STEAM/手書きアートの良質デジタル絵本『A Raven Monologue』『Banyu Lintar Angin - Little Storm -』作品紹介&感想 [無料配信]

546908490.jpg
嬉しさ…切なさ…あたたかな郷愁__ほんの数分間の豊かな体験。 
手書きアートによる良質デジタル絵本『A Raven Monologue』、
Banyu Lintar Angin - Little Storm -』の2本をご紹介します。
言語不要、インドネシアのインディ Mojiken Studio 制作作品です。


 A Raven Monologue 作品紹介&感想
無料(ファンへ向けた有料DLCあり)、 開発:Mojiken Studio、 言語不要

A-Raven-Monologue-1.jpg
美しいボーカル曲で始まる、椅子に座ったカラス紳士のモノローグ。
絵本をめくるように右へと進んでいき、端まで来たら折り返す。
1ページ目まで戻れば始まりの光景、椅子に座ったカラス紳士。

でも違う。もう…違う。

彼の気持ちを知ってしまった私達はきっと
確かめるように……または何かを信じて……
再びページをめくる事だろう。

A-Raven-Monologue-2.jpg
明確な答えのない、いかようにも解釈できる物語。
美しく切ないBGMも相まって、とても心動かされる体験だった。
インタラクティブ絵本と言うべき、新たな表現を垣間見た気がする。

有料DLCでは、高解像度PC・モバイル壁紙や開発スケッチほか収録。
作品の雰囲気が気に入ったら、検討してみるのもいいかもしれない。



 Banyu Lintar Angin - Little Storm -  作品紹介&感想
無料(ファンへ向けた有料DLCあり)、 開発:Mojiken Studio、 言語不要

Banyu-Lintar-Angin-2.jpg
手書きアートによる「心温まる」超短編デジタル絵本。
上作品を先にプレイしてからこちらをプレイすると心に優しい。
システムは同じく、右へめくっていく。物語は全く異なる。

Banyu-Lintar-Angin-1.jpg
インドネシア農村部に暮らす、3人兄妹のごく普通の生活が描かれる。
日本でも馴染みやすい可愛い絵柄や、子供時代を思い出す懐かしい情景、
とてもホッとした気持ちになる、ステキな一陣の嵐だった。

こちらも有料DLCにて、HD版イラストPDFほか収録されている。
両作品とも、ぜひ時間と心に余裕のある時にプレイしたい。



 JJ voice

郊外の住宅街、希望と不安を抱えた朝、ゆっくり時の流れる昼下がり、
夕焼けの公園、雨の日の匂い、家族と過ごす他愛もなく大切な時間…
忘れかけていた色々な気持ちを思い出しました。

以前にも書きましたが、東南アジア圏は日本に美的感性が近いと聞きます。
描かれている情景は「日本」と言われても違和感がほぼありませんでした。
子供時代に育ってきた環境が似ているのかな。
色々な国の日常生活を見てみたくなりますね。


この記事へのコメント

  • 確かに、小道具や風景、土足禁止な生活スタイルなどが日本にかなり近くてちょっとびっくり。これは言われないとパッと見じゃ気付きませんね。
    2018年01月16日 00:13
  • JJ

    欧米あたりは映画やドラマで観る限りまるで別世界ですが、
    こんなに似た雰囲気の国もあるんだなと驚きました。
    実際に見てみたくなりますね。
    2018年01月17日 00:27

人気記事