STEAM力作・無料ゲーム『Ope』ギミック満載の遺跡探索、懐かしい雰囲気の3Dプラットフォーマー・アクション [レビュー]

OPE_steam_game.jpg
ギミック満載、懐かしい感じの遺跡探索していく
3Dプラットフォーマー・アクションOpe』 STEAM無料配信ゲーム。
荒削りなものの非常に面白かったため、レビューを交えてご紹介します。


 Ope steam free game
OPE_game_title.jpg
Ope(STEAM PCゲーム)

無料 賛否両論 日本語なし 必要スペック高  配信Campus ADN  ※コントローラー超推奨



ss_afbf507e50278425410b3d74.jpg
意外と大冒険! 3Dプラットフォーマー・アクション

森は腐敗に浸食され、動物や植物も攻撃的になってしまった。
太陽が永遠に沈んでしまう前に… 悲劇を食い止めるのだ!

ひょんなことから魔法の杖を入手した主人公が
仕掛けいっぱいの森や古代寺院を探索していく。
クリアまで約3時間(最短を目指せば2時間かからないかも)


OPE_game14.jpg
OPE_game6.jpg OPE_game9.jpg
ギミック豊富なアスレチック探索

閉ざされた通路を時間内に突破するようなものから
綿毛につかまってフワフワ浮遊する高所ルート探し
ダメージゾーン、やや隠れた難しめの収集要素まで

無料ゲームとは思えないほど豊富に用意されている。
序盤こそシンプルだが、能力入手ごとに構成多彩かつ難易度も上がっていく。



OPE_game25.jpg
スキル習得要素

各地に捕われた4人のシャーマンを救い、彼らのスキルを会得していく。
最初のシカ姐さんは地上&空中ダッシュ。一気にスピーディーになる。

最終的には高機動アクションになり、動かしていて楽しい。
敵は倒せないが、最終スキルで気絶させる事はできる。
地上ダッシュは連打可能なのも地味にGOOD。



OPE_game3.jpg
超親切なゲーム設計もGOOD

HP制だが回復は沢山置いてあり、アイテム収集でHPも増えていく。
死んでもノーペナルティでチェックポイント復活(設置間隔も短い)

足場から落ちても、戻れるジャンプ台がすぐ側にあったり
難所で失敗しても、戻れる全自動足場がすぐ側にあったり
ストレス軽減措置があちこちに完備されており好感を持てた。



Ope 気になった点
OPE_game20.jpg
クマとトリ姐さんの救出時にバグ確認。
この2人だけスキル説明ムービーが再生されなかった。
新ギミックが近くにあるため分かりやすいが一応付記(XBOXパッド)

シカ能力……Xボタンでダッシュ
クマ能力……動かせる物の横でYボタン
トリ能力……Aボタン2回で二段ジャンプ
ハリネズミ能力……Rトリガーでスピン。機動力アップ&狭い場所に入れる。


その他いろいろ。
・壁ぎわや狭い場所など、カメラが見づらい時もある。
・足場の端っこの着地調整が粗い(数秒浮いたままになる事がある)
・ゲーム内にはオプション設定がない。 起動時のUNITY設定のみ。



Ope セーブ復帰できないバグ + 最終手段ステージセレクト
OPE_game_bug.jpg
タイトル画面の「Continue」ボタンが効かない。
6章まで1時間遊んで一旦終了後、翌日に気付いてOMG!
これがなければ、結構オススメゲームだっただけに残念。

対処法は Dev tool(開発者向け機能)でステージセレクト。
XBOX ONEパッドの場合、Yボタン+セレクト同時押しで、ゲーム画面左上に現れる。
New Gameのムービー終了後、パッド十字キーで選ぶ(上…機能 ON/OFF 右…次の面)
そのまま遊ぶと機能誤発するため、復帰したい面に入ったら Y+セレクトでDev tool終了。

なお、後半でも初期HP3で始めることになる。
アクション慣れしていれば十分クリア可能。



 Ope レビューの最後に
OPE_game_32.jpg
バグはあるが、ゲーム自体は予想以上に面白い作品だった。


本作はカナダの学校 Campus ADN 生徒約30人が15週間で制作した学生作品。
そのため上述バグほか、技術的に荒削りな部分も見られるが
全体的にとてもよく考えて作られている事が伝わってくる。

序盤まではシンプルで簡単なゲームかなと思いきや
スキル入手するたび、レベルデザインが変化多彩に楽しくなり
遺跡演出や、終盤の物語展開にもワクワクしている自分がいた。

Steamでは賛否両論だが、面セレクトのおかげで個人的には「好評」の満足度。
無料とは思えないボリュームや内容など、バグさえなければと悔やまれる作品だった。


OPE_game1.jpg


🍸 JJ VOICE

Steamリリースは去年11月。当初はフランス語しかなく
さすがに厳しいなあと英語実装を待っていた作品でした。

主人公ボイスがふにゃふにゃ可愛いところもGOOD。
色々ツッコミたくなるシカ姐さん含めて和みました。


この記事へのコメント

人気記事