異色フリーゲーム『Lurking』ソナーのように音で探知して脱出を目指す、一人称視点3Dホラー。プレイ感想

Lurking-game.gif
ソナーのように音で周囲を探る、一人称視点ホラー・フリーゲームLurking』 

マイク入力によるリアル音の反映や、OculusVR対応の意欲作※
敵の徘徊する、暗闇に包まれた施設からの脱出を目指します。
スリリングで面白いゲームでしたので、感想を兼ねてご紹介。
※OculusはDKのみ対応の様子。コメントにて情報を頂きました。


Lurking Horror Game
無料! 製作:LurkingGame、容量:148MB(インストール後)、日本語なし
VR版は別ファイル  ※マイクやVR環境がないため、それらの動作は未確認。

WASD=移動、Shift=走る、Ctrl=しゃがむ、Q=音を立てる
左クリック=アクション、右クリック=投げる

Lurking-4.gif
暗闇の施設……地形や敵を「音だけで探知」して進むのだ……
歩く、投げる、ドアを開ける、など音がした場所からソナーのように
音波が広がっていき、周囲の地形が分かると言う独特ギミックが特徴。
自分の音だけではなく、誰かが立てた音でも同様。赤い音には要注意…


Lurking-2.gif
恐ろしい敵もいる… 戦う手段など…ない!
近いと暗闇でも探知してくるため、離れて避けるしかない。
主人公はすぐ息切れするためダッシュで逃げるのは困難。
しかも奴らは音に敏感。だが音を立てないと暗闇で見えなくなる…


Lurking-5.gif
そうだ…周辺の物をうまく使えば……
しまった! 近くの棚にあたってこっちに来る!!
そんなスリリングなステルスホラーとなっている。



Lurking プレイ感想
Lurking-7.gif
最後までドキドキしながら楽しめた、怖すぎない短編ホラー。
全4チャプター、30分ほどでクリア。ラストがまたGOOD。
もう少し遊びたかったが、これ位が丁度いいのかもしれない。

音を立てないと進むことさえ困難だが、音を立てると敵に見つかる。
そんな悩ましいジレンマを軸にした、アイデアが面白かった。

うっかり大きな音を立ててしまった時に、思わず周囲を警戒…
敵の位置を確認したいが、じっと息を潜めて動きを待つハラハラ感…
突如、赤い音波が見えた時のビクッとする恐怖や、近づいてくる焦り…
音を介した「敵との距離感」が緊張感を生んでいる。


Lurking-3.gif
なお本作は作者さんの学生時代の卒業作品となっており、
ゲームイベント「IGF China 2014」にてBest Student Game賞を獲得。
また、後継作品としてStifled(STEAM版)も発売予定、PS4版は発売中。
本作を遊んで気に入った方は、新作もチェックしてみるといいかもしれない。


Lurking-6.gif
さあ、無事に生還できるのか!?
TIPS:チャプター4でリトライ時に進まなくなった場合、
2階ベッド上の物を取ると進む事が多い。


 JJ voice

ワイヤーフレームのシンプルグラフィックなのに十分怖い。
同じく音で敵位置を探る「エネミーゼロ」を思い出した。
あちらは敵の姿さえ見えない作品で、子供の頃は恐怖だった。

敵がどこにいるか分からない、断片的にしか分からないのは
映画でもよく使われる手法で、安心した瞬間が大体ヤバイ。
本作でも最後の最後まで、まったく安心できなかった(笑)



この記事へのコメント

  • こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いています。
    一瞬このゲームって「Perception」のプロトタイプかと思ってしまいました。
    2018年03月21日 22:03
  • JJ

    私も同じ事を最初思いました(笑)
    ただ新作 Stifled もシンプルなワイヤーグラフィックのゲームであれ?と。
    本作は小さなインディメーカー(2014年当時の学生チーム)作品で、
    方向は似ていますが、面白い試みですので今後も期待したい所です。
    2018年03月21日 23:06
  • VR版はOculus DK版でないと動作しないようです(最新のRuntimeの互換性がないとか)
    CV1で試してみましたがHMDにゲーム画面が表示されませんでした
    自分の環境のせいかも知れませんが一応報告させていただきます
    VRで遊んでみたかった…
    2018年03月23日 17:28
  • JJ

    情報ありがとうございます。
    Oculusはバージョンが複数あるんですね。
    記事にも追記しておきたいと思います。
    2018年03月23日 18:33

人気記事