『Dの食卓』がPC版となって発売! 32bit次世代機の話題作…ローラの悲劇再び。D: The Game/GOG/STEAM

bn_dgm.jpg
Dの食卓 D: THE GAME

セガサターン…PS…32bit次世代ゲーム機で話題一色だった1995年…
故・飯野賢治氏率いるWARPから伝説の怪作『Dの食卓』が登場した。
あれから21年を経て、ついにGOG.comからPC版として発売開始!
追記:STEAMストアでも販売開始!リンクを追加しました。


📺 ゲーム紹介
GOGは5.99ドル、STEAMは598円 ※どちらも日本語なし

病院で銃乱射事件を起こし立てこもる父親。
説得へ向かった娘ローラを待っていたものは…
狂気の罠が仕掛けられた不気味な古城への入り口だった…

pht_dgm1.jpg
〝インタラクティブ・シネマ”と銘打たれた一人称視点ADV
2時間以内に父親の元へ辿り着かないといけない結構シビアなゲームだ。
当時のゲーム機の最先端3DCG空間のなかを、謎を解きながら進んでいく。
最近のゲームのように自由には動けず、移動や行動はゆったりムービー、
立ち止まると静止画で前後左右など視点切替するシステム。

pht_dgm4.jpg
ローラ… ローラ…! ここへ来てはいけない……
ホラー色がとても強く、音声や効果音が不気味だった。
幼少時代、友達と一緒にビクビクしながら遊んだ記憶がある。
映画『羊たちの沈黙』のレクター博士を彷彿させる父親は怖かった。
今遊べば、子供の頃は気付かなかったモチーフなど発見も色々ありそうだ。

pht_dgm3.jpg



 JJ voice

『Dの食卓2』も色々な意味で面白かったが、
私は次作である『エネミー・ゼロ』が一番大好きだった。
あの音だけを頼りに見えない敵と戦うたまらない緊張感…
当時は結局クリアできなかったが、大人になった今なら…

ぜひE0の方もPC版を期待したい。

この記事へのコメント

人気記事