感想つき特徴紹介『Ghostwire: Tokyo』作り込まれた現代東京を探索! 呪術で悪霊と戦う物語主導FPSアクションADV [STEAM/PS5]

Ghostwire_Tokyo.jpg
GHOSTWIRE: TOKYO 

現代東京を探索する呪術FPSアクション・アドベンチャー。
前半の感想も兼ねて、ゲーム特徴を紹介します。(プレイ中で適宜編集済)

2022年3月25日より、STEAM PC版のほかPS5版も発売されています。
※一人称視点ゲームです。 3人称画像はイベントや静止画撮影モードです※



Ghostwire: Tokyo ゲーム特徴▲目次へ
国内定価8778円  日本語対応(字幕・UI・ボイス) 必要スペック高
開発 Tango Gameworks 配信 Bethesda Softworks  容量:約16.8GB



Ghostwire_Tokyo__image22.jpg Ghostwire_Tokyo__image7.jpg
現代東京で戦う! 物語主導の呪術FPSアクションADV。

不気味な霧によって人間が大量消滅してしまったTOKYO渋谷。
まるで霊界と繋がったかのように悪霊や妖怪たちが現れる……

主人公の青年:伊月暁人(いづき あきと)も死にかけるが、
身体を奪おうとする謎の憑依霊によって奇しくも救われる。
それぞれの目的のため、奇妙な共闘関係が始まるのだった……。


RPG要素が強い作品。メインストーリーほかサブクエストもあり。
序盤ミッションが終わると、自分のペースでのんびり探索可能。

セーブは10スロット + オートセーブ(戦闘中以外いつでも記録可)
最高難易度以外ならいつでも変更可能(慣れるとHARDでも大丈夫)



 Ghostwire: Tokyo マップや探索について▲目次へ
Ghostwire Tokyo  image shibuya.jpg
オープンワールド都市を探索しながら、依頼や真相を追う!

最初は霧(ダメージゾーン)に包まれており、
結界である各地の神社を解放することで探索範囲が広がっていく。
ファストトラベル地点になると共に、サブクエストも解放される。

サブクエは住民たちの幽霊から受注。心残りを解決してあげたり
悪霊から救ってあげたり、都市伝説などを元にした日本的な物語。

Ghostwire_Tokyo__image18.jpg Ghostwire_Tokyo__image33.jpg
マップはまさに都市! クエスト以外で入れる建物は少ないが
収集要素が散りばめられ、屋上に登れる高層ビルも多い。
滑空能力 + 落ちてもノーダメージな超霊能力ッ

コンビニや露店に寄って、食料アイテムを買い物したり
収集要素を探したり、オープンワールドらしい探索感。



 Ghostwire: Tokyo 戦闘について▲目次へ
Ghostwire Tokyo image1.jpg
FPSベースの術アクション。 弓ほかアイテムも活用。

風・火・水の3系統があり、銃のようにエイム単発射撃
気力=弾数上限が少ないため、無駄撃ちせず狙っていく。
近接はFPSらしくMELEE(単発殴り)

敵の弱点(コア)が露出すると、一撃必殺トドメ攻撃チャンス!
スキは大きいが弾の節約になり、何よりモーションがカッコいい。破ッ

Ghostwire_Tokyo__image41.jpg Ghostwire_Tokyo__image5.jpg
爆発火球など特殊効果あるタメ攻撃、消費アイテム活用、
ガードやパリィ、時にはステルスや奇襲して減らしていく。

銃撃FPSや爽快コンボアクションのようなゲームではなく
弾数やアイテム節約も気にしながら、工夫して戦う感覚。
攻撃手段は増えていくが、単調さもありシンプルで好み分かれそうな戦闘。



 Ghostwire: Tokyo 成長要素、豊富な読み物▲目次へ
Ghostwire_Tokyo__image50.jpg
Ghostwire_Tokyo__image25.jpg Ghostwire_Tokyo__image26.jpg
スキルツリーや成長要素ほか。

地縛霊となった沢山の霊を助けて(集めて)いくことでレベルUP。
スキルポイントで戦闘能力・探索能力・持ち物拡張など強化できる。

買い物やクエスト報酬などで
衣装追加やエモート機能もあり(撮影モード用)

ログ音声ほか、アイテムや敵など、読み物がどんどん追加。
妖怪から昭和玩具ほか、日本文化に親しめて中々興味深い。




 Ghostwire: Tokyo 気になりそうな点▲目次へ
Ghostwire_Tokyo__image4.jpg Ghostwire_Tokyo__youkai.jpg
敵や戦闘について

戦闘やアクションに期待して買うのはオススメしない。
 基本的に「逃げ撃ち or タメ撃ち or アイテムで崩してトドメ」の繰り返し。

ぬりかべ! 一反木綿! ほか日本古来の妖怪もいるが、戦わないイベント中心。
 敵は人型中心のため新鮮味は薄い(会社員や学生ほかバリエーションあり)
 クリーチャー的な敵を期待していて残念(ただしBOSSは妖怪感あり)

