Origin Access『Dead Cells』や『Slay The Spire』ほか高評価ゲーム多めにPCゲーム6本登場・いずれも日本語対応、2019年10月分

origin-access-news-201910-games.jpg
今月はすべて日本語対応、『Dead Cells』や『Slay The Spire』ほか
高評価アクションからローグライク・カードゲームまでPCゲーム6本、
Origin Access に新たに登場していましたので、それぞれご紹介します。
※月額518円 or 年額3002円からの遊び放題サービス。 参考記事


1Nex Machina origin access 2019年10月追加
定価 1980円  開発 Housemarque  日本語対応

アーケード感覚で撃ちまくる! 弾幕&大群ツインスティック・シューター。
小アリーナが沢山区分けされたようなステージを進みながら
四方八方から大量に押し寄せる敵軍勢を破壊しまくるのだ!
これでもかと増援が次々やってくるため、民間人救助しつつ
弾除け・敵除けをひたすら楽しむ感覚。広めの全5ステージ。

nex_machina_img4.jpg nex_machina_img6.jpg
メインショット、取得サブウェポン、無敵ダッシュのみ。分かりやすい。
サブは近接剣から溜めレーザー砲ほか強力。クールタイム制の無限弾薬。
2人協力対応(ローカル)、派手グラフィック、熱いボス戦など難易度高め。
※マウスエイムの場合、マウス位置が照準表示されないため慣れが必要。



2Slay the Spire
定価2570円  開発 Mega Crit Games  日本語対応(ゲーム内オプションから変更)

SlayTheSpire_img6.jpg SlayTheSpire_img3.jpg
一人用カードバトル × ローグライク × 高難易度。
マップ、イベント、敵、ボス、出現カードなどランダムな世界で深層を目指す。
分岐路はあるがマップは後戻りできず、1マスごとにイベントが用意されている。
戦闘のほか、お店や焚火(休息または強化)、TRPGのような文章選択肢もある。
死ぬと、入手アイテム情報とアンロック要素のみ引継いで、また最初から挑戦。

SlayTheSpire_img4.jpg SlayTheSpire_img2.jpg
戦闘は逃げられないターン制カードバトル。道中集めた手札からランダム配布。
攻撃や防御カード、バフ・デバフ、身代わりや攻撃反射ほか変わり種が沢山あり
活用次第で戦術多彩。 敵行動が事前に分かるため、駆け引きパズル感覚もある。

レベル成長はない。カードとアイテム能力だけのため、運要素もかなり強い。
ボス格は恐ろしく強く、ギリギリの死闘になる。カード構成&運によっては詰む。
道中いかに良いカードを厳選して、強化して、有利選択肢を増やしていくかが重要。
つねに格上の敵に挑みつづけていくような、ハード・ゲームとなっている。



3Shio
定価 1180円  開発 Coconut Island Studio  日本語対応

Shio_img7.jpg Shio_img2.jpg
夢か現実か? 独特世界観のプラットフォーマーADV ※高難易度
とある庭でふと目覚める主人公。そばには謎の日記と仮面…
出会う人々との会話や、隠されている収集アイテム入手で
日記が断片的に明かされていく。この内容はまさか…

Shio_img6.jpg Shio_img3.jpg
どこか情緒的な世界観で、物語を断片的に垣間見ながら
即死トラップだらけのステージを進んでいくジャンプアクション。
提灯を殴るとハイジャンプでき、その軌道調整で回避していく。

忍者プラットフォーマー『Shadow Blade: Reload』を少々思い出す。
ただ本作は中国舞台のようで、少なくとも3面段階では戦ったりもしない。
一部の変翻訳や、判定の悪いギミックが難点だが、物語も気になるゲーム。



4Dead Cells
定価2480円  日本語対応  開発 Motion Twin  ※コントローラー推奨

deadcells_24.jpg deadcells_22.jpg
何度も死して探索していく ローグライク×メトロイドヴァニア。高難易度
ソウルライクな高難易度の戦闘デザインを掲げる、探索アクション。
縦横に広がるマップやアイテムなど、死ぬたびにランダム変化する。
専用スキルが必要なルートもあり、何周も挑戦して範囲を広げていく。

近接や遠距離、特殊系まで、メイン・サブとも沢山の入手武器があり
ステージ間での変異成長なども含めて、組合せのリプレイ性が高い。
定価1980円  開発 WayForward  日本語対応

ss_f142e980da6ce14ef75419f2.jpg ss_192a1ed107bb5fdb0ade5fcc.jpg
今風の雰囲気になった「シャンティ」シリーズ 第四作目
魔人の母を持つアラビアンな褐色少女が世界を救うため戦う、
NPC会話などアドベンチャー色もあるストーリー主導アクション。

髪をムチのようにふるう攻撃や魔法、特徴の異なる変身能力ほか
プラットフォーマーや探索要素もある。恒例の巨大ボス戦も健在。

旧作までのドット絵からグラフィックはぐっと綺麗になり
BGMも今風にあか抜けた楽曲が増えた。サントラが欲しくなる。
なお、OriginではDLC別売り。Ultimate Editionは取扱いなし。



6Home Behind
価格 598円  開発 TPP Studio  日本語対応(一部は未翻訳あり)

HomeBehind_img4.jpg HomeBehind_img3.jpg
はぐれた娘を探すため、父がサバイバルの旅をする! 難民ストラテジー
内戦が勃発。弟と娘を逃がすが、父は取り残されてしまう。
職業選択して旅立つ。農民や盗賊などそれぞれ特性が異なる。

最初は着のみ着のまま。落ちているアイテムを拾ったり盗んだり
装備・物資を確保しつつサバイバル。体力・気力・空腹・渇きほか
クラフト要素あり。ゲームオーバーでもロードすれば進めたりする。

HomeBehind_img1.jpg HomeBehind_img2.jpg
一部の固定イベント以外は、ランダム・イベントのようで
セーブロードやゲームオーバーなどやり直すたびに変化する。
戦闘報酬までランダムなのが悩ましい。武器を奪ったりはできない。

戦闘はタイミング・クリック型。 命中率やクリティカルあり。
レベルUP成長・スキル習得、装備が整うと比較的戦いやすくはなる。
一部に変な日本語訳や、中国語が混じっていたりも。面白いが賛否作品。


🍸 JJ VOICE

今月は高評価ゲーム多めで、2Dアクション盛り沢山!
Origin Accessも頑張ってるなあと思いました。
ホリデーシーズンへ向けたラインナップ拡充かな。
来月・再来月も密かに楽しみです。


この記事へのコメント

人気記事