【Fanatical】海外版くにおくん系ベルトアクションや、スカルガールズ全DLCセットほか、お手頃なSTEAMゲーム3本バンドル

fanatical-brawler-bundle-banner.jpg
海外版「くにおくん」ベルトアクションや、スマブラ風の海外対戦ほか
Fanatical バンドルフェス最終日に登場したお手頃バンドルをご紹介。
日本語対応 STEAMアクション3本、Fanatical Brawler Bundle です。


💡 まずは各タイトルを簡単紹介! 
ほぼ好評  定価1980円   開発Conatus Creative Inc.   日本語対応

海外版「くにおくん」系譜の 8bit風ベルトスクロールACT
2017年発売作品。アメリカンな雰囲気や名前こそ異なるものの
ゲーム的には懐かしさ全開。旧作の20年以上後のストーリーで
メインは若き高校生たちだが、貫禄を増した旧主人公たちも登場。
1人~4人、オンライン&ローカル協力プレイに対応。

格闘技やコマンド技の異なるオリジナルキャラから選択できる。
キャラ毎のレベル上げやスキル購入、広いマップの自由探索など
今時のゲームらしいやり込み要素、多彩かつ滑らかなモーションも特徴。
ただSTEAMでは難点も指摘されているため目を通しておくと良さそうだ。



賛否両論  定価1980円  開発Angry Mob Games  日本語対応

Brawlout_img3.jpg Brawlout_img10.jpg
海外ゲーム・コラボキャラもいる、スマブラ風の対戦アクション
『Hyper Light Drifter』『Guacamelee』『Yooka-Laylee』からゲスト参戦。
『DEAD CELLS』の主人公も実装予定だが今はまだ準備中のようだった。
シングルはアーケード + 勝ち抜きモード。マルチはローカル&オンライン。
ただ人口は少なく、2019/2/23(土)夕方で1~3部屋ほど。

相手を吹き飛ばしたりして、ステージから3回落下確定させれば勝利となる。
通常攻撃コンボ、特殊攻撃、チャージ攻撃を基本として、打ち上げや下突きほか
怒りモード、回避、ダッシュ、2段ジャンプ、空中ダッシュなど高機動に戦える。

ガチャガチャ連打して乱戦になり易いが、考えて戦わないとノーマルCPUでも強い。
CPU戦は 1 vs 1~3 の不利な戦い。オンラインは実質フレンド向けの少なさのため
CPU戦も全員敵のデスマッチ・トーナメントがあればより楽しかったかなと感じた。



圧倒的に好評  定価980円+1480円  開発Lab Zero Games  日本語対応

Skullgirls_img1.jpg Skullgirls_img2.jpg
近現代ダークファンタジー2D格闘アクション + 全DLC + アップグレード
お洒落なアートワークやBGM、キャラクター毎に用意されたシングルストーリー。
滑らかに動きまくるモーション、比較的シンプルなゲームシステムと快適操作性、
キャラ造形を活かした個性豊かな必殺技、弱中強PKなどのチェーンコンボ、
最大3人のチーム戦ほか、カプコンやSNKと同感覚で遊べる海外製の良作。

Skullgirls_img2.jpg Skullgirls2.jpg
同梱の「2nd Encore Upgrade」により、DLC 5キャラ(それぞれ物語あり)
サバイバルモード + エクストラにチャレンジ モードが追加されるほか、
全キャラの物語ムービーシーンがフルボイス化される。日本語吹替え可。
「2nd Encore Upgrade」はバンドル販売されることも少ない貴重な機会。




バンドル内容
fanatical-brawler-bundle.jpg
STEAMゲーム 3本 + DLCセット = $2.49
Brawlout  賛否両論   対戦アクション
Skullgirls  圧倒的に好評 格闘アクション
Skullgirls 2nd Encore Upgrade(DLC)
River City Ransom: Underground ほぼ好評 ベルトスクロールACT






🍸 JJ VOICE
Brawlout_img2.jpgBrawlout_img1.jpg
『Brawlout』のPVを観て『DEAD CELLS』主人公がいたのが
購入の決め手となったバンドル。しかし未実装だった切なさ(笑)
ただステージは既にあり、聴き馴染んだBGMが流れてテンションUP
ローディング画面にも描かれてるため、実装も近いのかな。期待したい。



なお他にも、日本製ゲーム3本立ての Anime Legends Bundle 9.99ドル
懐かしの名作FPS 3部作 S.T.A.L.K.E.R. Complete Bundle 8.95ドル
ほかバンドルはいくつか登場。 大作バンドルは初日のみでしたが
併せてチェックしてみると好みのゲームが見つかるかもしれません。


関連記事

この記事へのコメント

  • qwerty

    Skullgirls 2nd Encore まで定価で購入した自分としては
    微妙な気分に・・・なりませんw
    人少ないから新規さん是非来てくださいませ
    たったの2ドル49セントなら買いでございます
    2019年02月28日 13:49
  • JJ

    コメントありがとうございます。
    定価購入ゲームが激安販売されてしまった気持ちはよ~く分かります(笑)
    良作なので流行ってほしいと思う反面、叩き売りの現状が寂しい気持ちに。
    プレイヤーが増えて盛り上がり、制作者が少しでも潤って新作を作りたくなる、
    そんな未来を祈るばかりです。

    最後に、本体はクリア済でしたが2nd Encore Upgradeは購入して良かったと思えるDLCでした。新キャラもですがムービーボイス聴きたさに色々なキャラで再プレイ中です。
    2019年03月01日 01:56

人気記事