PCゲーム無料配布『The Deed』犯人主人公の完全犯罪パズル的な海外短編分岐アドベンチャー [Indie Gala/DRMフリー]

the_deed_game.jpg
犯人サイドの完全犯罪パズル的な短編分岐ADV『The Deed』 
DRMフリー版が Indie Gala のセールプロモーションにて無料配布。
執筆時点では配布期間は未発表。 すぐ終了する可能性もあります。


💥 The Deed Give Away
リンク先が異なったり「LOGIN TO ADD TO YOUR LIBRARY」ボタンがなくなれば配布終了。
直接ダウンロードまたは、Indie Galaマイページ → SHOWCASE LIBRARY → WinからもDL可能。

STEAMでの評価:非常に好評 定価80円 配信GrabTheGames, WhisperGames 日本語なし


the_deed_game10.jpg
彼を待ち受けるのは 監獄か それとも? 異色の殺人事件アドベンチャー
父親や妹に虐げられてきた過去を抱えている主人公青年アラン。
あろうことか父はアランの相続権を奪い妹へ譲ろうとしている!
「妹を排除して相続権を取り戻す」決意を胸に帰省するのだった……

本作は4パート構成となっており、初見20分ほど。2周目は10分かからない。
「準備 → 夕食 → 仕込み&犯行 → 事情聴取」にシーンが分かれている。
それでは以下、順を追って見ていきたい。


💥 The Deed ゲームの流れ
the_deed_steam03.jpg the_deed_steam01.jpg
第一幕「準備」
オープニングが終わったら(スキップ可能)、家内を自由散策しながら
情報収集できる。 証拠や凶器などのアイテムも色々用意されており
2つ入手した時点でディナーが始まる。


第二幕「夕食」
家族4人揃ってディナータイム。使用人や家族との会話選択肢があり
選んだ内容によっては、後々に影響してくる。


第三幕「仕込み、そして決行」
入手した証拠アイテムを誰かの部屋に仕込んだり、最終準備が終わったら
ついに決行の刻。シナリオ的に避けられない。


the_deed_game02.jpg
第四幕「取り調べ」
捜査にきた刑事からの質問に答えていく。これまで選んだ会話選択肢や
証拠を仕込んだ相手、凶器などに応じて、様々な会話が用意されている。
変な回答をしたり、嘘をついたり、正直に答えたり……未来の分かれ道。

そしてエピローグで結末が物語られる。



💥 The Deed 紹介の最後に
the_deed_steam07.jpg
ショッキングなテーマの、完全犯罪パズル的なゲーム。
家族や使用人の関係、会話内容を把握した2周目からが本番。
どの証拠&凶器でどうやって身代わりを仕立て上げるかの試行錯誤や、
取り調べの質問にどう答えるかの心理戦が本作の山場でありドキドキ。

「ほう? それはおかしいですね… (見透かしているような刑事の視線)」
「私は使用人に分別を教えたのだ。謝らないぞ!(虚勢を張って焦点誘導)」

そんな会話内容を楽しむ作品のため、英語は読む必要もあるが
選択肢を読むだけでも何となくは把握できた。
万人向けではないものの、興味深いゲーム。
逆立場の犯行阻止ゲームでも面白かったかもしれない。



🍸 JJ VOICE

テーマはさておき、こういったアイデア勝負の作品は結構好きです。
国内ツクールADVでも昔は変わったゲームばかり探していました(笑)
最近はプレイ予定の積みゲーが多すぎて中々発掘できていませんが
こうやって無料配布をキッカケにたまに未知体験できるのはいいですね。


関連記事

この記事へのコメント

人気記事