【Humble Bundle】原作ゲームブックRPG『Fighting Fantasy Legends』2作品ほか、STEAMボードゲーム特化の計13本バンドル

humble-board-games-bundle.jpg
ゲームブックRPG『Fighting Fantasy Legends』シリーズほか、
さまざまなSTEAMボードゲームを各種集めた合計13本+αの
HUMBLE BOARD GAMES BUNDLE をご紹介します。


💡 まずは注目したゲームをピックアップ! 
Fighting Fantasy Legends  定価 980円 ほぼ好評
Fighting Fantasy Legends Portal  定価 1010円 ほぼ好評

古典的ゲームブック『ファイティング・ファンタジー』原作RPGシリーズ
1・2・5巻「火吹山の魔法使い」「バルサスの要塞」「盗賊都市」を基にした初作と
6・14・21巻「死のワナの地下迷宮」「迷宮探検競技」「恐怖の神殿」の続編2本。

基本一方通行のボードゲームのようなマップ。各所にイベント選択肢があり
技量と運でダイスロール判定していく。持ち物によっては成功選択肢など追加。
戦闘やイベント成功XPでレベルUP。ダイス強化して運要素を軽減していくのだ。

戦闘はターン制のダイスロール合戦。出目の数だけダメージ。
敗れると、成長・アイテム引継ぎでペナルティ復活(作品で異なる)
のんびりイベントを楽しみたいシリーズ。今回は2本とも$8コース。



Colt Express  総合評価:賛否両論  定価 698円   $1コース

西部をひた走るロマン、列車強盗ボードゲーム
1人用ストーリーと、1~6人マルチ対戦対応。CPUローカル&オンライン。
ストーリーモードは目的達成を目指す「行動選択パズル」感覚。運も絡む。
対戦は「3~4ターン × 5ラウンド」で競い、一番稼いだ者が勝利となる。

「移動・昇り降り・殴る・撃つ・拾う・保安官を呼ぶ」カードがある。
作戦フェーズ:敵が選ぶカードも考えながら、ターン数分選んでいく。
実戦フェーズ:選んだカード通りに1人ずつ行動していく。

要は「ラウンドごとに3~4手先まで行動予約」しあうゲーム。
遊んでみるとシンプル。運も絡むが、駆け引きが結構面白い。
ストーリーは6人それぞれ物語が異なり、アメコミまで読める。



Abalone  総合評価:賛否両論  定価 720円  $1コース

シンプルゆえに奥深い、卓上ボードゲーム
1人用はCPU対戦と、詰将棋的なチャレンジモードが沢山があり
1~2人用のローカル・オンライン対戦がある(オンは要アカウント登録)

数手先を考えなら戦う、パワーバランスの押し合い。
石はつながっていれば一度に3個まで動かせる。敵を全部落とすのだ。
相手が1個なら2個並んだ石で動かせる。
相手が2個なら3個並んだ石で動かせる。
4個以上は動かせない。相手と同じ数でも動かせない。




💥バンドル内容:選べる2コース
humble-board-games-bundle-02.jpg
1ドルコース
Abalone          賛否両論 ボードゲーム +アンドロイド版
Colt Express        賛否両論 ボードゲーム、列車強盗
Le Havre: The Inland Port  好評   ボードゲーム
Harald: A Game of Influence 評価数人 カードゲーム +アンドロイド版
Agricola: All Creatures Big and Small  賛否両論 ボードゲーム


humble-board-games-bundle-01.jpg
8ドルコース
Splendor      ほぼ好評  ボードゲーム +アンドロイド版
Small World 2    ほぼ好評  ボードゲーム
King and Assassins   評価数人  ストラテジー
Twilight Struggle   非常に好評 ボードゲーム、冷戦舞台

Pathfinder Adventures      賛否両論 ボードゲーム
Pandemic: The Board Game    賛否両論 ボードゲーム
Fighting Fantasy Legends     ほぼ好評 ゲームブックRPG 紹介記事
Fighting Fantasy Legends Portal  ほぼ好評 ゲームブックRPG





🍸 JJ voice
Colt-Express-img2.jpg Colt-Express-img11.jpg
画像:Colt Express アートワークが私好みでBGMもGOOD

今回はボードゲーム特化バンドル。それぞれルールが特殊。
じっくり1本ずつ遊びながら覚えていくのが楽しいジャンル。
レビュー少数も多いため、賛否でも好みが合えば結構楽しめたりします。
面白いゲームはまた個別にご紹介するかもしれません。


この記事へのコメント

人気記事