Humble Choice 8月は有名作多め『Call Of Cthulhu』クトゥルフ探索ADV、『Genesis Alpha One』宇宙船管理FPS、吸血鬼ARPGほか、STEAMゲーム12本選択バンドル [注目した作品紹介]

humble_choice_2020_august.jpg

今月は有名タイトル多め、FPSや吸血鬼ARPG、クトゥルフADVほか多彩!
STEAMゲーム12本から選べる Humble Choice の2020年8月分をご紹介。
今月は期間限定でクラシック・プレミアプランとも12本全て受け取れます。

なお、先月のシークレット『Vikings - Wolves of Midgard』も解禁。
先月購入された方はHumbleライブラリを要チェック。 参考画像


💥
 Humble Choice 2020年8月分から4本ピックアップ!
ほぼ好評  定価 4880円  DONTNOD Entertainment  必要スペック高め
有志の方による日本語化MODあり

Vampyr_img7.jpg Vampyr_img4.jpg
1918年ロンドンを奔走する、吸血鬼TPSアクションRPG
医師である主人公は、伝染病の治療法を探す使命を帯びているが
謎のヴァンパイアにより吸血鬼化… 血の渇望から悲劇を招いてしまう…
新たな街で人間として振る舞いしながら、犯人の手がかりを追うのだった……

戦闘は近接主体だが、銃ほかスキルツリーで様々な能力を習得可能。
また敵の血を吸うと、HPリジェネしたりスキルに使ったりできる。
敵はヴァンパイアハンターから怪物まで。サブクエもあり物語性高め。
NPC会話も相当多く、オープンワールドRPGやアドベンチャーの感覚。




定価 3680円  ほぼ好評  開発 Cyanide Studio  日本語対応  必要スペック高め

邦題『クトゥルフの呼び声』一人称視点の探索アドベンチャー
1924年米国、恐ろしい悪夢に悩まされている私立探偵の主人公。
事件調査のため、霧に覆われた島ダークウォーターを訪れるが
不可解かつ狂気を帯びた状況に巻き込まれていくのだった…

CallOfCthulhu__img7.jpg CallOfCthulhu__img1.jpg
会話や調査などの情報収集、アドベンチャー色が強め。
物語が興味深く、展開が気になって中々止められなかった。
「目星」「話術」ほかスキル割振りもあり、習熟に応じて
会話選択肢が増えたり、各行動の成功率が上がったりする。

CallOfCthulhu__img12.jpg CallOfCthulhu__img2.jpg
気になった点としては、中盤辺りからのステルス要素。
捕まればGAME OVER チェックポイント再開のため
アイテム入手前などに戻されたりすることがある。
また、画面ぐらぐら不安演出も少々酔いやすい。




定価 3090円 ほぼ好評  開発 Radiation Blue  日本語なし 必要スペック高め

宇宙船を管理していく、独特なSFサバイバルFPS
1・宇宙船内を自由設計(資源を使ってどの施設をどこに作るか配置)
2・クルーに仕事を与える(アサインしたい施設の端末右画面から設定)
3・トラクタービームで素材収集、またはハンガーから小型船で極小惑星へ。

Genesis_Alpha_One__img4.jpg Genesis_Alpha_One__img2.jpg
4・極小惑星で戦いながら素材&シークレット収集(情報や設計図ほか)
5・母船へ戻り、素材加工やアイテム生成、クルー生成や研究、施設増築など
6・していると敵の侵入! いつの間にか浸食! 修理を急げ! まずい施設半壊!

Genesis_Alpha_One__img1.jpg Genesis_Alpha_One__img6.jpg
と言った感じで、資源&設備充実させながらサバイブしていく。
チュートリアル文章や施設説明など、英語は読む必要あり。

いきなり戦うような戦闘中心FPSではなく、最初はシステム理解が必須。
慣れれば簡単だが、チュートリアルに迷って1時間かかった。Tキー重要。
各施設の作業はクルーに任せてある程度は自動化できるが、浸食に無反応なのが難点。




定価 2050円  非常に好評  開発 Chucklefish  日本語対応

かわいい絵柄のドット絵ターン制ストラテジー、対戦もあり
1人用はストーリーモードほか、アーケードやパズルが解除要素。
ローカルまたはオンライン対戦ほか、マップ作成&公開機能もあり。

