[無料期間延長] STEAMのゲーム制作サンドボックス『RobocraftX』が『Gamecraft』にブランド変更へ。24日の有料化前に入手ほか

RobocraftX.jpg
Steamの無料ゲーム制作ツール『RobocraftX』が10月24日より
Gamecraft』へブランド改定、これに伴い$5に有料化されます。
それまでにゲームを入手していれば永続保有できるとの事です。

予定は17日でしたが、ローンチ時の機能実装のため延期となった模様。
Workshopほか、新要素が様々発表されています。 詳細情報(10/15)
※更新記事のため以下内容は同じです。


RobocraftX → Gamecraft へ
10月24日以降は5ドル  総合評価:非常に好評  開発 Freejam  日本語なし  スペックやや高め


元々Free to Playのビジネスモデル構築に苦心していたが、
製品の品質向上につれて価格上昇する前払い方式であれば
製品はより良くなると考えた末での有料移行のようです。

また「破壊、武器、チーム マルチプレイ」導入も考えており、
単にロボット構築ゲームではなく、物語やキャラクターほか全て備えた
マルチプレイゲームを構築できるクリエイトツールを目指している模様。

GamecraftPreview_how.jpg GamecraftPreview_img3.jpg
アップデートも頻繁に行われており、先日10月8日には
新ブロック&パーツほか新要素を追加したベータ版導入方法ほか、
バグFIXや今後の構想など発表されていました。 STEAM関連ニュース
ベータ解除コード「FreedomIsKey」



RobocraftX 簡単紹介
RobocraftX_img7.jpg
メカニック要素のある3Dゲーム制作サンドボックス
一人称視点で、マイクラのようなブロックを自由配置できます。
単純なブロックから、動力源やヒンジやタイヤなど駆動パーツもあり
車や工場マシン的なものまで、アイデア次第で色々なものが作れます。
ただ、現バージョンだとレバースイッチのみのため慣れが必要(β版では選択肢増加)


RobocraftX_img8.jpg RobocraftX_img6.jpg
プレイ開始するとサンプルが置いてあるため、それを真似しながら機能を把握。
配置するクリエイティブ・モードと、動かすシミュレーション・モードを切替え。
「/」キーでコンソールを呼び出せば「HELP」で特殊コマンドも実行できるほか、
公式Youtubeチャンネルに色々なTIPS動画も公開されています。


RobocraftX_img5.jpg RobocraftX_img3.jpg
コミュニティ ゲームには沢山作品がUPされており、プレイ可能。
アスレチックや脱出ゲーム、巨大マシンほか色々あり驚きました。
なお、ベータ版に変更するとコミュニティゲームに入れないため注意。

執筆時ではガイドに従って、作品公開を申し込むようですが
ゆくゆくはSTEAMワークショップも予定している模様。
気軽になれば一般投稿が充実していくかもしれませんね。

個人的には操作性改善も期待したい所です。現状はキー設定変更なし。
Shift=しゃがみ、Ctrl=ダッシュ、Q=インベントリ と癖があります。



 JJ VOICE X
私も車を作ってみた。タイヤが動いた! あれ何故か走らない。
何か足りないのだろうか。サンプル車を分解してみようかな。

GamecraftPreview_img2.jpg GamecraftPreview_img1.jpg
と思いつつベータ版を試してみると、簡単に走りました(笑)
動作条件がレバー駆動1~99以外にも、マウスクリックほか
沢山増えており、より柔軟に作れるようになっていました。
17日以降の新バージョンから遊んだ方が分かりやすいかもしれませんね。


この記事へのコメント

  • 犬耳蚕豆

    インストールボタン押した後にブラウザで確認したところ
    「RobocraftX はあなたの Steam ライブラリにすでに存在します。」
    と出たのでおそらく登録はされているとおもいます
    2019年10月09日 16:14
  • JJ

    情報ありがとうございます。
    アンインストールするとライブラリから消えていましたが
    STEAMストアの方を見ると確かに登録されていそうですね。
    個人的には心配性なのでインストール状態で様子見予定です(笑)
    2019年10月11日 08:23

人気記事