11月より無料配信『Portal with RTX』最新レイトレーシング環境による名作PCゲーム『PORTAL』の4K美麗グラフィック化DLC

Portal_with_RTX.jpg
15年越しに名作ゲームが美麗グラフィックで刷新PORTAL with RTX』、
2022年11月より『PORTAL』の無料DLCとして配信される事が先週発表。

次世代グラフィックボード RTX 4000シリーズの10月発売と共に発表された
MOD開発プラットフォーム「NVIDIA RTX Remix」で制作された作品です。
こちらも記事後半にて軽く触れています。


Portal with RTX - DLC

11月リリース予定、 DLCのためプレイにはPORTALゲーム本体も必要
本体定価600円、圧倒的に好評、日本語対応、デモ版あり

Portal_with_RTX__img1.jpg
現実的な光描写による4Kフル・レイトレーシングで蘇る『PORTAL』
ポイントライトのみの原作から、エリアライトや多彩な照明を導入。

『Quake II RTX』『Minecraft with RTX』に比べ、光は1回から4回反射へ。
併せて多くのオブジェクトがハイポリ・モデルに作り直されています。
平たかったスイッチまで美しいカッティング…

Portal_with_RTX__img4.jpg
今回はNVIDIA Lightspeed Studiosによる制作。
進化したパフォーマンス向上技術「DLSS 3」や
低遅延技術「NVIDIA Reflex」にも対応しており、
新GPUコアやRTX remixの機能実証として制作されたようです。

Portal_with_RTX__img3.jpg
STEAMでウィッシュリスト登録をしておけば、11月某日には
アパチャーサイエンス研究所から実験参加への招待状が……
ではなく、STEAMからDLC配信開始メールが届くはず。

配信開始時には新記事にてご紹介予定です。
15年越しのケーキ… 楽しみ!



NVIDIA関連

こちらは9月20日配信のNVIDIA新技術の発表動画です。日本語字幕対応。
10月12日発売のRTX40系、DLSS 3、ほか分かりやすく様々紹介され
グラフィック技術の未来を感じる、とてもワクワクする内容でした。

『サイバーパンク2077』『ダイイングライト2』ほか発売済ゲームから
近日登場予定ゲームまで、新技術への対応が続々進められているとの事。

技術それぞれ詳しい情報ページへと辿れます。

以下、自分用も兼ねた関連リンク
(日本語)RTX40シリーズのトップページ

(英語)RTX remixについて

(英語)DLSS 3について

(英語)DLSS 3対応ゲーム(オーバードライブモードの紹介もあり)


最後に「RTX Remix」による往年ゲームのリマスター過程を紹介する動画。
こちらはより多くのプレイヤーに恩恵がありそうで期待が高まりますね。



 JJ VOICE「編集後記のようなもの」

週末メール整理中、NVIDIAからの重大発表とのメールを思い出して
動画に5日遅れながら興奮。 記事を書かずにはいられませんでした。
新グラボを試したくてたまらなくなります(笑)

RTX 4090は1599ドル。RTX 4080は2種類あり
16GB版 1199ドル、12GB版 899ドル(容量ほか仕様も異なる)
円安のため、899ドルでも単純換算13万近く・・・ひゃあ!!

私のRTX 2070では、新作のレイトレーシングは力不足でOFFにする事も増え
もはやレイトレOFFでさえ、最高画質60FPS維持できないAAA大作も徐々に。
Super、Tiなどシリーズ出揃ったら検討しようかな。


この記事へのコメント

人気記事