レビュー『ADR1FT』壊滅した宇宙ステーションから生還を目指す、一人称視点の宇宙飛行士アドベンチャー [Steam版]

ADR1FT.jpg
一人称視点で生還を目指す、シリアスな宇宙飛行士アドベンチャーADR1FT』 
とても興味深い作品でしたので、レビューを兼ねてご紹介します。


 ADR1FT ゲーム特徴紹介
賛否両論  定価1980円  配信 505 Games  日本語なし  VRにも対応
GMG バンドル でのセールは終了したようです。


ADR1FT-2.jpg
ADR1FT-1.jpg ADR1FT-7.jpg
一人称視点のシリアスな宇宙飛行士アドベンチャー

近未来、謎の大惨事により宇宙ステーションが大破してしまう。
唯一の生存者であり、運良く助かった主人公アレックス(女性)
スーツは機能破損。何とか生還すべく探索を始めるのだった……

かなり広い。多くは大破しているため、宇宙空間も遊泳していく。
密閉室内でも酸素供給がなくなっており、酸素の補給が最重要に。
クリアまでは5~7時間ほど。道に迷うかどうかで変わる。


ADR1FT-24.jpg
操作は360度自由移動タイプ + 無重力。

スラスターでの上下左右移動や、ブースト加速も解禁されるが
使用には「酸素」を使うため、どれくらい使うかは悩みどころ。
スーツは修理強化されるが、体感速度は相当ゆっくりふわふわ。

移動以外にできる事は「全般アクション」と「周辺サーチ」。
各所にある酸素を補給しながら少しずつ探索範囲を広げていく。
敵はおらず酸素ダメージギミックあり。死亡=チェックポイント再開。


ADR1FT-18.jpg
ADR1FT-10.jpg ADR1FT-20.jpg
本作の大きな特徴は「宇宙体験と美しい情景」

ステーションの内装美や、崩壊しつつある情景は絵的な美しさがある。
VRではない通常モニターでも、序盤はもうワクワクしっぱなしだった。
なお簡略化された近未来設備で、生活感はあまりない。

加速しながらのふわふわ感や、地に足がつかない不安、
取りたい物とすれ違って手が届かない! そんなもどかしさ、
無重力宇宙らしい感覚や怖さを感じたり、興味深い体験だった。
また、もう一つ大きな特徴に「物語性」もあるが、そちらは後述。




💡 ADR1FT 気になった点
ADR1FT-4.jpg
自動イベント時しか、手で地形をつかめない。
VRは分からないが、マウス&キーボードではつかめない。
つかまって停止する事も、つかんだ腕力で加速する事もできない。
体制御はスラスターのみのため、酸素をどんどん消費してしまう。
もし「つかむ」機能があれば、より一体感が高まっただろう。

どこに行けばいいのか迷う時があった。
左下マップに矢印表示されるも360度球のため分かりづらい。
大抵は新しい方向へ行けばOKだが、宇宙空間を長く遊泳する
後半はかなり迷って同じエリアを数十分ぐるぐる回ってしまった。

ADR1FT-5.jpg
ほか気になるかもしれない点を列挙。
・オートセーブのみのチェックポイント制。
・多彩なイベント展開などはない。探索エリアは広がるが基本同じ流れ。
・ゲームプレイの大半は移動時間。ゆっくりふわふわのため長く感じる。

・収集要素の端末は小さく、手が届かない隅っこに行ってしまう事も。
・英語は文書以外は、ボイスログで自動進行。字幕あり。 
・PC負荷は意外と軽めだが、ごく一部重いエリアもある。
 負荷はグラボに寄っており、画質設定を落として対処していた。




 ADR1FT レビューまとめ
ADR1FT-33.jpg

全編一貫して一人称視点、自分の感知内情報しか分からない。
派手な展開などはなく、ずっと孤独な静けさや緊張感が漂う。
環境音と主人公の息づかい中心。 そのため没入感がある。

仲間を失い、施設は大破… 悲しみと絶望をこらえながら、
生還するためたった一人必死に修理していく。その過程、
仲間の遺した記録から、原因や彼らの死を実感していくのだ……
感情移入へ向けた、静かでセンチメンタルな「作品」だった。


ADR1FT-11.jpg ADR1FT-15.jpg
以上が『ADR1FT』の特徴2「物語性」 好みは分かれそうだ。
STEAMでは賛否両論。ゲームとしては単調な印象も否めなかった。
「シリアスな宇宙浮遊ウォーキングシミュレーター」感覚がある。

例えるなら、大作映画『ゼロ・グラビティ』を期待して観たら、
ひとり修理&探索していく5~7時間ドキュメンタリーだった!ような気分。
それでも感情移入できればグッとくるが、エンタメ的盛上がりはちと弱い。


ADR1FT-8.jpg ADR1FT-6.jpg
「宇宙体験感」は良質で、最初の1~2時間はワクワクした。
だが美麗グラフィックでも、どんな新体験でも徐々に慣れるもの。
似た修理ミッションを繰り返していくうち、さすがに変化が欲しくなった。
RPGで言えば、探索&修理クエストだけを、エリアごとに行っていく感覚

とは言え、酸素による緊張感、探索自体の楽しさはあるため
多彩なゲーム展開などがあれば、より万人受けしたかもしれない。
なおタイトル画面から「酸素無限フリーモード」で自由探索もできる。※踏破エリア


ADR1FT-16.jpg
英語音声を理解でき、または感情移入して初めて真価を見せる「作品」
英語が苦手だったり、エンタメを期待すると、単調に感じる可能性もあり。
感傷的なBGM… 美しくも物悲しい情景が… 心に深く残っている。



 JJ VOICE

2年前に購入したまま忘れて積んでいたのですが
セールということで、試しにプレイしてみると
一気に最後まで完走。バッチリ楽しんでるじゃないかッ(笑)

SF映画や切ない系も結構好きなので、何とか頑張れました。
『ゼロ・グラビティ』『月に囚われた男』『オデッセイ』
辺りがここ数年のお気に入りSF映画だったりします。


この記事へのコメント

  • つい先ほど購入しましたが、FIVE: Champions of CanaanのKEYを有効化しようとしたところ、このKEYはほかのユーザーが既に有効化してるから、販売元に問い合わせてねってでてきました。。
    GMGにメールで問い合わせ中ですが、一応注意したほうがいいかもです
    2019年02月17日 20:40

人気記事