Steam版が無料配信『Free Stars: The Ur-Quan Masters』往年ゲーム機3DOでも発売された宇宙航行STG/ADVのファンメイド作品

Free_Stars_The_UrQuan_Masters.jpg
往年ゲーム機3DOでも発売された『Star Control II』のファンメイド復刻版『Free Stars: The Ur-Quan Masters』、2024年2月よりSTEAM版が無料配信を開始しましたので、遊んでみた感想も兼ねてご紹介します。


Free Stars: The Ur-Quan Masters ゲーム紹介

無料 非常に好評 開発 Pistol Shrimp 日本語なし


Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image1.jpg
『Star Control II』ファンメイド無料作品として2024年復刻。

原作は1992年MS-DOS発売『Star Control II: The Ur-Quan Masters』。
そして往年ゲーム機「3DO」移植版をベースにオープンソース化された
2002年ファンメイド無料作品『The Ur-Quan Masters』が本作です。

STEAMで気軽に遊べるようになりました。
メインストーリーのほか、対戦モードも遊べます。


Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image4.jpg
Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image5.jpg Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image10.jpg
侵略勢力に立ち向かうため、宇宙を航行して方法を探る。

凶悪なエイリアンによって地球制圧されてしまった後の世界。
宇宙に逃れて建造された、最後の希望である船に乗り
他のエイリアンとも接触しながら奪還を目指していく。

太陽系をはじめ、銀河マップに大量の星がプロージャル生成。
オープンワールド型となっており、燃料がある限り自由航行。
何もない星も多いですが、資源やイベントがある星も。


Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image2.jpg
戦闘はイベント型で、上下左右ループ画面で戦う
クセの強い操作性の全方位シューティングです。

武器は自動チャージ時間がかかるため無駄撃ちせず狙う。
(一部のエイリアン船には手動チャージもあり)

Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__base.jpg Free_Stars_The_UrQuan_Masters__base2.jpg
最初は武器&性能すべて微妙なため、基地で補給&強化していく。
母艦に色んなモジュールを組み込んだり、小型船を建造したり。

小型船は最初は1種類のみで、各地のエイリアンから技術を入手。
ちなみに基地は序盤イベントを終えると開放されます。地球近くの衛星



Free Stars: The Ur-Quan Masters 紹介の最後に
Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet1.jpg
Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image3.jpg Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image7.jpg

選択肢もあるフルボイス会話(シークバーで再生操作できるのが新鮮)
日本語はないため、目的をちゃんと聴く or 読む必要はありますが
システムが分かってくると徐々に面白さが出てきました。

オープンワールドの宇宙で資源採取&船強化しながら物語を追う!
一言で表せば『Starfield』ほか宇宙探索ゲームのご先祖様のような印象。
操作は宇宙船のみですが、星ごとに資源スキャンして降りる感覚も近い。

レトロゲームのため、色々不親切で手探りで把握していく感覚ですが
この機会に古典に触れてみるのも良いかもしれません。



Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__option.jpg
TIPS
・小まめにセーブ分けを推奨。
・Xbox Oneコントローラーの場合、ゲーム起動時に接続しておくと認識しました。
 タイトル画面設定からキーコンフィグ可能。


Free_Stars_The_UrQuan_Masters__planet__image6.jpg
こちらは「Super Melee」対戦モードの船編成画面。
複数の宇宙船団で1vs1で順番に戦っていく、チーム戦なのが新鮮。

「おおレーザー!だが射程短い。よし…接近する瞬間を狙う!」
「うわッ この船ほぼ操作できないw 1発でも敵HPを削るのだ!」
CPU戦で遊びましたが意外と熱い。1人なのにドラマが(笑)



 JJ VOICE

レトロゲームは独特の味わいがありますね。
表現やシステム含めて、今ほど確立していない
当時の手探りでの開発感が伝わってきます。

なお本家の最新作『Star Control: Origins』もSTEAM販売されています。
リッチな3Dながら似た雰囲気のため、本作が好きな方はぜひチェック。


この記事へのコメント

人気記事