STEAM新作無料ゲーム『Furi』の8ビット風デメイク『Furi Demake - The Chain』攻略が熱い!ボス戦限定/高難易度アクション1面版

Furi_Demake__The_Chain.jpg
弾幕ボス戦アクション『Furi』を横スク・ドット絵で再現したミニゲーム『Furi Demake - The Chain』がSteamにて無料配信。懐かしい気分で楽しめましたので感想を兼ねてご紹介します。 併せて原作やDLCも12月9日夜までセール実施しています。


Furi Demake - The Chain ゲーム紹介

無料  開発 Sylph, The Game Bakers  日本語なし ゲームパッド超推奨


Furi_Demake__The_Chain__image1.jpg
Furi_Demake__The_Chain__image_op2.gif Furi_Demake__The_Chain__image4.jpg
リメイクならぬ、8ビットのレトロゲーム風にデメイク!

原作『FURI(邦題フリー)』は2016年発売、ボス戦に特化した3Dアクション。
本作は横スクロールのドット絵 + チップチューンBGMで表現。
オープニングの会話もレトロ風に再現されています。

1面ボス戦のみ収録。上手ければ1周は最短クリア5分ほどですが、
恐ろしく難しい上位難易度も含めると、30分以上はかかります。


Furi_Demake__The_Chain__image2.jpg
多彩な攻撃パターンを覚え、攻略を楽しむ高難易度アクション。

遠距離だと弱い銃、近距離だと強めの剣、攻撃は自動切換。
タメ斬りはロングレンジ高速突撃! さらにパリィでHP小回復!
無敵時間のある回避(空中可)、2段ジャンプで高速に立ち回る。

そんな攻めのアクションのようでいて、敵の攻撃ごとに対策を考えて
攻撃が通るスキを探していく、何度も死にながら攻略模索するゲーム性。


Furi_Demake__The_Chain__image3.jpg
・スキがない時に攻撃しても殆どダメージが通らない。
・敵はHPゲージ4段階あり、それぞれ異なるパターン。
・どんなに削っても、こちらが死ぬと回復してしまう!

などシステムは原作同様。
特に上位難易度では、ほぼパリィ必須の難しさ。
厄介な攻撃をむしろ回復チャンスに変えていく。



Furi Demake - The Chain 気になった点▲目次へ
Furi_Demake__The_Chain__image_flash.jpg
・フラッシュ明滅の演出がちょっと眩しい。
 軽減するオプションが欲しい所です。

・パリィは「後ろ+攻撃」ですが、1ボタンだと良かったかな。
 上位難易度では画面全体への攻撃も増えて、よく前後反転。
 どちら向きにガードすれば良いのか分からなくなります。



Furi Demake - The Chain 紹介の最後に▲目次へ
Furi_Demake__The_Chain__image10.jpg
横スクロールになっても攻略が熱い!

原作Furiもそうでしたが、慣れてくるまでが難しい。
慣れると、あれだけ苦戦したボスが難なく倒せてしまう俺Tueee!感。

そして上位難易度に挑んで、ボコボコに自信を打ち砕かれてカラ笑い。
だがパターンは分かった! と再度挑んで上達していく過程を楽しむ。

そんなプレイフィールがしっかり再現されていました。
横スクロールのため、逃げ場少なく難しくなった印象でしたが
そのぶんより画面狭しとスピーディーに立ち回る感覚があります。


Furi_Demake__The_Chain__image5.jpg
欲を言えば2~3面あれば、満足感的によりお勧めゲームになったかなと。
とは言え「そうそう、こんな感じ!」と懐かしい記憶を思い出しながら
上位難易度まで30~40分ほどサクッと楽しめました。

『FURI』のゲーム性が好きだった方はぜひ遊んでみてね。
逆に初めてで気に入った方は、原作も要チェック。
より多彩シチュエーションのボス達が待っています。


原作について詳しくは以下記事にてご紹介。


JJ VOICE▲目次へ
furi__image_1024a.jpg furi__image_1024c.jpg
原作をクリアしたのが2017年。当時記事やスクショフォルダを眺めると
ここ面白かったなー、でも失敗したくない緊張感も半端なかったなー(笑)
とまた遊びたくなってきました。そして下手になった自分に愕然しそうです。


関連記事

この記事へのコメント

人気記事