amazonプライムにてPCゲーム無料配布『Summertime Madness』絵画世界から脱出を目指す、一人称視点・謎解きADV [2023年9月]

Summertime_Madness.jpg
絵画から脱出を目指す、一人称視点ADV『Summertime Madness』Legacy Games PC版、アマゾン・プライム会員向けに2023年10月4日夜まで無料配布を開始しましたのでご紹介します。


Legacy Games Launcher版

STEAMでの評価:賛否両論  定価930円  開発DP Games  日本語対応

入手手順
Summertime_Madness__prime_giveaway.jpg Lilas_Sky_Ark__prime_2.jpg
1・Amazonプライム 会員であれば特設ページでログイン。
  「ゲームを入手」から引き換え用コードを発行。有効化期限あり。

2・コード入力ページにて、コード&メールアドレス入力すると入手。
3・Legacy Games Launcher ゲーム管理ソフトでダウンロード&プレイ。

※ プライム無料利用のみの会員は、本会員アカウントとは異なり
  削除などはサポートへ直接依頼しかないため、登録される方は
  メインではないアドレスが無難です。FAQページにも情報あり。


Summertime_Madness__image06.jpg
Summertime_Madness__image07.jpg Summertime_Madness__image08.jpg
時間までに… 悪魔に捕われた絵画世界から脱出するのだ!

1945年、戦争で壊滅状態の街プラハ。ひっそり生き延び
平和で美しい世界を描くことに没頭している画家がいた。

孤独から、絵画の中に入り込めるという誘惑に乗ってしまう…
だが時間内に戻れなければ、魂が永遠に閉じ込められるらしい…

制限時間は3時間、または6時間から選択(制限なしもあり)
刻一刻と過ぎていく中… 脱出方法を探す探索が始まるのだった!


Summertime_Madness__image11.jpg
章ごとのマップを歩き回りながら、謎解きに挑んでいく。

基本はルールも手探りで試行錯誤していきます。
いわゆるパズルゲーム的なギミックもありますが、
マップを行ったり来たりしてスイッチ操作していく仕掛けが多め。

Summertime_Madness__image16.jpg Summertime_Madness__image01.jpg
各所にスイッチがあり、押すと2~3か所の扉が開閉する迷路シティも。
結構広く、マップは案内板まで行かないと見られない。
リアルにメモらないと覚えづらく、根気が要ります。


Summertime_Madness__image17.jpg
ヒント機能もあり。
制限時間の15分と引き換えに、ヒントを表示できます。
あくまでヒント。答えではないため、自分で考える必要あり。


Summertime_Madness__image15.jpg
絵画という自由なイマジネーション世界らしい演出。
不思議な仕組み、メッセージ性を思わせる片鱗も見られます。

もっとアートを感じるパズルが多いと良かったのですが
自動ダッシュして欲しいほど歩き回るゲーム性は好み分かれる部分。

3D酔いしないよう、疲れない程度に休みながら
のんびり攻略していくくらいが良いかと思います。



 JJ VOICE

Humble Trove(現Humble Games Collection)でも以前遊んだ作品。
久々にHumble Appを起動するとまだありましたので、
Humble現役会員の方はそちらで入手するのも良いかもしれません。


関連記事:一人称視点おすすめ良作パズルゲーム
bnmn_The_Looker__game.jpg bnmn_Puzzle_Box_Palace.jpg

この記事へのコメント

人気記事