Steam PC日本語版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』12月発売へ向けて体験版が配信 [DRAGON QUEST XI S: Definitive Edition]

DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition_demo.jpg
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 

国内向けにもSteam PC版ほか、XB1やXBOX Game Pass、PS4版など
2020年12月4日より発売予定のナンバリング最新作(Steamは5日発売)
原作は2017年、Switch版は2019年に発売されています。

先日 Steam、PS4、XB1にて無料体験版 が登場しましたので
軽いプレイ所感も兼ねてご紹介したいと思います。


DRAGON QUEST® XI S: Echoes of an Elusive Age™ Definitive Edition


定価5478円  配信 Square Enix  国内Steamでの購入は日本語対応の模様
無料体験版はプレイしてみた所、ボイス・字幕UIとも日本語対応でした。


DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image04.jpg
体験版では想定10時間の物語序盤が遊べます。製品に引継ぎ可能。

体験版クリア報酬として「スキルの種」が3つ貰えるとの事。
購入後は体験版が遊べなくなるため、報酬は購入前にクリアが必要。
あまり探索せず、サクサク進めれば6時間かからずクリアも可能です。

ちなみに主人公の名前はマジメに付ける事をお勧めします。
私は本作初見でハマり、つい最後まで遊んでしまいました。
最初からやり直すのは骨が折れるので、適当な名前を付けて後悔(笑)


DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image02.jpg dq11_2d_img03.jpg
DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image22.jpg dq11_2d_img01.jpg 
DQ 11S(海外名 Definitive Edition)の主な追加要素

・3Dモードと2Dモードの切替え(体験版は3Dのみ)
・ストーリー追加、オーケストラBGM追加
・ボイス追加(フルではないがイベントや戦闘時に喋る)

・戦闘スピード 3段階(最速だと早送り気味に)
・見た目変更装備の追加(全てではなく固有装備)
・過去作の世界を冒険する要素

・バトル画面内の移動、カメラ操作、ボイス演出追加
・新乗り物モンスター追加(それぞれ特徴が異なる)
・道中で仲間がついてくる視覚演出


ほか、それぞれ詳しくは公式サイトに記載あり。
無印版から細かな追加や変化もあるようです。


 DRAGON QUEST® XI S  ゲーム紹介
DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image03.jpg
「伝説の勇者」の生まれ変わり… 宿命を背負う旅物語。

勇者であるが故に… 命を狙われ追われる事となった主人公青年…。
旅のなかで色んな仲間達と出逢い、導かれながら真実を辿っていく。
シリアスな導入から引き込まれました。またサブタイトルでもある
「過ぎ去りし時」要素が物語にも攻略にも影響していきます。

DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image01.jpg DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image11.jpg
基本はストーリーに沿って探索していく、昔ながらの構成。
オープンワールドではなく、フィールドマップの端が繋がっている
エリア分割型となり、エリアごとに隠し宝箱ほか探索要素があります。

町などジャンプして屋根に登れたり、高低差を活かした構造も。
メインほかサブクエストも沢山用意されています。


DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image31.jpg
DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image24.jpg DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image14.jpg
戦闘はターン制コマンドバトル。シンボルエンカウント。

「ガンガン行こうぜ!」お馴染みオート命令、またはマニュアル操作も可能。
バトル中も武器変更できるため、状況に応じて武器固有技を使えたりも便利。

特殊要素としては、一定条件で強化状態「ゾーン」が発動、
仲間との「れんけい」特殊攻撃ができるようになります。

DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image27.jpg DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image26.jpg
仲間それぞれ固有武器ごとのスキルツリー、
素材&レシピを集めての装備クラフト鍛冶要素、
キャンプ地での朝昼夜など時間帯の調整要素も特徴。

セーブは「冒険の書」として教会などでの任意セーブのほか
チェックポイントごとのオートセーブにも対応しています。



 DQ11S - Steam版 気になるかもしれない点
DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image21.jpg
マウス&キーボードについて(基本はゲームパッドの方が快適)

WASD移動、Spaceジャンプ、Shiftダッシュ、マウスカメラ操作ながら、
メニューマウス選択やホイール選択は非対応、細かなキー設定は独特。

キーコンフィグしたい場合、タイトル画面には設定項目がないため
ゲーム中にメニューを開いて「さくせん → システム設定」から変更。

また、通常時はWSキーで項目選択、戦闘中は矢印キーで項目選択など
混乱しますが、戦闘をオートカメラ設定にするとWSキーでも選択可能に。
戦闘中に自由移動できなくなるものの、操作しやすくなります。

DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image19.jpg DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__setting.gif
PC向けグラフィック設定(画質・スクリーン切替)
カメラ設定、サウンド設定では英語ボイスにも対応。
個人的に移動中カメラのオートONOFF機能は、マウス派としては地味に良ポイント。


DRAGON_QUEST_XI_S_Definitive_Edition__image07.jpg
さて! 基本紹介は以上です。
未プレイの方はゲーム性やPC相性確認など
無料体験版を試してみる事をお勧めします。


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



🍸 JJ VOICE

『FF』は過去作も徐々にPC発売されてきていますが
『DQ』はメインのナンバリングではSteam第一弾。
海外向けに昔発売された無印版は日本語未対応のため
国内向けには要素追加版として正式発売となります。

2D版のドラクエしか遊んだ事のない私としては
進化したなあと新鮮に驚きながらテストプレイ。
昔ながらのリニア型や、国産RPGらしいマップ構造など
懐かしい気分でのんびり楽しむようなプレイ感覚でした。



この記事へのコメント

  • いま事前購入するならGreen Man Gamingがお得な様子でした。
    まず価格が39.99USDでSteamよりお得なのと、
    いまGMGトップページに出ているコードを購入時にカートに適用すると16%オフとなり、結果日本円にして3500円ほどで購入可能です。
    2020年11月05日 09:06

人気記事