斬新なSTEAM無料新作『Devolverland Expo』ゲーム内でゲームショー会場を探索! テーマパーク気分の一人称ステルスFPS風短編

Devolverland_Expo.jpg

ゲーム内で「ゲームショー会場」を一人称視点で探索する『Devolverland Expo』 
Steamにて数日前より無料配信されている一時間ほどの短編作品です。
アトラクション気分で面白い体験でしたので感想と共にご紹介します。


Devolverland Expo

無料  開発 Flying Wild Hog 配信 Devolver Digital 日本語なし


Devolverland_Expo__img13.jpg
ゲームショー会場を探索する一人称視点ステルスFPS!
の皮を被った『マーケティング・シミュレーター』

今年はコロナウイルスの影響で、世界中で沢山のイベントが中止。
色んな新作がお披露目される重要機会であるゲームショーも同様。

そんな状況を逆手にとったのが本作『Devolverland Expo』
開発は『Shadow Warrior』のスタジオ Flying Wild Hog。

 Devolverland_Expo__img14.jpg Devolverland_Expo__img12.jpg
大手ゲーム配信会社 Devolver Digitalのゲームショーも
中止になった… はずだが閉鎖中の会場の様子がおかしい…
一人称視点で潜入して、探索していくのだ。

Devolverland_Expo__img19.jpg Devolverland_Expo__img17.jpg
警備ドローンが巡回しており、見つかると一定時間で逮捕される。
でも安心。グッズ売り場で入手できるオモチャの銃があれば
少しだけ麻痺させられる。 難易度としてはVERY EASY



Devolverland_Expo__img9.jpg
非常に作り込まれた舞台セットを探索。

各ブースは、ゲームの世界観が表現されており
敵キャラなどの等身大模型、小物や装飾まで気合入っている。
実際こんな会場で遊べたらワクワクするだろうなと心躍った。

それぞれ大型スクリーンでゲームPVを一定時間観ると1つ目的達成。
これをブースごとに行っていく構成となっている。そして最後には…

Devolverland_Expo__img15.jpg Devolverland_Expo__img4.jpg
ブースの間にもアクセントとして、仕掛けが色々用意されている。
FPSお馴染みのダクトほか、ちょっとした探索ゲーム気分。
実績や収集要素もあり。



Devolverland Expo 紹介の最後に
Devolverland_Expo__img10.jpg
ゲームとして楽しみながら、新作情報に触れ、世界観を体験していく。
初めて3Dゲームを遊んだ時のような、未来を感じられるワクワク感。
ユーザーにとってはゲームだが、Devolver Digitalにとってはマーケティング。

TVやスマホ並みにVRシステムが気軽化すれば、
こういったバーチャル体験が日常的になるのかもしれない。


Devolverland_Expo__img11.jpg
クリア1時間ほどと短めながら結構な満足感。
テーマパークにやってきたような気分だった。
無料なのでぜひ遊びに行ってみてね(ゲーム内で)



 JJ VOICE

本作内のゲームリンクがあり、体験版も一部あります。
気になったあのゲームを遊べるかもしれません。
またウィッシュリストが増えてしまった(笑)


この記事へのコメント

人気記事