STEAMゲームでお勉強『Alphabear Hardcover Edition』かわいいクマの英語閃きパズル [紹介&感想]

Alphabear_freeweekend.jpg
STEAMゲームAlphabear Hardcover Edition
かわいいクマの英単語ひらめきパズル。頭をひねる作品。
プレイ感想を兼ねて、カンタンにゲーム特徴をご紹介します。


 Alphabear Hardcover Edition
定価 980円、好評、 開発:Spry Fox LLC、 日本語なし


Alphabear_2.jpg
かわいいクマさんと英語であそぼ! 閃き単語パズルゲーム
画面内にあるアルファベットで英単語を作ると、得点がもらえて単語は消滅。
空いたスペースに合わせて、クマさんがびよ~~んと成長するのだ!
長い単語ほどハイスコア。意味も教えてくれるため勉強にもなる。


Alphabear_1.jpg Alphabear_3.jpg
使わないアルファベットは一定ターンで石になり、クマの成長を妨げる。
クマが大きいほど、ゲーム終了後に高得点が追加されるので、
残りターン数も考えながら、アルファベットを取捨選択しよう。
長い単語で減らしたいが、減らしすぎると単語を作りづらくなる。
そんな1手先、2手先を考えながらの試行錯誤が楽しいゲーム。


Alphabear_6.jpg Alphabear_7.jpg
ステージ進行に応じて、沢山のクマがアンロック。
「特定アルファベットで得点UP」「終了時に得点UP」など
それぞれ能力が異なり、ステージ開始前に3匹選んでスタート。
単語パズルと言えば引くけれど、やはりキャラがいると印象が変わるね。


Alphabear_5.jpg
プレイしてみて自分の英単語ボキャブラリーの少なさを思い知らされた(笑)
5文字単語までしか思い浮かばず。 HELLO! FIGHT! DESTORY(あ…7文字)
ぜひ日本語版も作って頂きたいと切に感じたゲーム。



 JJ voice

小学中学時代にこのゲームがあったなら…!
海外ドラマや映画の影響もあって英会話は好きなのですが、
文法は超苦手。ボキャブラリーの少なさが切実に悩ましい。
時々海外の人と話す機会があっても、単語が出てこない。

「Ah...Uh...Oh...yeah...   Damn My Vocabulary !!」状態。
海外旅行に一度行った時は、単語を並べて説明しようと
ゆっくり丁寧に話そうと、全然通じない店員さんに苦労しました。
リアルでは絶対使えないスラングはすぐ浮かぶのですけどね(笑)

この記事へのコメント

人気記事