PCゲーム無料配布『Die Young』誘拐された島から脱出を目指す、一人称オープンワールド・アクション [Indie Gala 10周年/追記]

Die_Young__indiegala.jpg
オープンワールド・アクションADV『Die Young』 
DRMフリー版が Indie Galaの10周年記念として無料配布。

(12/26追記)セールのプロモーションにて再配布。
いつも以上にすぐ終了する可能性があります。


💥 Die Young 無料配布

リンク先が異なったり、入手ボタンがなくなれば配布終了。
登録後、Indie Galaマイページ → Showcase → PCアイコンからダウンロード。

STEAM評価 非常に好評 定価2050円 開発 IndieGala 日本語なし 約12.5GB


ss_32361d701f18251bb4ab4778.jpg
一人称視点オープンワールド・アクションADV

バカンスに訪れた先で誘拐されてしまった主人公…
ヤバい連中が徘徊する謎の島から脱出を目指すのだ!
行方不明になった友達も探さなければ……


Die_Young__img_add08.jpg
ss_053eb97f742e0b3740d43055.jpg Die_Young__img_add06.jpg
軽いサバイバルや物資クラフト、パルクール的な探索要素も特徴。
なお、前日譚にあたる『Die Young: Prologue』も配布。
そちらは先記事にてご紹介しています。


DieYoung-img-add.jpg
この背後にもずっと続いている。マップは結構広そうだ。
スタミナが多く、ダッシュも結構速くてGOOD



🍸 JJ VOICE「INDIEGALA CLIENTを使ってみた」
INDIEGALA_CLIENT_img.jpg INDIEGALA_CLIENT_img2.jpg
今回初めて導入してみた『INDIEGALA CLIENT
ライブラリ検索やお気に入り機能は便利。ただゲーム修復機能はなし。

追記:12月26日時点では、このクライアントを使わなくても
サイトから普通にダウンロードできるようになっています。
以下は12月5日当時のレポートです。



ダウンロード中表示でも、実は止まっている事があり、何度か停止&再開を数時間。
1~2回目のDL時はゲーム起動できず、3回目で起動できました。以下は経緯です。

1度目のダウンロード時(12/5)
DieYoung-Win64-Shipping.exe が CreateProcess() returned c1 エラー落ち。

2回目のダウンロード時(アンインストール後。12/5)
今度はUnreal Engine 4のクラッシュ画面でやはり起動できず。

3回目のダウンロード時(アンインストール後。12/6)
起動成功! 今回は一切止まることなく、2時間かからずDL完了したため
ファイルの破損がなかったのかもしれません。

Die_Young__dl_data.gif
(上画像は3回目の成功時の容量。1~2回目とは少々異なりました)


この記事へのコメント

  • JJ Fan

    20分程でダウンロード完了。
    私は、Free Download Managerというソフトウェアでいつもダウンロードしています。
    Indie Galaからのダウンロードも、いつも早いです。
    参考になれば幸いです。
    2021年12月05日 08:19

人気記事