フリートライアル登場『スカル アンド ボーンズ』UBISOFT新作オープンワールド海賊オンラインRPG。無料お試し [PC/PS/XBOX/感想]

skull-and-bones.jpg
UBI新作・海賊RPG『スカル アンド ボーンズ』 

発売に伴って無料で8時間お試しできるフリートライアル版が登場しましたので、一部編集しつつ感想も兼ねてご紹介します。


SKULL AND BONES
2月16日発売  PC定価 7920円  配信 Ubisoft  日本語対応
PCはUBISOFT Connectでプレイ(Steamでは未発表)


skull-and-bones--trial2.jpg skull-and-bones--trial1.jpg
体験版ページ、またはUbisoft Connectから通知欄や製品ストアで登録。
進行状況は製品版に引き継がれます。


skull-and-bones--img.jpg
skull-and-bones--img6.jpg skull-and-bones--open-beta-img10.jpg
17世紀で海賊になる! オープンワールド海戦シューター/オンラインRPG。

英国艦隊との戦いで全てを失った船長(主人公)となり
海賊の首領に協力しながら、再起を目指していく。

他のプレイヤーも思い思いに行動しているMMO的な作風。
ソロでも遊べますが、パーティに誘ったり救援要素なども。

skull-and-bones--img11.jpg skull-and-bones--img5.jpg
主人公は性別/外見キャラメイク(後に町でも変更可能)
衣装も多彩ですが、本作は地上戦がないため装飾要素です。



skull-and-bones--img4.jpg
skull-and-bones--open-beta-img9.jpg skull-and-bones--img22.jpg
メイン&サブクエストを追って航海、稼いで船購入&強化。

ストーリー目標、住民たちの依頼、賞金首や宝探しをはじめ、
各勢力の船から略奪、停泊地への襲撃など海賊行為まで様々。

悪名レベルを上げて、船や武装ほかアンロック。
ただ、報酬以外での武器&道具制作はほとんど設計図が必要。
各地で売られていたり、素材&設計図も探していくゲーム性。

skull-and-bones--img12.jpg skull-and-bones--img7.jpg
船は様々用意されており、悪名ランクに応じて解禁。
船によって武器スロットや装備スロット、性能が異なり
色んな大砲や魚雷ほか、購入してどこに配置するか武装編成。



skull-and-bones--open-beta-img1.jpg
戦闘は海戦シューター。方向や速度調整しながら立ち回る。

武器によって異なりますが、基本的にリロード長めのため
敵の動きを予測しながら、偏差射撃で弱点などを狙い撃つ!

FPS感覚でエイム射撃。船によって砲塔の位置も異なるため
死角も考えて移動したり防御したり駆け引き。

skull-and-bones--img2.jpg skull-and-bones--open-beta-img.jpg
ある程度弱らせると、接近して捕縛可能(略奪物資が増える)
実際に乗り込むような船上戦闘はなく、キルムーブ的な自動演出です。

沈没すると物資を落とし、急いで回収しないと奪われる可能性も。
お金を多めに払えば近くで復活可能 or 港で復活。



SKULL AND BONES ベータ段階で気になった点

初期版のため、改善や変化していく可能性はあります。

skull-and-bones--open-beta-img8.jpg
クラッシュやフリーズなど、一部動作が不安定。

私の環境では、数時間のプレイ中だけで9回ゲームが突然落ちました。
3回はアンチチートBattlEyeによる外部ソフト判定が原因でしたが
それらを終了しても、やはり同じような場面でクラッシュ。

すべて町NPCでの買い物中に発生。商品切替で落ちたりフリーズ。
戦闘や探索中は安定しているため、グラフィック問題ではなさそうです。

暗転するロードが結構多い。SSDが必須要件のゲームです。

海 ↔ 陸のロードだけではなく(それも少々長い)
町の主要商人との会話にも暗転ロードが入ります。
洋服店や首領部屋もシームレスではなくロード。

skull-and-bones--open-beta-img2.jpg skull-and-bones--open-beta-img3.jpg
好み分かれそうな点。

島へ自由上陸はできない。海に飛び込んだり、船内を歩いたりもできない。
 上陸できるのは停泊地のみ。主要エリア以外はかなり狭く似たような構造。

剣や銃などの白兵戦(地上戦)はなし。すべて船での戦闘。
 そのため多少探索できる島でも、敵と遭遇する緊張感がない。

通常航行はかなり遅い。戦闘や対戦を考えての速度調整とは思いますが、
 船航行で帆を全開 = 船員スタミナ消耗するダッシュのような方式(自動回復)

ファストトラベルはお金がかかり気軽ではない。
・クラフトではなく、素材は拠点職人NPCに渡して作ってもらう方式。
・UIのクエスト関連が分かりづらい。

船員の雇用&管理&成長などはなく味気ない。
 船購入すると名もなきクルー達が自動配置されるフレーバー演出。
 「索敵が凄い」「目利き」「嵐の達人」など能力雇用できれば楽しかったのですが。




SKULL AND BONES 紹介の最後に
skull-and-bones--img1.jpg
海戦主体のオープンワールドMMORPG感覚。

海では「船のみ操作」、地上では「主人公を操作」
シームレスなアクションではなく完全分離型です。
(例外的に小さなボートでは槍投げ攻撃に)

想像と違って、全体的にシンプルでコンテンツ少ない印象。
アサシンクリードのようなゲーム性を期待すると肩透かし。
ただ派手な戦闘エフェクトや演出、雰囲気にはワクワク。

skull-and-bones--img3.jpg
グラフィックも綺麗め。上画像なども普通にプレイ画面です。
また船乗りたちは指示するとBGM代わりに合唱してくれたり、
何か発見すると日本語ボイスで知らせてくれたり海賊気分。

今後コンテンツ拡充やシステム進化していく可能性に期待。
現状好み分かれる作風のため、体験版で試してみる事をお勧めします。



🍸 JJ VOICE

海と地上がシームレスなアクションゲームであれば印象は違ったのですが
もしかしたら地上操作パートはおまけ的な後付けなのかもしれませんね。
主人公の歩き方だけはアサシンクリードのような挙動という(笑)

最後に、最近のUBI作品の例からすると
Steamに来るのは1~2年以上先かな。


関連記事

この記事へのコメント

  • 正直イマイチだった
    海戦がワクワクしない
    乗り込めるアサクリの方がまだ面白いのでは・・・
    2024年02月10日 21:23
  • 開発期間が恐ろしく長い割にはアサクリ4の海戦ぶっこ抜いただけでは?と思えてしまった、これは飽きが早いかも・・・
    2024年02月11日 14:10

人気記事