PCゲーム無料配布『Disgraced』海外ツクール作品ながらサムライや忍者など和風世界RPG、ゲーム紹介 [Indie Gala]

Disgraced_steam.jpg
海外ツクール製ながら和風世界RPG『Disgraced』をご紹介。 
DRMフリー版が Indie Gala にて無料配布されていますが
試しに遊んでみると特色多い作品でしたのでピックアップ。
配布期間は未発表のため、すぐ終了する場合もあります。


 Disgraced about game
Disgraced_steam_image20.jpg

リンク先が異なったり「LOGIN TO ADD TO YOUR LIBRARY」ボタンがなくなれば配布終了。
登録後、Indie Galaマイページ → SHOWCASE LIBRARY → Winからダウンロード。

STEAMでの評価 非常に好評 定価930円 開発Corrosive Studios LLC 日本語なし


Disgraced_steam_image24.jpg
ツクール製の中世日本、オープンワールド型コマンドRPG

幕府の恐怖支配下にある架空日本…… 正義のため裏切った主人公となり
各地でクエストをこなしながら、レジスタンスとして戦っていく物語。
英語のみだが、1~2行のクエスト目的表示あり。

Disgraced_steam_image15.jpg Disgraced_steam_image13.jpg
最初にキャラメイクがあり、性別・名前・職業(農夫や盗賊ほか)をはじめ
洋ゲーらしく初期能力(様々なバフやスキルほか)にポイントを割り振れる。



Disgraced_steam_image01.jpg
基本システム紹介。

フィールドマップは自由探索できる、シンボルエンカウント戦闘。
村や町ほか、小探索エリアが隠れており近付くと発見できる。
それらは廃墟、イベント地、敵拠点ほか様々。

Disgraced_steam_image08.jpg Disgraced_steam_image04.jpg
仲間はイベント加入のほか雇用もでき、派閥要素も。
3人パーティー制で、控えメンバーと入替え可能。
それぞれ成長や装備編成できる。



Disgraced_steam_image07.jpg
ちょっと変わったシステム。

・セーブ回復ポイントや収納ボックスほか、
 資源があれば設備設置できる場所が各地にある。

・光っている場所では物資収集できるが、中身ランダム。
 運次第でかなり変わる。いきなりクエストアイテムが出た時も。

・アイテムを持ちすぎると重量で遅くなり、スタミナ消費も激しくなる。
 スタミナはダッシュに必要なため、戦闘を避ける時に残しておきたい。



Disgraced_steam_image23.jpg Disgraced_steam_image22.jpg
TIPS

・セーブ&休息は各地にあるゴザ(Bedroll)を使う。
 最初のゴザは、序盤戦闘後の村の右下小屋の地下にあり。
 収納箱も設置でき、荷物を預けられる。

・セーブは複数作れる。
・RPGツクール機能も共通(F12 リセットほか)


Disgraced_steam_image16.jpg
戦闘は主にシンボルエンカウント、シンプルなコマンド型。
物理属性の異なる近接武器ほか、弾薬制の遠距離武器あり。
弾薬(Ammo)も装備していないと攻撃できないため注意しよう。
状態異常が強い、難易度高めのゲーム。 逃げられる確率は低め。


Disgraced_steam_image12.jpg
中々凝っていて日本語が欲しくなるゲームだった。


 JJ VOICE

以前配布もあった『Waste Walkers』シリーズ開発者作品です。
あちらは現代ポストアポカリプス系のツクール製RPGでしたが
基本システムなど共通点も見られます。懐かしい。


本作が気に入れば、こちらもオススメ関連記事

この記事へのコメント

人気記事