[レビュー&内容紹介] スプリンターセル 二重スパイ SPLINTER CELL 4 DOUBLE AGENT PC 微妙な意欲作

bn_splintercell_doubleagant.jpg
スプリンターセル4作目。テーマに惹かれて、評価を気にせず購入したPC版。
長い戦いの末、ようやくクリア。バグについては別記事でご紹介しましたので
今回は「ゲームとして面白いか?」に焦点。レビューを兼ねて内容をご紹介します。

🎥 ゲーム特徴紹介
SPLINTER CELL : DOUBLE AGENT
STEAM評価 賛否両論、通常1200円、日本語なし

操作性やシステムなど3作目カオスセオリーまでの旧シリーズをベースに、
物語性や「二重スパイ」という要素により、旧シリーズとの差別化を図った意欲作。
マルチエンディング制で、ある選択肢が、5作目コンヴィクションへとつながる。

📝 ストーリーはどうか
pht_splintercell4_1.jpg
主人公サム・フィッシャーはアメリカNSAの秘密機関サード・エシュロン所属の
凄腕工作員。 ゲーマー間では親しみを込めて「サムおじさん」と呼ばれている。
本作は、巨大テロ組織JBAに犯罪者を装って潜入し、陰謀を調査する物語だ。
なお、スパイ・ガジェットは多彩だが、そもそも武器を使えないステージが多い。

pht_splintercell4_6.jpg pht_splintercell4_3.jpg
コンセプトは面白く、犯罪者を装うためショッキングな選択肢もあり、
後半まで結構ハラハラドキドキしながらワクワク遊べた。
本作のヒロインとも言えるJBAのエンリカの存在も悪くない。 だが……

二重スパイ… どちらが本当の自分なのか?  迷うまでもない。

プレイヤーが選択を悩むような、それぞれに共感できる深い内容は描かれない。
テロリスト達の一枚岩ではない内情も垣間見られるが、潜入ミッション感覚止まりだ。
仲間がサムの窮地に駆けつけて共闘するとか、もっと親しく交流を深め合うとか、
JBAへの分かりやすい感情移入イベントが沢山あれば、印象も違ったかもしれない。

💥 残念な点

最も残念なのは、大量のバグだが、今回は割愛。

pht_splintercell4_4.jpg pht_splintercell4_5.jpg
肝心の信頼度システムが中途半端
プレイ前は善悪2周、新鮮に遊べるかな?と楽しみにしていたが、
多少変化があるだけで、どちらに偏っても物語がほぼ同じというご都合展開だった。
エンディングは多少異なり真EDステージもあるが、それ以外はステージもミッションもほぼ同じ。

NSA、JBAそれぞれ信頼度・任務があり、ミッション結果次第で信頼度が上下する。 
信頼度維持は簡単すぎる位だが、信頼ゼロになるとゲームオーバーなのは微妙。
せめて完全に善悪ルート入りするとかなら良かったのだが。

pht_splintercell4_13.jpg pht_splintercell4_12.jpg
プレイの自由度も落ちた
前作までは完全ステルスも完全殲滅もある程度は自由だった。
本作は敵を始末するたび、一部を除きNSAの信頼度が下がるためステルス必須。
ノーアラート不殺プレイを目指さざるを得ない。戦闘はどうしようもない時の最終手段。

前作まで一人一人片付けていく殲滅プレイばかりしていた私としては
ステルス難易度の高いエリアが本当にキツかった。 リロード回数はシリーズ最多だ。

pht_splintercell4_14.jpg pht_splintercell4_15.jpg
もっさりした操作感
わずかだが、前作までの方がスピーディに感じる。
リアル挙動にこだわってモッサリした印象。1つ1つの動作はリアルだが
各動作間のつなぎモーションや、一部NPC挙動はリアルとは程遠い。

ほかTPSなら簡単にジャンプできる段差や低い手すりなどを越えられないなど
設定された箇所しか「越えられない掴めない」というゲーム的ルート制限も不自然さが際立つ。

 良い点
pht_splintercell4_7.jpg pht_splintercell4_8.jpg
サムおじさんのグラフィックが結構綺麗
人物描写、特にサムは綺麗で2006年製としては高水準。
汗や肌のしわ、筋肉感など、結構リアルで熱苦しささえ漂う。
マップのグラフィックについてはエリアによって差が大きい。
パッと見では綺麗に見える場所も多いが、前作より荒いエリアもある。

pht_splintercell4_9.jpg pht_spcell4a1.jpg
pht_spcell4a2.jpg pht_spcell4a4.jpg
明るいマップが増えて新鮮
昼間など明るいマップが大幅に増えたので目に優しく、新鮮味がある。
前作までは、ゲーム自体は楽しいものの、とにかく薄暗いステージが多く
新しいミッションが始まっても、あまりワクワク感はなかった。

本作では明るく、マップも広く、ロケーションもそこそこ多彩なので、
観光気分も楽しめる。ゲーム観光でSS撮影が趣味の私には高ポイント。
ただ……JBA本部ミッションがあまりにも多すぎる。全体の1/3近くもある。

📝 まとめ
pht_splintercell4_16.jpg
シリーズファンとしては、やっておいて損はないと思ったが、
ゲーム自体は思い切りが足りず、アイデアを活かしきれない意欲作。
確かに面白さはあるが、全体的に微妙な印象だった。

正直、3作目カオスセオリーや、5作目コンヴィクションの方が遥かに面白い。
バグがなかったとしても、シリーズファン以外にはおすすめすべきか迷う作品。


シリーズ関連記事

 JJ voice

しかし、本作のサムおじさんは一気に老けた印象だったなあ。
辛い事件があったとは言え、それまでの精悍な顔立ちが嘘のように。
むしろ、次回作以降の方が若々しいという不思議。
次回はメジャー路線になったのでイケメン補正がかかったのかもしれない(笑)

この記事へのコメント

人気記事