リアル寄り対戦FPS『Insurgency: Sandstorm』簡単にゲーム紹介&感想 [STEAM PC]

Insurgency_Sandstorm.jpg
リアル寄り対戦FPS 第二作目『Insurgency: Sandstorm』 
STEAMにてプレイしてみた軽い感想を交えてご紹介します。


💡 Insurgency: Sandstorm

定価3480円  配信 New World Interactive  日本語なし  必要スペック高


Insurgency_Sandstorm_img21.jpg
中東を舞台に、制圧部隊と反乱部隊が戦うリアル寄りFPS 第2弾
AI仲間とともに戦うBOT戦のシングルモードやチュートリアルほか、
拠点制圧&防衛などのPVEモード、TDMほかのPVPマルチモード各種あり。
満員部屋は沢山、クイックも10数秒ほどでマッチ(2019/6/22:土曜)


Insurgency_Sandstorm_img14.jpg Insurgency_Sandstorm_img5.jpg
Insurgency_Sandstorm_img23.jpg Insurgency_Sandstorm_img2.jpg
ロードアウト(装備プリセット)から選択して出撃&再出撃。
コマンダーやガンナーなど兵科のため、人数枠があり早い者勝ち。
性別・パーツほか外見選択もできる。衣装はゲーム内ポイントで購入。


Insurgency_Sandstorm_img40.jpg Insurgency_Sandstorm_img20.jpg
Insurgency_Sandstorm_img16.jpg Insurgency_Sandstorm_img35.jpg
山岳地から都市部までマップは前作同様の広さ、入れる建物も多い。
自動回復ではあるが1~3発で死ぬ緊張感は健在、リーンやほふくも健在。
今作から窓枠の飛込みや、扉の開閉&タックル、スライディングが追加され
マップ建造物の活用度が増している。※滑りながらエイムするゲームではない。


Insurgency_Sandstorm_img42.jpg Insurgency_Sandstorm_img41.jpg
Insurgency_Sandstorm_img36.jpg Insurgency_Sandstorm_img18.jpg
PVPはもちろんだが、PVEでも相当手強く、特に防衛時が中々難しい。
エイムやリロード、武器持ち替え動作など全体的にゆったりめのため
常に緊張感がある。死角をカバーしあったり、仲間と助け合うゲーム性。

また、死ぬと目標達成または次ラウンドまで仲間プレイヤーの観戦になる。
自分のプレイも見られて助言を受けたりするため、頑張らねばと緊張感もある。
ボイチャ使用者も多く、たまに笑える状況や奇跡的な超プレイに遭遇する事も。



💡 Insurgency: Sandstorm 高難易度の特殊モード
こちらは新たなPVEモード「Frenzy」
走る! 燃える! 瞬間移動! そんなゾンビ・インスパイアの高難易度モード。
大量出現するゾンビ的な狂人兵の大群と戦いながら、拠点制圧&防衛など
段階的に目的を達成していく。3ラウンド制だが恐ろしく難しい。

即死級攻撃がいつどこから来るか、閉所でも屋外でも油断ならない。
動きが速く近づかれるとほぼアウト、リロードする余裕もないため
四方八方に警戒しながら、より一層仲間と守りあう必要がある。
5~6試合してみて全戦全敗。クリアできる気がしない(笑)



💡 Insurgency: Sandstorm 紹介最後におまけ
Insurgency_Sandstorm_img30.jpg
Insurgency_Sandstorm_img4.jpg Insurgency_Sandstorm_img3.jpg
最後に、個人的に注目した「射撃場」モード。
沢山の武器が一同に揃っており「おお!」と思わず歓声を上げてしまった。
その場ですぐ持ち替えて、好きなだけお試しできるのだ。敵も呼べる。
反動やレートの違い、リロード所作の違い、音の違いなど存分に堪能(笑)


Insurgency_Sandstorm_img10.jpg
さあ、再び死闘が始まる!



🍸 JJ VOICE
7878908.jpg insurgency_old3.jpg
Insurgency_Sandstorm_img27.jpg insurgency_old2.jpg
左が本作、右が前作。綺麗になったなと実感することが多かったです。
グラフィックは前作のSource engineからUnreal Engineへ。
ただちょっと重い印象もありました。たまにラグを感じる事も。

ちなみに、本作のもう一つの魅力はキャラクターボイス。結構喋る。
誤射された時に怒ったり、リロード時に焦ったり、ソロでも賑やか。
最後に前作も久々プレイしましたがBOT戦でも普通に楽しい。基本が良作です。


最近のFPS 関連記事

この記事へのコメント

人気記事