【Humble Games Collection】対象PCゲームが遊び放題のHumble Choice会員特典がサービス開始。特徴や利用感などご紹介

humble app image1.jpg

対象PCゲームが遊び放題の『Humble Games Collection』、Humble Choice会員特典として2022年2月よりサービス開始。利用してみた感想も含めてご紹介します。 ※ベータ版のため、細かな仕様は変わるかもしれません。

目次


 Humble Games Collection の基本紹介 >目次へ


Humble Bundle の定額バンドル『Humble Choice』月額11.99ドルに含まれるサービス。
Humble App(ゲーム管理ソフト)で対象のPCゲームをダウンロードして遊べます。
配信ゲームは以下2タイプあります。


humble-games-collection-announce-img.jpg
① Humble Games Collection(新サービス)
毎月追加されていくPCゲーム。
2月スタート時点では画像の5本。すべて日本語対応。記事後半にて紹介。
Humble Choice 契約中のみ遊べます。スキップ中や解約後は遊べません。


humble_app_game_trove_image.jpg
② Vault(旧サービス名称 Humble Trove)
過去に追加されてきたDRMフリーのPCゲーム。
こちらは認証がないため、ダウンロード保存していれば解約後も遊べます。

2月時点では約70本。Steam未発売のHumble配信インディゲームが多め。
サードパーティー作品は古いものから毎月徐々に減少中。




📝 Humble Games Collection の導入から開始まで  >目次へ
humble_app_image7.jpg
① Humble Games Collection ページ内にあるダウンロード青ボタンから
  Humble-App-Setup-バージョン名.exe をダウンロードしてインストール。

humble_app_image9.jpg humble_app_image8.gif
② Humble Appを起動して、Humble Bundleアカウントでログイン。
  あとは好きなゲームをダウンロードしてプレイ!
  DRMフリーゲームはフォルダから直接遊べます。

Humble App 本体のインストール場所(変更可能)
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Humble App

Humble App ゲームのインストール場所(変更可能)
C:\ProgramData\HumbleGames




📝 Humble App の画面や機能紹介  >目次へ
humble app game image.jpg
こちらはゲームごとの画面

非常にシンプル。右上の歯車アイコンにゲーム管理機能。
Verify Download(整合性確認)の機能がありGOOD。

気になった点(今後実装を期待)
・プレイ累積時間の表示機能がない
・お気に入りなどのタグ機能がない

humble app setting.jpg
こちらは設定画面の一部(Humble App自体は日本語未実装)

常駐ソフトではないため気になる程ではなさそうですが
デスクトップ通知が不要な項目はOFFにした方が良いかもしれません。
ダウンロード場所の変更、ダウンロード上限速度の設定欄もあります。




 Humble Games Collection を利用してみた感想 >目次へ
Humble_Games_Collection_image.jpg
Humble Appは結構快適、今後のラインナップに期待したい新サービス。

10数本軽くプレイしてみましたが、問題なく普通に遊べています。
外部ソフトShadowplayやAfterburnerなどへの干渉もなし。

最初にゲームのダウンロードが速くて驚きました。
ネット回線によりますが、私の環境では(NTT光ギガ・マンション)
2GB以下のゲームなら数秒~数十秒、6GBほどでも1~2分でDL完了。

ゲームフォルダを自由に触れる点もGOOD
初回ラインナップは5本とも日本語対応していますが
今後MOD導入したい作品がきた時に期待が持てます。


旧Humble Troveゲームもインストール&アンインストール管理が簡単。
itch desktop clientと同じような感覚で、以前より気軽に遊べそうです。

あくまでHumble Choiceがメイン、こちらは特典サービス。
メインの負担にならない位で、充実していく事を期待したいですね。
注目した追加ゲームは新記事にてご紹介予定です(記事後半にリンクあり)




 Humble Games Collection 初回追加ゲームを軽く紹介  >目次へ
Humble_Games_Collection__image0.jpg Humble_Games_Collection__image2.jpg
『Unsighted』
SFアクションRPG。人間に侵略を受けているロボット側が主人公。
設計図や素材をあつめて武器クラフト、チップ入手などで強化。

主人公含めてすべての味方NPCロボットは特殊なエネルギーがあり、
それが尽きると自我を失って敵になるという制限時間が大きな特徴。
急がなければならない… 切ない設定に惹かれました。


Humble_Games_Collection__image3.jpg Humble_Games_Collection__image4.jpg
『Dodgeball Academia』
ドッジボール学園RPG。新入生の熱血少年が主人公。
仲間やレベル成長、クエストや装備、戦闘をドッジボールで行う感覚。
火炎や電撃などのタメ投げ、ゲージMAXで必殺技など、超絶スポーツ。


Forager__img3.jpg Forager__img1.jpg
『Forager』
可愛い雰囲気のクラフト系サンドボックス・アクション。
食べ物・道具・設備ほかクラフト。スキルツリーでレシピ入手や成長。
お金を貯めて島を購入していく。謎解き島やダンジョン島など様々あり。


『VOID BASTARDS』 
『FTL』のような選択マップで、燃料&食料調達しながら
ルートを考えつつ宇宙船潜入していく、ローグライクFPS。
操縦室で情報入手、警備室で無効化など攻略模索するステルス寄りゲーム性。


Wizard-of-Legend-img2.jpg WizardOfLegend_img4.jpg
『Wizard of Legend』 
難易度高めのランダム生成ダンジョンに挑む、ローグライク魔法アクション。
火・雷ほかの属性や、100以上の魔法があり、最大6スロットまで装備編成。
近接コンボ系から遠距離範囲系、高速移動や突進攻撃系、混乱ほか実に多彩。



 Humble Games Collection 追加ゲーム紹介記事リンク  >目次へ
SIGNALIS.jpg
SIGNALIS(2022年11月16日記事UP)
初期バイオハザードやサイレントヒルなど往年オマージュ溢れる
探索&謎解き、物語主導SFアクション・アドベンチャー。




🍸 JJ VOICE

ひとまず、ようやくまとめ終わったHumble補足記事シリーズ。
某新作ゲームを遊びたく急いで書くつもりが気付けば土曜終了ッ
思考作業は気力維持できるか次第でスピード激変しますよね。
さあ遊ぼうかな! あ…また新たな記事予定が(笑)


関連記事

この記事へのコメント

人気記事