『Black Mesa』の「XEN」序盤がついに遊べる、技術テスト向けのベータ版プレイ [STEAM]

Black_Mesa_beta620bv.jpg
『Half-Life』ファン・リメイク『Black Mesa』STEAM版。
長らく開発中だった最終世界「XEN」の序盤を遊べる
技術テスト・ベータ版が公開されていますのでご紹介。
プレイにはSTEAM版『Black Mesa』が必要。今回はWindowsのみ。


💡 Black Mesa XEN beta

定価1980円(792円セール) 開発Crowbar Collective  日本語なし 20.33GB


今回はバグやフィードバックを収集するためのベータ公開。
問題があれば Steam forum“Xen-Bugs” Discord channel
グラフィック設定やPCスペックも付記して報告してほしいとの事。
公式発表ページの最後に既知問題もいくつか記載されている(6/26)


Black_Mesa_beta1.jpg
STEAMライブラリの『Black Mesa』プロパティのベータ欄から
「public-beta~」を選択するとダウンロード開始。20.33GBに。


直前まで進めたセーブがない場合、ゲーム内オプションからコンソール機能を有効化。
左画像(Keyboard → Advanced → Enable developer console(-)にチェック)

ニューゲームやロードなど、とりあえずプレイ開始してからコンソールを呼び出し
sv_unlockedchapters 19 と入力実行すると「XEN」マップへ行けるようになる。
なお、意図的にサムネイルは黒いままにしているとの事。


 Black Mesa XEN beta プレイ画像
Black_Mesa_beta19.jpg
久しぶりにフリーマンの右手にバールが宿る!
ハンドガンからロケランまで、武器も大量に持ち込んでいて安心。
一体どこに隠しているのか、四次元ポケットのような万能スーツ。


Black_Mesa_beta17.jpg
自分のPCでXENに訪れる日が来ようとは……
デフォルト設定ではSpace 2回でロングジャンプ発動。
何という機動力!と思いつつそれ前提のギリジャンに苦戦。


Black_Mesa_beta14.jpg
懐かしいヘッドクラブ・ゾンビがお出迎え!
他にも久々のエネミー達に会えてニヤニヤ。何年ぶりだろうか。
スーツライトやフレアなどによる光源反射や影生成も結構綺麗。


Black_Mesa_beta10.jpg Black_Mesa_beta11.jpg
ちょっとした仕掛けも解きながら進んでいく数十分ほどの体験だった。
私の環境では特に問題もなく 「Thanks for playing!」画面まで到達。
ぜひ完成版の実装を楽しみにしたい。



🍸 JJ VOICE
「ゴードン・フリーマンの戦いはこれからだ!」
私がPCゲーマーになったキッカケが本作 BLACK MESA。
オンボード限界を感じながら遊んだのが遠い昔のようです。

時々進捗報告はありましたが、開発終了する日が本当に来るのだろうかと
ずっと待ち続けているうち、程良くプレイ記憶が薄れ始めてきた所でした。
また最初から新鮮に遊べそうな気がします(笑)

地形テクスチャなどグラフィックに時代を感じる年月経過してしまいましたが
応援すべくSTEAM版を買って早数年。フルに遊べる日がついに来そうかな。


この記事へのコメント

人気記事