ステップ回避が欲しくなる。 カッコ良いが、シンプルな単発魔法FPS感覚。
・高火力の火属性は弾の補給がちょっと面倒。

術の3属性が揃うまでは、メインストーリー中心に進める事をオススメ。
 単調になりやすい戦闘が、1~2属性だけではさらに攻撃手段が少ない。


ほか気になるかもしれない点

・マップにいるのは敵または犬+猫+妖怪のみ(会話したり可愛い☆)
 住民は死んでいるため、幽霊となって少しいるのみで少々寂しい。

・性別外見などキャラメイク要素はなし(衣装の収集はあり)
・朝昼晩サイクルはなく夜のみ(都市ため明るく進行に応じて多少時間変化)

・BGMは戦闘やクエストやイベント中以外は環境音のみ。
 音楽の収集要素があり、任意再生できるが中々入手しづらい(25時間段階で10曲)


レイトレーシングONの場合、時々フレームレートが落ち込む可能性あり。
4K解像度、無制限FPS、レイトレーシング調整、DLSS・FSR・TSRも対応。


STEAMストア記載はレイトレーシングOFFのもの。
レイトレONのスペックは発売前発表の添付画像にあり。
レイトレON 高画質で遊ぶにはRTX3070以上が公式推奨。

レイトレOFFだと安定なものの(OFFでも美麗グラフィック)
レイトレ負荷は重め。たまにFatal Error落ち(無理に使わなくてもOK)


※数回のアップデートで改善してきた印象あり※
私のPCの場合(1080p、RTX 2070、i7-8700、レイトレ以外は最高画質設定)
DLSS 最低設定ウルトラパフォーマンスのみ60FPS維持(細部は結構ボケる)

レイトレは少しでも上げると、普段60~30FPS、たまに落ち込む場面も。
ただし同じ場所でもゲーム再起動すると60~50FPSまで上がる場合もあり。

なお負荷の軽いエリアなら、最高設定でも60~50FPSで長時間遊べる時も。
(Nvidiaドライバー最新512.15導入済) Steamスレッドにも同種報告あり




 Ghostwire: Tokyo 最大の魅力は日本の再現感!▲目次へ
Ghostwire Tokyo image6.jpg
現代東京(渋谷)の作り込みが半端ない!
探索、そして物語や世界観を楽しむ作品。

「日本」を感じる作り込みが凄くて驚いた。
街並みや家の中、クエスト内容やアイテム説明まで日本らしい。
さすがTango Gameworks開発作品。こだわりが詰まっている。

例えば、簡略されがちな店名や商品がすべて固有名称!
ラーメン女郎、サカモトツヨシ薬局などパロディ沢山で笑ってしまう。
雑誌やマンガ、看板やポスターの内容、コンビニでは宣伝歌まで(笑)

例えば、庶民的で馴染み深い狭さ!(いい意味で)
狭いエレベーター、細い路地裏の小さな公園、アパートなどリアル既視感。
配送ダンボールほかの小物から、雨どいや排水口など細部まで細かい。

ショッピングモールや広い施設は、さすがに右画像の内装のような
簡略表現も目立つものの、全体的な作り込みは半端ない印象だった。


Ghostwire Tokyo image5.jpg
リアル渋谷と比べると大幅アレンジされているものの、
日本人から見て「日本っぽい!」と感じる都市風景が広がっており
箱庭体験として楽しく、つい観光気分で細部を見て回ってしまう。

別メーカー作品『龍が如く』で街探索が好きだった方なら、
きっと惹かれるであろう、スクショ撮影したくなる作り込み。
グラフィックも美麗な現代品質(レイトレーシングOFFでも)


Ghostwire Tokyo image2.jpg
ゲーム部分は、戦闘が惜しい印象。アクションとしては期待しない方がいい。
楽しさも多少あるが、単調さも否めないシンプルな単発系魔法FPS感覚。
収集探索ばかりしているとダレてくる辺りもオープンワールドらしさ。

だがそれを補う、厨二心をくすぐる呪術系の世界観がたまらない!
地下鉄構内やビル、異界化した家屋などがダンジョンのため
ファンタジー世界とはまた違う「新鮮な探検感」がGOOD。

意外とコンパクトにまとまっているメインストーリー、
心霊エピソード集なサブクエスト、それらを終えると
あとは散りばめられた収集要素を集めるか、
一部引継ぎでクリア後2周目を遊ぶ感覚です。



 JJ VOICE▲目次へ

期待していた春の新作『ゴーストワイヤー:トーキョー』。
いつも大作は遊び込んでから書こうとして、結局途中で積んでしまい
何本も書けずにいるのですが、今回は私好みで書きたくて仕方ない(笑)

Steamスレッドでは20時間との話も見かけましたが、
メインストーリー中心に進めるなら初見でそれ位かもしれません。

全サブクエや読み物 + 隅々まで探索しながら遊ぶ私の場合、
その倍以上かかりました。全収集コンプは中々骨が折れそうです。


関連記事

この記事へのコメント

人気記事