『The Corridor』一人称で廊下を歩いてボタンを押す! ナレーターとの対話劇ADV [感想つき短編PCゲーム紹介/Humble Trove]

TheCorridor-game.jpg
廊下を歩いてボタンを押す! 一人称の短編ゲーム『The Corridor』、
Humble Trove に追加されましたので、クリア感想も兼ねてご紹介。
※Humble Choice 月会員特典の無料DRMフリーPCゲーム、2020年12月分です。


THE CORRIDOR ゲーム特徴紹介
Steamでの評価:非常に好評  定価205円  開発 Mr Thomas Mackinnon  日本語なし


TheCorridor-game-img1.jpg
ナレーター(ゲーム開発者)との対話劇アドベンチャー
『The Stanley Parable』を思い出す対話スタイルで、
こちらの行動に対して音声リアクションが入ってくる。
ただテンション低めで、ほぼ一本道の20~30分の短編。


TheCorridor-game-img2.jpg
「CORRIDOR=廊下」を歩いてボタンを押す。以上!
ボタンを押すとゲームが終了する。
タイトル画面ではなく実際に終了する。

「え、何かバグで落ちた?」
と再びゲーム起動すると、微妙に何かが違う…

「あれ横道がある!」「変な部屋が!」「体が…重い…」
そう、ボタンを押してゲーム終了するたび変化させてくるゲームなのだ。


TheCorridor-game-img5.jpg
意地でも終わりを確かめたくなるゲーマー心に対し、
開発者はこれでもやるの?もう終わりにしようよ?
とばかりに、あの手この手で改変!やめさせようとしてくる。

そんな対話劇を楽しむゲーム。
クリア概念はちゃんとあり、エンドロールを見て安堵感が(笑)


TheCorridor-game-img4.jpg
ただ、スタンリーに比べるとテンション低いボイスや
使って欲しくないPC機能演出は好み分かれそうな部分。
念のため、ゲームフォルダおよび、ゲームクリア後の
セキュリティソフトKasperskyでのPC全体スキャンは問題なし。



 JJ VOICE

ゲームと言うより表現作品といった方がしっくり来そうですね。
12月5日発売でもう110件以上Steamレビューがあり驚きました

さて、今回はDRMフリーのためHumble Trove サイトから入手。
ほか良作ゲームもあります。2年前くらいの作品から配信終了中。
良ければチェックしてみてね。 過去のTrove 更新ゲームリスト


スタンリーが好きな方向け、STEAM無料ゲーム関連記事

この記事へのコメント

人気記事