戦闘では『ラングリッサー』っぽい小隊ユニットSLG風、
剣・槍・弓・騎馬ほかユニット相性や、英雄キャラスキル、
町占拠によるターン収入&回復、ユニット召喚などで目標達成を目指す。

wargroove__img4.jpg wargroove__img2.jpg
AIは結構賢く、射程外ギリギリ待機しても突っ込んできたりせず
手薄な町を狙ってきたり、予想外の動きをしたり中々手強い印象。
『Starbound』開発メーカー、洋ゲーらしい難易度高めの調整に感じる。



そのほかの Humble Choice 2020年8月ラインナップ
 
humble_choice_2020_august_list013.jpg
Hello Neighbor: Hide and Seek
3090+3090円 非常に好評 日本語対応
一人称視点かくれんぼステルスADV 本編+前日譚。2作目は開けたステージ型。どこで何をすれば進むのか手探り、好みの分かれそうなゲーム性。酔いやすいため注意。

humble_choice_2020_august_list006.jpg
Little Big Workshop
2050円 非常に好評 日本語対応
町工場シミュレーション。クエストや需要&相場も考え、どの商品を作るか決めて製造&出荷。予算のなかで、増築・設備投資・従業員管理。かわいい雰囲気だが要素多彩で奥深い。

humble_choice_2020_august_list011.jpg
The Coma 2: Vicious Sisters
1520円 圧倒的に好評 日本語なし
韓国の横スクロール学園探索ホラー・アドベンチャー続編。会話は結構多いため英語は読む必要あり。普段ボイスなしだが、ムービーなど韓国語ボイスで好みは分かれるかな。

humble_choice_2020_august_list012.jpg
WE WERE HERE TOGETHER
1320円 非常に好評 日本語対応 ※ 2人COOP専用
南極での一人称視点・謎解きADV 第三作目。ボイチャ必須。野良部屋はたまに見かける位、自分で作って待機もできる。We Were Here(一作目)は無料なので相性確認に。

humble_choice_2020_august_list009.jpg
Through the Darkest of Times
1600円 非常に好評 日本語対応
ナチス台頭期のレジスタンス活動ストラテジー/アドベンチャー。ターンごとに仲間を派遣。リスクも考えながら資金・物資・支援者などを集めて立ち向かう。有力人物との接触で行動手段が増えていく。中々興味深いゲーム。

humble_choice_2020_august_list013.jpg
A Case of Distrust
1520円 非常に好評 日本語なし デモ版あり
1924年サンフランシスコ、洒落た雰囲気の私立探偵ミステリー。文章アドベンチャーのため英語大量。頑張って読む必要がある。所々に選択肢あり。

humble_choice_2020_august_list010.jpg
AMERICAN FUGITIVE
2050円 ほぼ好評 日本語対応
見下ろし視点オープンワールド、クライムアクションADV。物語ミッションほか、戦闘や運転などチャレンジも沢山。以前Prime配布のあった作品。

humble_choice_2020_august_list008.jpg
AUTOMACHEF
1520円 ほぼ好評 日本語対応
プログラミング・パズル風の全自動調理キッチン構築ゲーム。電力、予算、調理の無駄も考えて調理機やベルコンなど配置。会社経営モードあり。以前Prime配布のあった作品。

 
Zodiac XX と Booth と Wildfire Sneak Peek(Humble オリジナル、DRMフリー版)
選ぶ本数には含まれず入手可能。




以上から、月額プランに応じた本数を選択
humble_choice_2020_august_list.jpg

humble_choice_2020_august__limited.gif
今月は期間限定でPREMIUMプランとClassicプランは12本全て受け取れます。
MY SUBSCRIPTIONにログイン後、Unlock My choices → PAY NOW 支払い後に選べます。



※ 契約は毎月自動更新です。一時休止される方はお早めに。
※ 解約の場合$12プランには戻れなくなるためご注意ください。




🍸 JJ voice
LittleBigWorkshop__hb_img.jpg Through_the_Darkest_of_Times_hb_img.jpg
左『Little Big Workshop』町工場運営SLG。結構面白くて止められない。
右『Through the Darkest of Times』レジスタンスSLG・ADV、
洋ゲーらしいハードな緊張感が辛いものの、こちらも面白い印象。



今月は話題作が多く、久々にインパクトを感じた月でした。
Prime・Epic配布が3本ある位で、それを省いても6本は
遊びたくなるタイトルがありました。

公式ブログ発表によれば8月27日までプレミア初加入者は大幅割引の模様。
中々の力の入りようですね。果たしてテコ入れなるかな。


関連記事

この記事へのコメント

人気記事