戻る
pht_origin_20.jpg pht_origin_code.jpg
Origin以外から購入した場合、ライブラリ右上「ゲームを追加」をクリック。
「製品コードを利用」を選択し、購入したゲームのプロダクトコードを入力。
コードはゲーム購入時に届くメールか、購入サイトで確認できます。

Originから購入した場合、自動的にライブラリに追加されます。
追加されない場合は、左上メニューのゲーム>ライブラリの再読込みで反映されます。

pht_origin_6.gif
ゲームのインストール方法は、ライブラリのゲームをクリックして「ダウンロード」
言語選択で日本語があれば選んで「承認」 ショートカットは好みで設定。
また規約が表示される場合は合意にチェックして「次へ」で、インストールが始まる。


📖 Originの基本的なメンテナンス >目次へ戻る
pht_origin_4.jpg
ゲームの整合性確認方法(修復)
Steamの『ゲームの整合性確認』と同じような機能があります。名称は『修復』 
ライブラリのゲームを右クリックから選べます。

ファイル破損によるエラーなど、これで修復できる場合があります。
※MODなどは消える可能性もあるため、必要ファイルは要バックアップ


pht_origin_5.gif
アンインストールや、アップデート、ゲームプロパティほか機能全般も、
ライブラリのゲームを右クリックすると表示されます。
ゲームごとの起動オプションはゲームのプロパティから設定可能。

基本的な使い方は以上です。
フレンド関連についてはチャット・ボイス・通知機能もあります。
なお、レイアウトや機能はアップデートで変わる可能性もあります。


📖 Originを(数年)使ってみた感想 >目次へ戻る
pht_origin_game_1.jpg pht_origin_game_2.jpg
pht_origin_game_3.jpg pht_origin_game_4.jpg
数年前のBF1942無料配布で初めて使用したOrigin。
昨今の無料配布のほか少しずつ買いたしながら、遊んできたが
印象は 「可もなく不可もない、標準的なゲームクライアント」

一通りのゲーム・メンテナンス機能は揃っており、低負荷で邪魔にならない。
ただ、スクリーンショット機能はなく、ウィッシュリストやレビュー機能もない。
マイページに至ってはアカウント関連機能のみ、デコれるUplay以上に簡素だ。
STEAMのようにコミュニティや、幅広いコミュニケーションをサポートする側面は薄く
あくまでゲーム管理に絞ったソフト。 リニューアルでより分かりやすくなった印象もある。

最近、月に1~2回とアップデートが多すぎる印象もあるが、
純粋にゲームクライアントとしては、問題なく使えている。


 JJ voice

ふとリニューアルしている事に気付いたのが先週末。改めて記事にまとめました。
あまり話題にもなっていないオリジン・リニューアルですが、ソフトはいいとして
サイトの方は少し見にくくなった気がします。 縦細ゲームリスト…その内なじむのかな。


この記事へのコメント

人気記事