PCゲーム無料配布『Airport Madness: World Edition』飛行機を誘導せよ! 航空管制官シミュレーション [Indie Gala]

Airport_Madness_World_Edition__indiegala.jpg
航空管制官シミュレーション『Airport Madness: World Edition』 
DRMフリー版が Indie Gala セールプロモーションにて無料配布。
執筆時点では配布期間は未発表。 すぐ終了する可能性もあります。


Airport Madness: World Edition >>> Give Away

リンク先が異なったり「LOGIN TO ADD TO YOUR LIBRARY」ボタンがなくなれば配布終了。
登録後、Indie Galaマイページ → Showcase → PCアイコンからダウンロード。

STEAMでの評価 ほぼ好評 定価980円 配信 Big Fat Simulations Inc. 日本語なし


Airport_Madness_World_Edition__image06.jpg
飛行機を誘導せよ!  航空管制官シミュレーション
10種類の世界の空港が用意されており(残念ながら日本はない)
飛行機を安全に飛び立たせたり、安全に着陸させるのに加えて
発着&移動タイミングなども細かく指示していくゲーム。

Airport_Madness_World_Edition__image03.jpg Airport_Madness_World_Edition__image02.jpg
ぶつかると大惨事=GAME OVER
リアルタイムだが一時停止はできる。
モードは複数あり。


Airport_Madness_World_Edition__image05.jpg
空港ごとに「滑走路、待機場、乗降ゲート」など配置や広さが異なり
どんどん飛んでくる到着便も考えながら、地上の飛行機に指示。例えば

「HAHA 面白いジョークだ。 さて飛行機A、そろそろ滑走路 01 へ向かってくれ」
「待て危ない! 飛行機 Bと Cが交差する滑走路に着陸しようとしている!」
「そこのB! 直ちに別の滑走路へ進路変更せよ。Cはスピードを落とさないか」
「待たせたな A… 大丈夫かい? さあ今の内に飛ぶんだ、私が時間を稼いでやる!」

など、即興でタイミング判断&指示していく。まさに空の交通整理。
あらゆるスペースが限られているため、飛行機を留めてはおけない。
着陸した飛行機の乗り降りが済んだら、どんどんテイクオフさせるのだ。


Airport_Madness_World_Edition__image04.jpg
シンプルながら、意外と面白い体験だった。
へえ、空港ってこんな仕組みなんだ!?
と勉強になったゲーム。



 JJ VOICE  air system

「♪  只今より亜空間行き第0便の搭乗を開始いたします」
そんなアナウンスにロマンを感じる施設……空港。

先記事の港に次いで、好きな場所です。
やや遠いため、時々行っていた位ですが展望デッキから
飛行機を眺めたり、ショップのお土産を見たりが楽しい。
今は近寄れませんが、安全になったらまた遊びに行きたい。

ちなみにミリタリーっぽい服や小物が好きなので
搭乗ゲートでセキュリティに2~3職質された痛い想い出も。
海外へ行く時は普通っぽい恰好をしなきゃと学びました(笑)


執筆時点では以下も無料配布中

この記事へのコメント

人気記事