『Call of Duty: Modern Warfare』が再び! PCほか2019年10月発売

callofduty_modern_warfare_remake.jpg
Call of Duty: Modern Warfare 再び蘇る! 

一昨日未明… 現代戦を描いたあの名作FPSのリブート作品が
2019年10月25日発売を計画しているとの電撃情報が飛び込む。

馬鹿な… 2年前にリマスター版が発売されたばかり… 何かの陽動作戦か!?
そんな半信半疑の我々だったが、作戦を伝えるトレーラーには
見覚えのある戦場やプライス大尉の姿が記録されていたのだ!


何と言うグラフィック… 服布の揺れも半端ないじゃないか…
これは信じるしかあるまい。いいだろう、簡単に状況報告せよ! 


callofduty_modern_warfare_remake02.jpg

2019年10月25日予定   開発 Infinity Ward   スペック未定   日本語対応ストア記載
スタンダード版 8532円ほか、特典つきエディション2種類 特典詳細(英語)

初代CODから、2007年以降のMWシリーズやIWほか手掛けてきた
米国の開発スタジオ Infinity Ward がゼロから再構築する作品。

欧州や中東の潜入作戦を描くシングルストーリーキャンペーン、
オンラインマルチ対戦や分隊単位の協力プレイを実装しており、
PC(Battle.net)、PS4、XB1にて同日発売!との事であります。


callofduty_modern_warfare_remake03.jpg
了解した。執筆時点でゲーム内容部分の発表は以上のようだが
COD公式にてメール登録しておくと情報が届くかもしれない。
あの戦いがどう進化するのか!? 楽しみがまた増えてしまった。



🎧 JJ VOICE 懐かしきCOD MW
callofduty_modern_warfare_retro_package04.jpg callofduty_modern_warfare_retro_package03.jpg
『Modern Warfare』はシリーズでも一番印象に残っている作品。
まだSTEAM加入前のPCゲーム初心者時代、あまりに遊びたくて
amazon海外出品者から恐る恐る購入した初めてのゲームでした。

1週間くらいの国際郵便で届いたパッケージを見てもうニヤニヤ
「PHOTO-REALISTIC」「WE'VE EVER SEEN」の文章と写真に
うわぁ 凄そう! と興奮していました。やはり箱はロマンの結晶。

紙説明書には画面説明やキーアサイン表まで。
今やゲーム内ですら説明のない基本部分まで書かれていて
久々に眺めながら、懐かしい古き良き時代を感じています。
いまだに格納庫(押入れ)に大事に保管している作品です。

新しいMWの映像も、当時感じたような次世代感を感じました。
低スペックPCではもはや厳しいシリーズではありますが、
ぜひあのPV品質で遊べる高画質設定も期待したいですね。


この記事へのコメント

人気記事